活動日誌

ホーム の中の 活動日誌

このページでは最新の10件を表示しています。

IMG_5008.JPG 参院予算委理事会に愛媛県が衝撃の文書を提出しました。2015年2月25日に総理と加計理事長が面談し、総理が「そういう新しい獣医大学の考えはいいね」と発言したというもの。

 17年1月まで加計学園の獣医学部新設の話は知らなかった、加計氏とこの件で話したことはないという総理答弁は全て虚偽ということになります。

 4/2の柳瀬元秘書官の官邸での加計学園関係者、愛媛県、今治市との面談もの総理と加計理事長のこの面談の後。すべてはここから出発した、まさに「加計ありき」「お友達ありき」であることはいよ

IMG_5007.JPG

いよ明白。関係者を証人喚問し総理は辞任をすべきです! 

 午前中には、二つの来訪を受けました。一つは、今日、国家請願行動に取り組んだ日本難病・疾病団体協議会の会の京都の代表。2人が要請に来訪されました。

難病法の改正で指定難病の対象は331疾病に拡大しましたが、重症度分類により、これまで医療費助成を受けていた患者が軽症と診断されて外され、受給者数は減少とのこと。さらに難病対策の推進が必要です。 

 もう一つは、国土交通省労組の近畿の代表の方らの来訪。気象台での大幅定員削減の計画など説明があり、必要な定員の確保などを求める三つの請願署名を受け取りました。

 IMG_5003.JPG京都を朝出て名古屋市千種区の日本共産党後援会の総会に出席しました。前回市議選で初挑戦して惜敗した酒井ケンタロー候補の決意表明に続いて45分の国会報告。

 名古屋市では16日に小池書記局長を迎えての大演説をやったばかりなので、国会報告に絞って詳しめにお話ししました。今週は衆院での「働き方改革」法案の強行採決の動きなど、大きな山場を迎えることや、この間の森友、加計問題の論戦、朝鮮半島の非核化への激動と日本政府の対応などなど。

 終了後、東京へ。明日からは激動の国会になります。

IMG_4967.jpg京都を朝出て長野県岡谷市での演説会へ。穀田恵二衆院議員をメイン弁士に、長瀬ゆき子参院選挙区候補、毛利栄子前県議、備前光正県議と共に日本共産党の躍進を訴えました。金井忠一知事候補もご挨拶。

 実は、国対委員長コンビの穀田さんとは京都以外での演説会でご一緒することはほとんどありません。 と、いうことでレアな写真。

IMG_4989.JPG  会場のロビーでは、なんと沖縄の「平和丸」の船長の相馬由里さんが辺野古支援のグッズをロビーで販売中。辺野古連帯の企画で当地にきて、演説会にも参加してくれたのこと。翁長知事や赤嶺衆院議員など「オール沖縄」の政治家の似顔絵入りタオルとともにパチリ。 

 終了後、京都へ。今日から二日間、被爆二世・三世の全国交流会が京都市内で開かれており、その夕食交流会に参加しました。京都を中心に神奈川から広島、福岡まで10府県から参加があり、昼間に講演をされた日本被団協の木戸事務局長も参加してくださいました。

 10時からの本会議は生活保護の改悪法案。倉林議員が怒りを込めて質問。いっそうの改悪を迫り、生活保護への偏見をあおるような維新の質問と好対照でした。 

午後には野党合同院内集会。働き方改悪、TPP、森友・加計問題での安倍内閣の暴走に「怒」の声を上げました。安倍政権を退陣に追い込むためにも、新潟県知事選挙での野党と市民の結束したたたかいで池田候補を勝利させようとガンバロー三唱。 

IMG_4957.JPG 15時には、静岡の皆さんが安倍9条改憲ノー3000万人署名を48653筆を国会に提出。島津前衆院議員、鈴木ちか・参院選挙区候補、鈴木節子静岡市議、浅田二郎袋井市議らから本村、武田両議員と共に署名を受け取りました。 

 その後、茂木TPP担当大臣の不信任決議案を野党が提出。与党は今日、TPP関連法案をわずかな審議時間のままに、野党の反対を無視して委員長職権で採択を強行しようとしましたが、内閣委員会は同決議案提出により散会となり、今日の採決は阻止されました。

 日弁連.jpg7:30から日弁連・弁政漣役員の皆さんと日本共産党との朝食懇談会。弁護士の社会貢献活動から、働き方改革、改憲問題なと幅広く意見交換ができました。

 10時から外交防衛委員会。中東問題と、多国籍企業の課税逃れ対策について質問しました。中東では、イラン核合意からの一方的撤退、米国大使館のエルサレムへの移動、シリア空爆など、トランプ政権の施策が重大な事態を生んでいます。

 米大使館のエルサレム移転では、抗議する市民へのイスラエルによる発砲で多数の犠牲者が出ています。私は、従来から二国家の平和共存を支持してきた日本として批判を表明すること、和平促進のためにパレスチナの国家承認をするよう求めました。

IMG_4904.JPG 終了後、日報隠ぺい問題の特別監察に関して防衛省から説明。愛知の社保協の皆さんが請願署名をもって来訪してくださいました。

 続いて、日本がODAで支援しているインドネシアのインドラマユ火力発電所に反対している市民団体の代表や弁護士の方が来訪。建設計画の問題点や反対運動への弾圧についてお話しを伺いました。

この問題について三月のODA特で質問した時の答弁など

IMG_4908.JPGも紹介しながら、今後の連携を確認しました。夕方は新宿西口で、日本共産党中央委員会としての定例3000万人署名行動で訴えました。

 夜は久しぶりにプールへ。嗚呼、爽快!

