活動日誌

ホーム の中の 活動日誌

このページでは最新の10件を表示しています。

 能登町.jpg参院災害対策特別委員会の委員派遣で能登地震の被災地である珠洲市、能登町を訪問しました。
 羽田からのと里山空港へ。空港には支援者用の宿泊施設が建てられ、隣接した日本航空学園の学生寮や施設も応援職員等の宿泊施設になっていました。
 空港からバスで能登町へ。副町長さんの案内で、地震、津波、火災の被害が襲った白丸地区を歩いて視察。亡くなった方のお宅に全員で黙礼を捧げました。津波被害で一階が壊れた住宅が多数ですが、瓦礫はまだそのまま。様々な困難があり公費解体はまだ3軒とのこと。一層の支援強化が必要です。
 能登町2.jpg続いて珠洲市総合病院へ。院長先生から、発災以来のご苦労と課題をお聞きしました。被害により退職した看護師も少なくなく、今後避難者が戻ってくる時の受け皿が困難になることへの対策や経営困難への支援の要請などありました。
 終了後、上下水道の復旧支援を視察。破損した下水道の仮圧送管の工事について、応援派遣されている名古屋市上下水道局の職員から話を聞きました。その後、最大4mの津波があり大きな被害を受けた飯田港や災害廃棄物の仮置き場を視察。移動の途中、多くの倒壊住宅がそのままの状態でした。
 能登町3.jpg最後に珠洲市役所で泉谷市長、刀祢珠洲商工会議所会頭、石巻のNPOの阿部代表らと意見交換会。市長から、建物の解体・撤去を迅速に進めるための支援、災害公営住宅に対する財政措置の嵩上げ、農地、漁港の迅速な復旧などの要望書を受け取りました。
 15時半ごろに終えて、バスで約三時間かけて富山県の新高岡駅へ。新高岡から東京へは三時間弱。東京着は22時過ぎです。視察でお聞きした要望を今後の取り組みに生かしていきます。
 DSC_0233.JPG自宅を6時半過ぎに出て、今日告示の岐阜県瑞穂市議選の応援へ。現有一から二へと伸ばす選挙です。まずは関谷もりひこ(現)候補の出発式。自治会長さんをはじめ地元の皆さんも参加していただき、勇退される立憲民主党の松野とうしろう市議も応援スピーチをしてくださいました。
 続いて小川さとる(前)候補と三か所で街頭演説。前回わずか五票差で議席を失いました。現職時代は常に困っている人に寄り添ってこられ、入学援助金制度の改善やお年寄りのタクシー券など議会で求め、実現させてきました。
 IMG_2459.JPG自民党の裏金問題への審判とと共に学校給食の無償化など市民の願い生きる市政へ日本共産党の二議席の実現を訴えました。
 終了後、国会に戻り、秘書さんと一緒に水曜日の経済秘密保護法案の本会議質問の準備。日米首脳会談を通じて、米国などとともに兵器の共同開発を推進するための法案であることが一層明らかになりました。

京丹後市議選応援

 自宅を朝出て、明日告示の京都府京丹後市議選の応援。とてもいい天気で満開の桜が美しい。田中邦生、平林智江美、橋本まり子(以上現)と源進一(新)で、前回、定数減のもとで後退した三議席から四議席復活をめざします。同市では粘り強い運動と結んで大卒までの医療費無料や加齢性難聴の補聴器補助などを実現してきました。
 4議席にパワーアップして学校給食の無償化、京丹後から金権腐敗政治ノーの審判をと訴え。

 東京を夕方に出て京都に帰り、マスコミのみなさんと党京都府委員会の新役員との懇親会に参加しました。毎年、府党会議の後に行ってきましたがコロナ禍などもあり、七年ぶりの開催となりました。 

 京都市長選のこと、総選挙の見通しから共同親権法案のことなど、様々な話題で意見交換ができました。 もちろん、会費制です。

 10時からの本会議で、選挙制度・政治倫理特別委員会を政治改革特別委に名称・目的を変更することを決めました。裏金問題を受けて政治資金規正法の改正を議論することになりますが、その前提は真相の徹底解明。関係者の証人喚問や、政治倫理審査会への裏金議員全員の出席を求めていきます。

 その後、来週水曜日の本会議で審議入りする経済秘密保護法案の論戦準備のため、内閣府からレク。午後は第12回選挙制度専門委員会の参考人質疑。竹中治堅・政策研究大学院大学教授と中北浩爾・中央大学法学部教授の二人の参考人から意見を聴取した後、質疑を行いました

24.4.11 イレブン行動.jpg新宿駅東口での「原発をなくす全国連絡会」のイレブン行動で署名行動と訴え。能登震災で、地震大国日本に安全な原発はなく、避難計画も絵にかいた餅だと明らかになりました。
 一方、原発優先による再エネの出力抑制は21年度は約5億3500万kw時だったのが、今年度は24億2000万kw時の見込みに。原発ゼロ、再エネ・省エネに転換こそと訴えました。
 午後は来客対応と来週の論戦準備などなど。夜は「第8回超党派人間の安全保障外交の推進を考える議員有志の勉強会」に参加。千葉大の酒井啓子特任教授の講演を聞いて質疑応答。

12589_0.jpg 昨日の衆院本会議で経済秘密保護法案が可決し、参院に送付されてきました。重要広範議案なので総理出席の本会議で審議入りしますが、総理は訪米中のために来週17日の水曜日以降の本会議となります。その後は内閣委員会に付託されるので、私の担当となります。

 今日は衆院の議事録や資料などを朝から読み込み、午後には論戦の打ち合わせ会議。総理の訪米と日米首脳会談の手土産のような形で衆院で採決されたことに、この法案の狙いが明らかになっています。会談内容や共同声明を踏まえて参院での論戦を進めていきます。

 夜は全労連のデモを激励。夜のデモはコロナ禍のもとで行われてこなかったので、久しぶりです。がんばろう!

