活動日誌

ホーム の中の 活動日誌

このページでは最新の10件を表示しています。

 裾野市.JPG今日は終日、静岡県。三島駅のホテルを朝出て裾野市へ。きょう告示の市議選の応援です。まずは7期目をめざす岡本かずえ候補の出発式で、続いて岩井良枝市議からバトンを受け継ぐ新人の矢崎てつお候補の出発式で訴え。その後、市内2ヵ所で街頭演説を行いました。
「市民サービスの充実が自治体本来の仕事」との立場で、「裾野駅西区画整理事業」の見直しを求めてきた日本共産党市議団。1月の市長選で「見直し」を公約に掲げた市長が当選し、日本共産党への期待の声が広がる一方、従来の計画に固執する勢力が活発な活動を行い選挙は大激戦になっています。
 教育現場一筋45年の矢崎さんは「子供たちにはなまるを」と掲げておられます。私は「日本共産党の二人の候補に当選のはなまるをください。市民に寄り添い、みんなの暮らしにはなまるの市政をめざします」とご支持を呼びかけました。
 葵区調査.jpg終了後、静岡市へ。葵区で鈴木県議、市川市議らと共に、台風15号による大雨被害を調査しました。同区で観測史上最大となる1日で405ミリの雨が降り、各地で川の氾濫や護岸の崩落、土砂くずれが発生、さらに中電の鉄塔二基が倒れて区内全域で12時間に及ぶ停電となりました。
護岸の崩落場所を3か所訪ねましたが、護岸が大きくえぐれ、道の下が空洞になっているなど濁流のすさまじさに息をのむ思いでした。車が通行止めになった奥の老人福祉施設の方は車を置いて歩いて通っておられるとのこと。他にも孤立集落があり、一刻も早い復旧や対策が求められています。
 最後に県の最大対策本部を鈴木県議とともに訪問し、休日でも出勤して対策に当たっておられる職員の皆さんを激励し、被害や対策の状況をお聞きしました。
 南区補選.jpg明後日投票の名古屋市南区の市議補選の高橋ゆうすけ候補の応援へ。告示日の16日に続いて祭日の19日に応援に入る予定でしたが、台風14号で街頭活動が中止となったため、再度計画したのです。
 ところが今日も台風15号が接近。時折、土砂降りになる中での街宣となり、練り歩きは中止になりました。事務所の皆さんには「雨男」ではなく「嵐を呼ぶ男」と呼んでくださいと言っておきました(*^^)v。
 国葬、統一協会問題で自民党への批判が強まる中、高橋候補への期待の声も広がっています。夕方には、れいわ新選組、社民党の代表の方と共に野党共同街宣も行いました。告示日の新社会党の代表の応援に続いてのこと。ありがたいことです。
 高校教師だった高橋候補の教え子の若い女性がツイッターにとても素敵な動画メッセージを寄せてくださっていることを紹介。「高橋さなは優しく、丁寧に教えてくれる先生でした。私たちに寄り添って下さり、私が体調不良を隠していたときも気遣ってくださいました。今、若者が高い学費や奨学金の返済に悩んでいます。高橋先生にがんばってほしい」というもの。
 「平和や暮らしの破壊には熱く立ち向かい、優しいハートの持ち主。市民に寄り添った市政に変えるために高橋候補を」と呼びかけました。アナウンサーもやりました。残された時間、がんばりぬこう!
 名古屋駅につくと台風15号に伴う静岡県内での大雨のために新幹線がストップしていました。1時間余りの足止めですみましたが、被害が心配です。

DSC03615.JPG平和を作り出す宗教者ネットの皆さんの安倍元総理の国葬の中止を求める院内集会に参加しました。

 冒頭、8/18に宗派を超えた宗教者52人の連名で発表された「諸宗教者共同声明 安倍元総理の『国葬』閣議決定撤回を求める―国民に弔意を強制してはならない―」が読み上げられました。賛同者は2235人にも増えているとのこと。

 宗教者ネットの皆さんはこの間、沖縄戦の犠牲者の遺骨の混じる土砂を辺野古新基地の埋め立てに使わないよう求める集会も繰り返し開いてこれら、私も参加してきました。

 私は挨拶の中でこのことに触れ、「戦没者と遺族の冒涜をやめよという声にまともに耳を貸さず、遺骨の混じった土砂の使用を撤回しないのが岸田政権であり、安倍元総理の実弟である岸前防衛相だ。ところが安倍元総理の家族葬に岸大臣は自衛隊の儀仗隊を派遣し、岸田政権は国葬を閣議で決めた。これほどまでに人の死を差別するのか。法の下の平等を定めた憲法に反する」と批判。

 安倍元総理の政治を美化して批判を封じ、弔意を事実上強制する点でも、「関係を断つ」とした統一協会と最も関係が深い安倍元総理を国葬にすることの矛盾という点でも、国葬は中止すべきと強調しました。