 午前中の本会議は二つの法案の趣旨説明質疑と議了案件の採決。国会用語では「二階建て」といいます。日本共産党からは山添議員と倉林議員が質問に立ちました。予定より少し伸びて3時間半。10時から始まって13時半に終了。お腹がすきました。

 成立した法案の中には、男女の候補者数を「できる限り均等」とすることをめざす「政治分野における男女共同参画推進法」が全会一致で成立。傍聴席には勇退された女性議員の皆さんなどたくさん方が来られました。また、オーストリアの国会議員の皆さんの傍聴もあり、冒頭、起立と拍手で歓迎しました。

愛知演説会そろい踏み.JPG 終了後、明日の質問準備と通告。16時前に国会をでて、名古屋へ。18:30から小池書記局長を迎えての大演説会。地方選挙の候補者の皆さんも勢ぞろい。本村衆院議員、すやま選挙区候補とともに私も訴えました。

 平日にもかかわらず2400人の参加。大いに盛り上がりました。終了後、帰りの新幹線と宿舎で明日の質問の仕上げ。

 

春日井市.jpg

 京都を朝出て、愛知県春日井市長選挙の出発式へ。`雨の中、「春日井をよくする会」の石田ひろのぶ候補の必勝を訴えました。市政を変え、安倍政権ノーを示す選挙。

 同市では、北朝鮮問題を口実に、隣接する小牧基地の増強が進み、F35の試験飛行の騒音も深刻。朝鮮半島の平和のチャンスを実らせようの声も託してほしいと強調 しました。

 終了後、東京へ。国会で、今週の質問準備と明日の予算委集中審議の打ち合わせ。

 山添議員.jpg昨日の衆参予算委での柳瀬元総理秘書官の答弁について、愛媛県の中村知事が会見で「真実でない部分がある」とのべ、当日の日付の入った柳瀬秘書官の名刺や県職員の説明用メモも公開しました。答弁と矛盾するもの改めて証人喚問や関係者の招致が必要になっています。

 ところが、14日の月曜日の予算委集中審議に野党が愛媛県の中村知事の参考人招致を求めたのに対して与党は拒否。参院の参考人質疑で与党は加戸前知事を参考人に呼びながら、現知事の招致を拒否するのは余りにも理不尽。真相隠しにほかなりません。さらに徹底追及が必要です。

 午前中の本会議でバリアフリー法案の質疑。日本共産党から山添議員が質問に立ちました。高齢者や障害を持つ人などすべての人に自由で安全な移動を保障することは憲法の要請だとして支援拡充を求め、法案に「移動の自由」を明記すべきだと述べました。格調高いいい質問でした。

 終了後、倫理選挙特別委員会が開かれ新しい会派構成に伴う委員長を選出。午後には南スーダンPKO日報の隠ぺいに関する陸自調査報告書の公開を求めていた件で防衛省が説明に来ましたが、納得できるなうようではなく、さらに説明を求めることとしました。

 

 衆参予算委員会で柳瀬元総理秘書官の参考人質疑が行われました。日本共産党から宮本たけし衆院議員、田村智子参院議員がそれぞれ質問。質疑を通じて柳瀬氏が加計学園の関係者と3回、官邸であったことが明らかにされ、「加計学園」ありきの姿がうきぼりになりました。

 にもかかわらず、そのことを安倍総理に報告をしていないと、あまりにも不自然な答弁。さらに関係者の証人喚問などが必要であることが明確になりました。

 10時から外交防衛委員会で、四つの租税条約、投資協定の趣旨説明を聞きいて五分で終了。質疑は、来週火曜日に行われます。

 16:40からは新しい会派構成の下での参院野党国対委員長会談。国民民主党の船山康代国対委員長から野党間の風通しをよくしたいとの挨拶をうけて協議。民主的運営の確保の上での野党間の連携を図っていくことなどを確認しました。

 10時から本会議。一昨日の国民民主党の発足を受け、参議院の会派構成が大きく変わりました。これまでは民進党・新緑風会が41 、立憲民主党が7でしたが、国民民主党・新緑風会24、立憲民主党・民友会23というのがあらなた構成。

 常任委員長の変更もあり、本会議はそれを確認して5分で終了。これまで全体では第二党となる一定の大きさを持つ野党第一党が存在してきましたが、新たな構成では25議席の与党・公明党が第二党となり、野党第一党、第二党がほぼ同規模というこれまでにない構成となりました。参院の民主的運営を確保するためにもこれまで以上に野党の連携が重要になります。

 IMG_4801.JPG11時から外交防衛委員会の理事懇談会で日程協議。12:20から日弁連中心のカジノ推進法案の廃案を求める請願デモを激励。

   その後、日米首脳会談や北朝鮮核問題について外務省からレク。15時から参院改革協議会。選挙制度専門委員会の報告書が座長に手渡されました。

 夜は広島国泰寺高校の東京同窓会。今回も応援団長としてエールやりました。血圧があがる。

ページ最上部へ戻る