essay つれづれぐさ

ホーム の中の essay つれづれぐさ

私の自宅は、吉田神社がある京都市左京区の吉田本町。
「徒然草」を書いた吉田兼好ゆかりの地です。
同じ吉田のまちからつれづれなるままに思いをつづりました。

 「明かりがはっきり見えてきた」――新型コロナの感染爆発と医療危機が続く中での菅総理の言葉に「赤信号と見間違えのではないか」「国民の実態が分かっているのか」と厳しい批判の声が広がりました。  そんな中、総理が九月中旬に解散し自民党総裁選挙は先送りする意向という報道がながれ夜のテレビや朝刊各紙も一面で報道。永田町に一気に緊張感が走りました。ところが菅総理は、会見を行い、「今は解散する状況にはない」と…

八月六日、広島で

今年も八月六日は被爆二世として広島で迎えました.。 核兵器禁止条約が発効して初めての原爆の日。そして、原告全員が勝利した「黒い雨」訴訟の上告断念を勝ち取って迎えた日でもあります。前日に広島県被団協や黒い雨原告団の皆さんと懇談しましたが、被爆者の声と世論が国際政治を動かし、政府も県政も動かしたと喜びと確信に満ちた懇談となりました。  六日の朝は平和公園の原爆死没者慰霊碑に献花し、続いて母校、広島国泰…
「よし!」――思わず声を上げました。26日の午後4時過ぎ。テレビ画面に「『黒い雨』訴訟上告せず、政府方針」の速報が字幕で流れました。  地裁での勝利判決があったのは昨年の広島原爆の日の直前。八月六日に広島を訪れた際に「黒い雨」訴訟の原告団の皆さんと懇談すると、「川の向こう岸は『黒い雨』が認定され、こちら岸は認定されない。こんな認定基準はおかしいことを裁判所が認めてくれた」という喜びと共に「我々に残…
 四日投開票の東京都議選挙。日本共産党は現有を上回る19議席を獲得し勝利しました。国政も問う選挙として私も何度も支援に入りました。  選挙結果は自民党への厳しい審判となりました。同時にこの間の日本共産党の取り組みへの新しい共感の広がりを実感する選挙になりました。  五輪への子どもたちの動員をやめよの訴えは大きな反響を呼び、選挙中に中止を決める自治体が相次ぎました。  初めて選挙の応援弁士に立って下…
 大激戦の東京都議選挙。秋の総選挙をにらみ各党とも総力戦です。私も告示前から連日のように葛飾区の和泉なおみ候補の支援に入っています。  街頭で訴えていると人々の足が止まり、「がんばれ」と声がかかります。日本共産党への期待の高まりをビンビン感じる選挙です。  告示日翌日の各紙は、コロナ・五輪を最大の争点と報じました。東京新聞の一面は「コロナ・五輪 あすを問う」という大見出し。日本共産党の「五輪を中止…
 「国際課税強化、7月G20合意へ」――各紙が報じました。私は毎年のように、国境を越えて大儲けをしながら税逃れをしているIT巨大企業への課税について質問し、5月27日の外交防衛委員会でも求めたところです。ぜひ、実現させたい。  従来の国際課税のルールは恒久的施設がある場所で課税するというもの。そうした施設無しに儲けを上げるIT企業には市場国が課税できず、しかも法人税率が低い国に利益移転する税逃れが…
  長年にわたるたたかいが実りました。建設アスベスト(石綿)被害救済のための補償基金を創設する建設石綿給付金法案が3日の衆院本会議で、全会一致で可決されました。     私がアスベスト問題を知ったのは35年位前。大きな社会問題になる前でした。当時、京都で梅田勝衆院議員の地元秘書をしていて、京都建築労働組合の会合にお邪魔した際に要請を受けました。「これは深刻な問題だ」と、国会質問を準備したのが関わり…
 国軍がクーデターを起こしたミャンマーで、国民への弾圧や虐殺が深刻さを増しています。  この間、「ミャンマーの民主化を支援する議員連盟」に加わり、民主体制を求めるミャンマーの国会議員による連邦議会代表委員会(CRPH)とのオンライン国際会議に参加。同議員たちは、国軍から避難して参加されており、安全確保のために会議についてのネット発信を夜まで避けるよう要請があるなど緊迫した中での会議でした。 ミャン…
 全国注目の長野参院補欠選挙。告示日(4/8)の夜に松本駅前で行われた街頭演説会で羽田次郎と候補と並んで訴えたことは実に感慨深いものでした。  実は、松本駅前は比例候補としてたたかった19年参院選挙の終盤に、志位委員長を迎えて大街頭演説会を行った時に、急逝した羽田雄一郎氏が市民と野党の統一候補として参加してくれた場所。羽田さんは「力あわせ政治変えよう」、私は「比例は日本共産党、選挙区は羽田雄一郎さ…
 東京電力柏崎刈羽原発のテロ対策装置が長期間にわたって故障していた問題を原子力規制委員会が発表したのが16日の午後。翌17日の予算委で核兵器禁止条約の問題で質問に立つ私が急遽、この問題も質すことになりました。  そして18日の午前には武田良介議員が参院予算委員会で、午後には藤野保史議員が衆院の経産・原子力特連合審査で質問に立ち、北陸信越ブロックのトリオで連続追及することができました。  予算委員会…

ページ最上部へ戻る