 集会では内田雅敏弁護士が講演されました。

 午前中は党国会議員団の離島振興対策委員会に出席。臨時国会で議論される見込みの離島振興法改正案について各党協議の報告を受け議論しました。

 デニ知事.jpgみんなニコニコです。玉城デニー沖縄県知事が当選のあいさつに党議員団の控室に来られました。 みんなとグータッチした後に知事は、「県知事選ではビラ配りから何から丁寧なご協力をいただいた。二期目に向けてよろしくお願いします」とのべ、志位委員長は「建白書の実現に向け、国会でも頑張ります」と応じました。
 今日は土地規制法が施行された日。パブリックコメントには2760もの意見が寄せられ、その多くは廃止や運用の危険を指摘するものでした。これらの意見をただの一つも採用せずに施行されたもの。午前中は市民団体の皆さんの抗議と同法廃止を求める記者会見に同席しました。
 午後は、玉城知事のあいさつをうけた後、参院国対、国対会議、議員団会議、統一協会問題の対策会議と続きました。

台風14号

 大型の台風14号が九州に上陸。ゆっくりと日本列島を縦断しており被害が心配です。日本共産党は小池書記局長を本部長とした対策本部を立ち上げました。今日は名古屋市南区の市議補選の応援で街頭や演説会で高橋雄介候補と一緒に訴えるはずでしたが、台風のために街頭活動は中止となってしまいました。

 午後から新幹線も運行取りやめが相当でるようなので、急遽、朝のうちに東京へ。日曜日の静かな議員会館で仕事しました。東京は今夜遅くから明日朝にかけて暴風雨になりそうです。夜はプールでひと泳ぎ。爽快。

 おぐち 井上.JPG長野県の塩尻駅前のホテルを出て、塩尻市議補欠選挙の日本共産党のおぐち直美候補の第一声へ。市長選挙と同時に行われ定数3に4人の立候補です。
 おぐち候補は教師歴35年。「どの子にも行き届いた教育を」「教え子を再び戦場に送らない」を貫いてこられました。その思いと経験を生かし、「誰一人取り残さない市政と教育を」実現したいと決意されました。
 選挙事務所は党塩尻市委員会の事務所。入り口には手彫りの木の立派な看板が。すごい。事務所前での第一声では教え子の親御さんからのメッセージも紹介され、皆さんに信頼されていたことがよくわかりました。おぐちさんの演説は、温かい人柄が伝わる語り口で、「誰一人取り残さない市政と教育を」という決意にあふれていました。「この人を議員にしたい」とみんなに思わせる人です。
 井上 横.JPG第一声の後、おぐちさんの地元の2か所でも一緒に街頭から訴えました。私からは、沖縄に続き、コロナ・物価高、国葬や統一協会で岸田政権に厳しい審判を下し、市民の命と暮らし守る市政へ流れを作ろうと呼びかけました。
 
