活動日誌

ホーム の中の 活動日誌

このページでは最新の10件を表示しています。

今日は、安保法制強行から4年目。「武器見本市はいらない!10/10院内集会」の案内に来られた「安保法制に反対するママの会@ちば」の皆さんと懇談しました。

 この間、幕張メッセで、防衛省の後援も受けて連続して開催されたきた武器見本市に抗議行動を取り組んできた皆さん。11月にも計画されています。兵器で儲かる国にしてはなりません。
 
IMG_1827.JPG 午後は国連大学で開かれた、カザフスタン共和国大使館等が主催した「日本・カザフスタン国際会議 核無き世界への道」に参加しました。

 カザフスタンには旧ソ連時代、セミパラチンスク核実験場があり、456回もの核実験が行われ人々と環境に大きな被害をもたらしました。独立した際に、核実験場を閉鎖し、核兵器も廃棄。以来、「中央アジア非核兵器地帯」の創設を推進するなど、核無き世界実現で大きな役割を果たしてきました。

IMG_1836.JPG 同実験場の廃止を記念して国連は、8/29を「国連核実験反対に反対する国際デー」としています。今年のこの日、カザフスタンは核兵器禁止条約を批准。批准国は26となり、発効に必要な50か国の半数を超えを超えました。

 会議では、カザフスタンのバウダルベック・イエルラン大使のあいさつの後、明石康元国連事務次長、アメルハン・ラキムジャノフ・カザフスタン初代大統領と図書館長がスピーチ。

 カメルハン氏は核兵器によって大きな被害をうけたカザフスタンと日本の両国の核無き世界に向けた貢献や役割を強調されました。しかし、同じ被害を受けた国なのに、核兵器禁止条約に反対した日本とは大きな違いです。改めて、唯一の戦争被爆国にふさわしい、禁止条約にサインする政府の実現への思いを強くしました。

 カザフスタン.JPG会場では、バウダルベック大使や、アメルハン図書館長とあいさつし「私は被爆二世。貴国の禁止条約批准を歓迎します」と言葉を交わしました。

 ロビーでは、両腕がなく生まれた被爆二世で、口を使って描く世界的画家であるカリプベク・クユコフ・ATOMプロジェクト大使の作品展も開かれ、カリプベさんと挨拶を交わしました。

 フィリピンのドゥテルテ政権の下で行われ、国際的に問題になっている「超法規的殺害」などの人権侵害に対する日本政府の対応について外務省に説明を求めました。

 同政権発足後、「薬物捜査の中で当局に殺害された容疑者は6600人を超え」(「日経」7/12)、権利を主張する農民組織メンバーや人権活動家、弁護士などの殺害や不当逮捕も横行しています。これに対し、国連人権理事会は7月11日、アイスランドが提出した国連による調査を求める決議案を多数で採択しましたが、同政権は決議に反発し、強行な調査を続ける姿勢です。

 日本政府はこの決議案に棄権。外務省は、「人権侵害は否定できない」としつつ、決議については、「名指しの決議が適切なのか」「薬物対策が進んでいることも盛り込んだバランスにとれたものに」「断定せずに疑惑とすべき」などとし、「決議は見送り、打開策を協議すべき」との対応をしてきたと説明しました。

 外務省は、フィリピンは「今や最も親日的・協力的な国」「二国間関係は非常に良好」であり、日本はフィリピンにとって、最大の輸出相手国かつ最大の投資国であり、最大の援助供与国かつ、第四位のODA対象国です。

 日本の開発協力大綱の「開発協力の適正確保のための原則」でも、「開発途上国の民主化の定着、法の支配及び基本的人権の尊重を促進する観点から当該国における民主化、法の支配及び人権の保障をめぐる状況に十分注意を払う」としています。

 このような日本こそ、積極的にフィリピンの深刻な人権侵害の解決のために役割を果たすべきです。

 

 昨日が投開票だった長野市議選は定数13人オーバーの大激戦。深夜に日本共産党現職6人の全員当選が決まりました。\(-o-)/ \(^o^)/ ヽ(^。^)ノ。

 台風15号から一週間たって、いまだに多くの地域で停電が続き、強風で屋根に被害が発生している地域にはブルーシートが不足してる中に今日は大雨が降っており、とても心配です。

