活動日誌

ホーム の中の 活動日誌 の中の 選挙

「選挙」の記事

IMG_3431.JPG午前中は議員会館で用務。午後から国会を出て京都へ。京都駅前で来年の参院選挙の予定候補お披露目街宣。比例の大門みきし参院議員、京都選挙区の武山彩子さん、穀田衆院議員、倉林参院議員とそろって訴えました。
 京都生まれ、京都育ちの大門議員は政府や与党も一目置く経済政策の第一人者。武山さんは衆院選挙比例候補としても奮闘し、子育て世代の願いやジェンダー平等の実現へ先頭に立ってきました。比例は大門さんら五議席、京都選挙区は武山さん。なんとしても押し上げよう!

四中総二日目

  銀杏並木.jpg4中総2日目。10時から討論が始まり、討論の結語、採択が終了したのは18時前。今日は日曜日で国会用務もないので議員宿舎から歩いて党本部へ。途中、少し大回りして銀杏並木を散策。朝日に照らされてとてもきれいで、朝から沢山の人出でした。
 午前中は世代的継承について集中的に討論が行われました。全国と優れた取り組みを聞いていて、新しい前進の条件が生まれていることを実感しました。条件を前進にまで実らせるには、執念を持った取り組みが必要です。
 がんばろう.jpg午後からの討論では参院選の予定候補が次々と登壇しました。千葉の斎藤さん、福岡のまじまさん、埼玉の梅村さん、愛知のすやまさんそして比例の仁比さん。それぞれから熱い決意が語られました。全会一致で報告と結語を採択した後、参院選の予定候補が壇上にあがり、がんばろうを三唱。参院選勝利・躍進で反転攻勢へ!

四中総で比例候補発表

 屋上.jpg今日、明日は党本部で第四回中央委員会総会。志位委員長が、総選挙のたたかいから総括と教訓を引き出し、それを土台に来年の参院選挙で勝利・躍進する方針について幹部会を代表して報告しました。
 報告で来年の参院選挙比例予定候補が発表され、現職の田村智子、大門みきし、いわぶち友、武田良介各氏と前職の仁比そうへい各予定候補の五人を必ず勝利させることを確認しました。今日は、いわぶち、武田両氏や大阪選挙区の辰巳コータロー、東京選挙区の山添拓予定候補が力強く決意を表明しました。がんばろう!
 お昼休みに、京都の成宮まり子府議、加藤愛京都市議の両中央委員を本部屋上の庭園に案内。たなびく党旗を背景にパチリ。いい天気でした!

さあ明日公示/党首討論

 IMG_3101.JPG明日は衆院選挙の公示。午後からは恒例の日本記者クラブ主催の党首討論が開かれました。前半は党首間での質問、後半は記者からの質問といういつもの構成でした。
 安倍総理の時には記者からの質問が総理に集中し、安倍氏も時間をオーバーして喋りまくるなど、不公正に感じましたが、今日は大きな時間的偏りはなく、与野党問わず辛口質問が行われるなど、なかなか面白かった。
岸田総理は志位委員長に「消費税は社会保障のためといいながら、病床削減のために使っているのはなぜか」と聞かれ、しどろもどろ。
IMG_3103.JPG 一方、消費税減税も金融所得課税強化もやる気なし。選択的夫婦別姓で唯一賛成の手を挙げなかったのも総理だけ。政権交代の必要性が浮き彫りになりました。自民党総裁選挙であれだけやったのですから、ぜひ、選挙期間中も繰り返し党首討論を開催してほしいものです。
 今日は議員会館で選挙期間中の応援日程の調整や資料の整理などなど。明日の新潟二区での第一声に備え、前泊する柏崎市に移動中です。明日からの4日間は、新潟→長野→石川→岐阜→福井→滋賀→京都と回ります。

 IMG_1881.jpg岸田総理の所信表明演説に対する代表質問が午前中は参院で、午後は衆院で行われ、衆院では日本共産党から志位委員長が質問に立ちました。

 志位委員長は質問の中で、コロナで収入が減った方々を、中間層も含めて広く対象にして、1人10万円を基本に、「暮らし応援給付金」を5兆円から6兆円の規模で支給することを提案しました。ぜひ、実現させたい。

 昨日からの7岸田総理の答弁は、総裁選挙で強調した富裕層優遇の金融課税の見直しは先送りする一方、消費税減税には背を向けるもの。「新しい資本主義」といいながら、これまでの安倍・菅路線を看板だけ変えて推進することが浮き彫りになっています。政権交代しかならい。

 三中総.jpg党本部で第三回中央委員会総会。午前中の志位委員長による幹部会報告は総選挙勝利全国いっせい決起集会としてオンライン視聴され、全国で四万人をこえる視聴がありました。
 