 特に塩尻市は小学校の保護者の負担が県で一番重く、その中でも給食費の負担が大きくなっています。運動の中で全国の自治体で無償化が広がりつつあり、長野でも先の知事選で金井候補が無償化を公約したことに期待の声が高まりました。そんな中、市長選挙では給食費の負担軽減を複数候補が公約しています。「ここまで前進させてきました。おぐちさんを押し上げ、無償化実現に大奮闘してもらいましょう」と呼びかけました。
IMG_2890.jpg 昨日観た、諏訪郡出身の伊藤千代子の生涯を描いた「わが青春つきるとも」のことも第一声で一言触れました。ぜひ、諏訪市にある顕彰碑に手を合わせたくなり、少し予定を変更して向かいました。千代子がもう一度見たかったであろう諏訪湖を見渡せる高台にある顕彰碑。恩師であるアララギ派の詩人、土屋文明の「こころざしつたふれしおとめよ 新しき光の中におきて思わぬ」の歌が刻んであります。
 「あなたの生涯を描いた映画に感動の輪が広がっています。あなたの不屈の精神とたたかいを受け継ぎます」と手を合わせました。
 塩尻に戻り、駅前の蕎麦屋さんに入ると、なんと元木曽町長の田中克己さんとばったり。「お久しぶりです。お会いできてうれしいです」とご挨拶。
 塩尻市はブドウの産地で「塩尻ワイン」も有名。駅のホームには全国唯一ブドウ園があり、ブドウがたくさん実っていました。いい香りがホームに漂ってます。第一声の時にブドウ農家の方から、お土産をもらいました。美味 (*^^)v
 京田辺.jpg伊藤千代子の生涯を描いた「わが青春つきるとも」を午前中、京田辺市の会場でやっと見ることができました。明日、千代子が生まれた長野県諏訪郡の隣の塩尻市議補選の応援に行くため、それまでにはどうしても見たかったのです。
 午後は党創立100周年記念講演会。志位委員長が冒頭、党の100年の歴史を貫く第一として「どんな困難なもとでも国民を裏切らず、社会進歩の大義を貫く不屈性」をあげ、伊藤千代子の名前も挙げて「戦前――天皇絶対の専制政治に正面から挑む」と語りました。
 そのことと、見たばかりの映画のシーン――特高警察から「天皇制を認めろ」と転向を迫るひどい拷問を受けても決して屈しなかった千代子の姿が重なり合い、胸に迫ってきました。「不屈」の歴史を改めてかみしめました。
 IMG_2880.jpg京田辺市の上映会では冒頭、一言挨拶をさせていただきました。終了後、新田辺の駅前で「国葬反対」の宣伝行動をやるので、そこでも訴えをといわれマイクを握りました。京田辺の皆さん、ありがとうございます。
 移動の電車の中でスマホで志位講演を聞き、京都市山科区の東地区事務所のについたのは14時過ぎ。視聴されている皆さんに休憩時間にあいさつをして、地域の視聴会場へ移動しました。終了後、参加者の方に入党の働きかけ。決意には至りませんでしたが、党への信頼を語ってくださいました。
 東地区.jpg終了後、京都駅に向かい、明日の告示日第一声参加のために名古屋経由で塩尻市へ。名古屋での乗り換え時間がもともと6分しかなかったのに、新幹線が3分遅れてしまい。駆け足で移動。何とか間に合いました。やれやれ。
 今日は早朝ウォーキングの5千歩とあわせて1万6千歩歩きました。(^^)/
 306788795_1203435467176919_4484895781237775715_n.jpg東京を早朝に出て、きょう告示の名古屋市南区市議補選の、日本共産党・高橋ゆうすけ候補(前)の第一声へ。
 国葬、統一協会、コロナ・物価高騰問題で岸田内閣の支持率が急落する中での選挙。野党の国会召集要求に応えず、わずか三時間の議運の審議だけで、国会も開かずに国葬を強行する構えの岸田政権。
 日本共産党の調査により、自民党名古屋市議団が統一協会関連団体の行事に政務活動費から支出していたことも明らかになりました。まさにズブズブです。
 南区1.jpgそんな中、南区のみなさんは補選での一票にその声を込めて政府に突きつけることができる。その一票をこんどばかりは日本共産党の高橋候補へ。沖縄に続いて岸田自公政権への厳しい審判下し、命・くらし守る市政の流れを作ろう――こう訴えました。
 高橋候補は第一声で、この間の街宣中に市民の皆さんから次々と寄せられる怒りや激励、期待の声を語り、子どもからお年寄りまで、安心して暮らせる市政への政策を訴える力強いもの。最後にガンバロー三唱しました。
 今日は、国葬問題と統一協会問題の野党のヒアリングがあったので、遅れてネットで視聴しました。
 ふー。今日は慌ただしい一日でした。午前中は京都府、市議団の皆さんの政府要請行動に同席。統一地方選の予定候補の皆さんも参加され、厚生労働省に新型コロナ感染症対策や物価高騰対策、最低賃金引上げなどで、現場の実態や声を示しながら要請しました。
 お昼はコンビニおにぎりを食べて党参院議員の会議。午後から統一協会問題追及チームの第八回会合で九州大学の南野森教授から「信教の自由」と法的規制についてヒアリング。
 IMG_2868.jpg統一教会問題が「政治と宗教の問題というよりは、政治と不法行為を繰り返す団体の問題であると理解すべき」と述べられ、宗教法人法による解散命令に政府が要件に当たらないとしていることについて、過去二例しかなく、新たな法解釈によって解散命令は充分ありうることなどわかりやすくお話しいただきました。
 その後、国会対策委員会、議員団会議、議員団の「地域鉄道再生チーム」の初会合と続きました。正式名称は「JRローカル線党鉄道網の存続・再生により、持続可能な地域社会めざす対策チーム」。
 IMG_2869.JPGJR各社がローカル線の収支赤字路線を相次いで発表し、廃止を迫ろうとしている中で、地域鉄道を維持・再生し、持続可能な地域社会をめざすべきです。会合では、各地の現状などを出し合い、今後、勉強会や調査を重ねて政策提言をめざすことなど確認しました。

  沖縄地元紙.jpg昨夜はデニー知事の再選と県議補選の勝利まで確認して就寝。朝起きてすぐにパソコンを開くと、統一地方選挙で日本共産党は全員当選!  辺野古新基地ノーの県民のブレない声がしっかり示されました。

 朝からテンションが上がりました。こんな日は新聞の一面見出しを見るのが楽しみですが、あいにく今日は休刊日。さすがに沖縄の地元氏は発行されていて、玉城氏再選の大見出しが踊っています。いいなあ。

 午前中は統一協会問題の野党合同の国対ヒアリング。統一協会の両親の間に生まれた「祝福2世」の20代と30代の元信者の訴えを聞き、質問にも答えてもらいました。「万物復帰」という訪問販売活動に従事させられ、一か月間地方に行き、朝から晩までハガキや手ぬぐいなどを売り歩いたとのこと

「祖父の遺産1億円以上献金させられ、さらに先祖解怨等で借金までして、お金がなくて辛かった」とも語っておられました。協会に疑念を持つようになり脱会されたお二人。高額献金の規制、相談窓口の拡充、地方での相談体制、献金被害者への援助などの要望要望がだされました。

 午後にとは党議員団で統一協会の被害者の救済や新たな被害者を出さない対策について議論しました。

ページ最上部へ戻る