 

 甥の結婚式で13日から福岡市へ。15日は党本部で第7回中央委員会総会に出席しました。7中総は、来年一月に第8回党大会を招集するとともに、「党大会成功めざす統制拡大大運動」を呼びかける決議を採択しました。

 委員長の挨拶と決議案の提案報告を受け、共闘の時代に、野党連合政権に道をひらく強く大きな党を作ろうと意気高い討論が行われました。終了は20時過ぎでした。

 討論の中では、千葉を中心とした台風15号被害、佐賀の豪雨被害での深刻な実態や現地の党組織や地方議員の皆さんの奮闘も発言されました。

 甥、姪たちは、いとこ同士とても仲良しで、お盆や正月にみんなが集まるのを楽しみにしていましたが、それぞれ仕事を持ち、誰かの結婚式でもなければ集まる機会がありません。みんなが集まって楽しくしているの見るだけでもうれしいし、とても隅々に気配りのある、新郎新婦の思いの伝わるとてもいい結婚式でした。

 

 10日から11日は党国会議員団の合宿での研修会。国際問題について緒方副委員長、市民と野党の共闘について穀田国対委員長と、最前線で奮闘されてきた2人の報告と議論。しっかり交流もできました。

 その場で、千葉をはじめとした台風災害の党の対策本部の結成が報告され、志位委員長が本部長に。現地調査と政府申し入れを直ちに行います。

 ちょうど、自民党の役員人事と内閣改造と重なりました。11日午後に国会に戻り、参院自民党の新四役の挨拶を受けました。

 IMG_1798.JPGそのあと、長野市議選支援へ。夜の竹内茂、滝沢しんいち両候補の個人演説会三ヵ所で訴えました。

 今日行われた内閣改造で麻生財務相留任で消費税増税のあくまで強行する姿勢を示し、組閣後の記者会見で安倍総理が、憲法改正に関し「困難な挑戦だが必ずや成し遂げる」と明言したことを紹介。国民の声を無視したもの、安倍改憲ノー、消費税増税ストップの声を市議選で示そうと訴えました。

 IMG_1799.JPG定数39に52人立候補で新人が21という大激戦。各陣営が従来の枠を超えた必死の支持拡大をしており、少しでも気を許せば切り崩される。最後までの支持の拡大に奮闘することなしに勝利できないと大きなご支援をお願いました。

 IMG_1800.JPG八日は長野市議選告示日、定数39に52人立候補というかつてない多数大激戦です。日本共産党は現有6議席の確保に全力を挙げています。京都での会議の後、9日の選挙応援のため長野市へ。台風接近で夜は新幹線に影響がでそうだつたので早めに長野入りしました。

 朝から野々村ひろみ、滝沢しんいち、佐藤くみこ、黒崎清一、あべ孝二候補の応援に街頭で訴え、休憩中。夜は竹内茂候補の個人演説会で訴えました。

 IMG_1801.JPG「先の参院選比例区で、長野の野党統一候補の羽田雄一郎さんと共に押し上げていただき、改憲勢力三分の二を崩した。参院選後も埼玉知事選で野党応援の候補が勝利し、昨日は岩手でも圧勝。この道をさらに進めるために、衆院選へ野党連立政権への協議を申し入れた。長野でも全国で市民と野党と共同の前身のために全力挙げてきた日本共産党伸びてこそ、共同が進み、安倍政治終わらせる力」と強調。

 小中学校へのエアコン設置、子どもの医療費窓口無料IMG_1797.JPG化、入学援助金前倒し支給など、市民と共に実現してきた成果も紹介し、暮らしに希望つくる日本共産党の六議席を何としてもと強調しました。

 それにしても暑い!