 全国的比例躍進、野党共闘勝利と共に「オール沖縄」と赤嶺さんの勝利へ方針と決意を固めました。 丁度、会場で頂いた退職された方の記念のシーサーとパチリ
 朝結ばれた市民連合と野党四党の総選挙での画期的政策合意についての報告され、討論でも歓迎の声がたくさん出されました。結語で、この合意の意義について改めて強調されました。
 19年参院選の合意は「上記の内容をうけとめ、参議院選挙勝利に向けて、ともに全力で闘います」というもの。一方、今回は「上記政策を共有し、その実現に全力をつくします」として各党党首が署名。政策内容も表現も大きく前進。文字通りの「野党共通政策」になりました。
 討論の途中に、別室で「ミャンマー国民統一政府との第三回オンライン会議」に参加しました。議論の中心は、昨日、国民統一政府が「軍に対して自衛のための戦闘を開始する」と宣言した問題。日本側から率直な懸念もだされ、昨日演説した大統領代行のドゥワ・ラシ・ラー氏から直接の説明がありました。残念ながら、中座。

 IMG_2836.JPG京都を朝出て、静岡県磐田市へ。根津康広、高梨俊弘両市議と共に街頭から訴えました。今日は愛知県内で「集い」の予定でしたが、緊急事態宣言発令された中で中止となったため、急遽計画してもらつたのですが、支部や後援会のみなさんがご一緒にスタンディングしてくださり、にぎやかな街宣になりました。暑い中、感謝です。

 静岡県のコロナ新規感染は昨日も600人を超え、過去最多クラスが続いています。「総理は記者会見で『灯りが見え始めてきた』といったが、赤信号と見間違えたのではないか。入院できないまま自宅で亡くなった方、まともな保障もないまま自粛している飲食業の方に、灯りなど見えない。自らの人災という自覚も、危機感もない菅政権にはサヨナラする以外にない」と、日本共産党の躍進、野党共闘の勝利を呼びかけました。

 穀田事務所開き.jpg京都に戻り17時から京都一区・穀田恵二衆院議員の事務所開きに参加。「野党共闘」の柱である穀田さんを何としてもと、各界からの熱い期待の声、比例の躍進と今度こそ、小選挙区での勝利をという穀田さんの気迫の訴え、「よし勝つぞ」と思いが一つになった事務所開きでした。がんばるぞ!

京都市内で国会報告街宣

 IMG_2496.JPG今日は京都市内で国会報告街頭演説。 ずは13:00から四条烏丸で国会報告街頭演説会。オンラインで同時中継されました。穀田衆院議員、倉林参院議員と3人そろっての街宣は京都でもめったにありません。
 京都の衆院予定候補も勢ぞろい。穀田(比例・1区)、たけやま(比例)、ちさか(2区)、吉田(4区) 、山内(5区)各氏が訴えました。司会は西脇府議。たくさん声援をいただきました。
 夕方にはちさか2区候補、府・市議と共に、山科区、東山区、左京区の各1カ所での街頭演説会。
 宮口.jpg参院広島選挙区再選挙で当選した宮口はるこさんが今日の本会議で紹介されました。その後、日本共産党参院議員団に挨拶に来られ、花束で歓迎。同行した立憲民主党の森ゆうこ参院幹事長からは支援のお礼と、衆院選挙に向けさらに共同を強めようとの挨拶。市民と野党の共闘で、総選挙で政権交代へ!
 続いて憲法審査会に出席。三年二ヶ月ぶりの実質審議で、自由討論として行われました。各会派からの意見表明と委員の発言。日本共産党から山添議員が意見表明し吉良議員が発言しました。山添議員は、国民は改憲を望んでおらず憲法審査会を動かすことは反対だと表明。
 自民党などがコロナ対策を口実に改憲を求めたに対し、山添議員も吉良議員も、問題は憲法ではなく自民党の無為無策だと批判し、今必要なのは憲法の実現だと強調しました。
 岩国オンライン.jpg午後五時からは、中国ブロック主催の「米軍岩国基地問題オンライン国会報告会」。大平前衆院議員の司会で3/23の外交防衛委員会で取り上げた岩国基地所属米軍機の爆音訓練について報告し、大平前衆院議員の司会で岩国、広島、鳥取の中国地方各地での運動の交流もしました。
 
 Twitterでのライブ配信には150人以上が参加して下さいました。ありがとうございます。

 

 三補選新聞.jpg昨日投開票の参院長野選挙区、同広島選挙区、北海道二区の選挙はいずれも市民と野党の勝利。今朝の各紙一面トップはいずれもこのニュース。心が躍ります。各紙は「与党全敗」、「読売」は「野党三勝」、「赤旗」は「市民と野党全勝」と書きました。

 国会でも朝からこの話題で持ち切り。野党の議員と会うと、「三戦全勝良かったですね」の挨拶ではじまります。

 明日の外交防衛委員会でのRCEP協定についての質問の準備カが中心の一日。夕方になる前に通告しました。夜は議員団会議。

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページ最上部へ戻る