 IMG_2409.JPG同性カップルの権利保障を求めて内閣委員会で質問しました。最高裁は3/26に、犯罪被害者遺族給付金の支給対象となる「事実婚」に同性カップルも含まれるとの判断を示しました。
 松村国家公安委員長に対応を質すと、都道府県警に対し、「判決内容を周知し、被害者と同性であったことのみを理由に不支給最低とすることのないよう通知した」と明らかにしました。
 同性カップルと異性カップルを同様に見る社会的意識の前向きの変化が今回の判決となりました。 法律婚と事実婚を同等に扱う制度は労災遺族補償や育児・介護休業など多数ありますが、これまで同性カップルは対象外でした。判決を踏まえ、加藤鮎子共生社会担当大臣に対し、他の制度でも同性カップルを同等に取り扱うよう見直しを要求。
 加藤大臣は「本判決の趣旨を踏まえ、各府省庁において各制度の趣旨・目的に照らして精査されるもの。誰一人取り残さない社会の実現にむけ、関係省庁と連携し取り組んでいく」と答えました。
 
 質問ではさらに、「困難な問題を抱える女性への支援に関する法律」が一日から施行され、一層役割が重要となっている女性相談支援員の処遇改善と配置自治体の拡充を求めました。
 9時から開かれた参院与野党国対委員長会談で、裏金事件めぐり参議院でも特別委員会設置で合意。 私は、企業団体献金を禁止すること、前提としての事実の徹底解明のために政倫審でのさらなる審査とともに、特別委でも関係議員を招致して質疑を行うべきだと強調しました。
 
 質問後、事務所の打ち合わせなど。夕方には「えん罪被害者のための再審法改正を早期に実現する議員連盟」の総会に出席。法務省と日弁連からヒアリングを行い議論しました。さ
 

 IMG_2401.JPG石川県の馳浩知事が田村智子委員長事務所を訪れ、能登半島地震に関する「要望書」を手渡して懇談。私も同席しました。

 馳知事はこの間の共産党の取り組みに謝意を示し、仮設住宅への入居状況や、倒壊した家屋の解体・撤去作業の見通しなどを報告し、5月中にも県の「復興プラン(仮称)」を取りまとめたいとされました。

 田村氏は、「超党派はもちろん、国を挙げて復興・復旧を支援していかなければならない」と発言。「自宅で暮らす方への食料配布が止まるなど、悲痛な声が寄せられている」として、「復興に向けた街づくりと同時に、取り残されている被災者に『生きることを支えていくよ』というメッセージを伝えていくことが求められている」と強調しました。

IMG_4786.jpg 私は「故郷に帰りたいと思っているみなさんが戻れる条件を整えることが何よりも優先されるべきだ」と伝えました。

 午前中は内閣府から共生社会の実現と同姓パートナーの権利保障についてヒアリング。その後、明日の内閣委員会の質問を仕上げて通告。夕方は議員団会議でした。

 国会周辺の桜も満開。お昼に、散策しました。

二中総閉会

 昨日に続いて第二回中央委員会総会に出席。活発な討論が行われ、田村委員長が幹部会を代表して結語を行い、「支部・グループのみなさんへの手紙」を討論を踏まえての補強を提案。「手紙」、提案・報告・結語を全会一致で採択しました。

 この間迎えた新しい党員が支部に活気をもたらしていることや民青同盟が昨年以上の勢いで前進していることが印象的でした。結語では改めて能登半島地震での現地党組織の奮闘や急逝された山村静岡県委員長についても触れられました。

 終了後、議員会館に行き、資料整理など。今週は火曜日に内閣委の一般質疑があり、9日の衆院本会議で参院に送られてくる経済秘密保護法案の論戦準備をすすめます。

 千鳥ヶ淵.jpg今日、明日は党本部で第二回中央委員会総会。志位議長が開会の挨拶を行い、田村委員長が「支部・グループのみなさんへの手紙」について提案しました。総会で採択される文書はこの手紙だけ。党大会決定の読了・討議と具体化が進めることが必要だからです。

 大会決定を受け、「新たな大会期を党づくりの交代から前進への歴史的転換を果たす大会期」にするためのこの間の取り組みと自民党政治の末期症状の下で、新たなチャンスを切り開ていることが討論の中で大いに語られ、決意を固めあいました。

 党本部に行く前に桜満開の千鳥ヶ淵を歩きました。例年は三月末が満開のため、年度末の国会日程が忙しくて足を運ぶことができませんでした。今年は開花が例年よりかなり遅れたため、初めて満開の千鳥ヶ淵を訪れることができました。

 朝の9時でも大勢の人出。お昼には身動きできないほどの人になりそうです。

ページ最上部へ戻る