 産直フルーツ.jpg今日は嬉しいものが2つ届きました。一つは先日、愛知県小牧市での演説会で入党のお誘いをした方が決意してくださったという連絡。\(^o^)/ もう一つは、京都の「わたしのでんき・自然エネルギー産直」からのフルーツです。

 新婦人京都府本部と京都農民連が始めたものて、農民連京都産直センターの屋根にパネルを設置し発電中です。立ち上げの際に我が家も出資しました。出資者に年二回送られてくる産直のフルーツを楽しみにしていますが、今日、網野の井上さんの梨と丹後の森さんのブドウが届きました。

 自然エネルギー促進+美味。(^-^)v

 IMG_1602.JPGモザンビークでの日本のODA事業である大規模農業開発「プロサバンナ」。小農の権利が奪われると反対運動が広がる中、市民社会への介入・分断が問題になっており、国会でとりあげてきました。

 今日は、現地から来日されたナンプラー州農民連合代表のコスタ・エステバン氏、「プロサバンナ・ノー・キャンペーン」のボア・モンジャーネ氏や日本の支援団体の皆さんと午前中に懇談。午後からは外務省・JICAとの協議が行われ、院内集会にも同席しました。

 外務省もこの事業に「コンセンサスが得られていない」と認め、外相の指示で「参加型決定ルールに基づく議論の実現」へ対応するとしていますが、「モザンビーク政府の主体的取り組みを支援する」というもの。

19.9プロサバンナ.JPG コスタ氏は、「他のODAや政府の事業のは反対していない。この事業だけに反対している。これはJICAの問題だ」と強調されました。国民の税金が投入される事業で、JICAの「環境社会配慮ガイドライン」にも反する事態が起きていることへの責任は重大。根本的見直しが必要です。

 先日、調査をおこなった長野県佐久市上空の米軍機低空飛行訓練について報告書が出来上がり、今日、佐久市で記者会見が行われました。

佐久市調査発表.jpg それに先立ち、今朝の信濃毎日が報道。米軍機の高度は日米合意に反し、航空法で定められた住宅地の最低安全高度300mを下回る200数10mqだったことが明らかになりました。政府は米軍に厳しく抗議し、謝罪を求めるとともに、自由勝手に日本上空を訓練コースにすることを可能にしている日米地域協定の抜本見直しを迫るべき。臨時国会でも求めていきます。

 夜はブールへ。1㎞泳ぎました。爽快。

 大野知事挨拶.jpg8/25に当選し、昨日、初登庁したばかりの大野元裕埼玉県知事が国会に挨拶回りに来られ、塩川衆院議員、伊藤参院議員と共に応対しました。

 昨日の県議会の各会派への挨拶回りでは、なんと自民党は誰も対応しなかったとのこと。選挙での県民の審判を無視するような態度です。幅広く県民に依拠し、様々な大野さんの掲げた「開かれた民主主義と立憲主義に基づく」県政の実現できるよう、しっかり握手を交わしました。

 午前中は、フィリピンのドゥテルテのもとで頻発している超法規的殺害の問題で、市民団体の方から実態や国際社会としての監視の必要節についてお聞きし、日本政府に問題解決に役割を果たさせるよう要請を受けました。

 午後からは議員団の関連の会議が四つ。最後は、九州北部大雨被害対策本部の会議。田村貴昭事務局長から現地調査に入った報告を聞き、当面の対応を確認しました。

 IMG_1576.JPG今日から9月。朝夕は随分しのぎやすくなりましたが、昼間はまだまだ暑い。京都を朝出て午前中は愛知県小牧市へ。22日告示の市議選で7期目をめざす、安江みよ子さんを囲む集いへ。

 日本共産党議員団は、市の「こども未来館」の設計委託で予定価格と見積額は100%同じであることを追及し、市の第三者委員会が情報漏洩を認定するなど市政チェックで抜群の役割を発揮。

 一時間に一本の巡回バスや老人福祉センター「小針の郷」の実現など市民と共に市政を動かしてきました。多数激戦が予想される中、前回と同じ3議席の確保をめざします。

 静商連.JPG質問コーナーでは香港問題、日韓関係、野党共闘の威力など出されました。

 午後は静岡市で静岡県商工団体連合会の理事会で国会報告。

ページ最上部へ戻る