活動日誌

ホーム の中の 活動日誌 の中の 外交安保・核廃絶 の中の 米兵犯罪の特権についての研究で取材/選挙制度協議会

米兵犯罪の特権についての研究で取材/選挙制度協議会

 IMG_2642.JPG米国のボストン大学で日米外交を研究中の井上史さんが来訪。東京での学生時代に中東のテレビ局のアシスタントのバイトで来訪されて以来の知人。わが妻と同じ名前でビックリしたのを覚えています。

 今回は、 日米地位協定下での在日米軍人の犯罪時の特権的地位などについての博士論文を執筆するための帰国しての取材。すでに米国立公文書館でも調査し、明後日からは沖縄へいって関係者から取材するとのこと。私からは、米軍人の犯罪に関する日米密約等について追及してきたこの間の国会論戦についてお話ししました。

 この問題について、米国に在住しながら研究される人がいることは実にありがたく、頼もしいこと。いい論文を期待しています!

 今朝は6時に目覚めてテレビをつけるとブラジルが0-5でドイツに負けていてビックリ。最後は1-7でしたが、こんな信じられないことがおきるんですね。これがサッカーです。

 午前中はデスクワークあれこれ。午後から参院選挙制度協議会。今日は最高裁判決が一票の格差をどこまで許容しているかについて各党が意見表明。自民党以外は、基本的に「二倍以内」を求めているとの意見でした。次回は、現行の選挙区選挙の部分について、ブロック制案と合区案について議論します。

 

 

ページ最上部へ戻る