活動日誌

ホーム の中の 活動日誌

このページでは最新の10件を表示しています。

 IMG_8742.JPG京都を朝出て愛知県へ。まずは春日井市での演説会に須山初美さんと一緒に参加。前回、わずかな差にまで迫った定数4の県議選に市議36年の内田けんさんが挑みます。後半戦の春日井市、豊山町の候補の皆さんと共に全員勝利をめざします。

 春日井、小牧市、豊山町の交わるところに県営小牧空港と三菱重工小牧南工場があります。先日、外交防衛委員会で同工場を訪れ、F35A戦闘機の組み立ての様子などを視察したことも紹介し「トランプ政権いいなりの米国製武器爆買いをやめ、暮らしや福祉にもっと予算を」と訴えました。

IMG_8752.JPG 続いて名古屋市瑞穂区の決起集会。定数3の市議選で同区初の日本共産党の議席誕生の絶好のチャンスと報告があり、民商事務局長など中小業者を守って30年の経験を生かすおぜき雅美さんが決意表明をされました。

 最後は全員でガンバロー三唱。

 京都に帰るために名鉄の駅に送ってもらったところで、スマホを会場に忘れたことに気づきました。あ~、またやった。なんとか、連絡を取り、持ってきてもらい、ご迷惑をかけました。

 これから、選挙に入るとスケジュールがタイトで、慌てて会場を出たりする時に忘れ物に要注意です。

 IMG_8728.JPG河野外相の体調不良で取りやめになった水曜日の外交防衛委員会での予算委嘱審査が、今日の午前中、行われました。外相は今日も検査・治療のため副大臣が対応。私は辺野古の超軟弱地盤問題で質問しました。

 7万7千本の砂杭を打ち、650万立米の砂を投入する地盤改良工事は、環境アセスメント時には計画になく、軟弱地盤が54万立米も浚渫されることにもなります。規模も内容も違う工事であり、環境アセスをやり直すべきだと追及。防衛省は、環境影響は現行のアセスの予測範囲内に収まると繰り返し、アセス実施を拒否しました。

「まともな根拠も示さず拒否するような脱法行為を国が行えば、モラル破壊が起き、やりたい放題が広がる」と指摘し、工事の中止を求めました。

 午後は参院野党国対委員長会談。予算審議の日程について自民・立憲の国対委員長会談の報告を受けた後、協議。私は、予算の土台である毎月勤労統計について、野党が求めている昨年の実質賃金の資料がいまだに「検討中」として出ていない中で、さらに強く求め、審議を続けていくことが必要だと強調しました。

 今日は午後から一般質疑が行われ田村、吉良議員が質問。開始時間がおくれたために傍聴できず、夜の新幹線で京都へ。ここ数日、東京はとても暖かくコートもなし。今日は、暖かったのは関東周辺だけだったそうで、京都に着くと寒いこと! まだ三月半ばだと実感。

 来週月曜日の集中質疑には山下副委員長が立ちます。

 

 IMG_8695.JPG今日から統一地方選が始まりました。まずは道府県知事選挙の告示。私は三重県津市で、鈴木加奈子県知事候補の第一声に参加しました。

 消費税増税を必要だといい、被爆者国際署名も拒否する現職。鈴木さんの勝利で、憲法を活かし平和・くらし・命第一の県政を!

 その後、京都に帰り、京都市左京区➝右京区➝八幡市➝京田辺市と駆け巡りました。

 八幡市.jpgいずれも大激戦。左京区では労働者後援会から梶川京都総評議長、河口京教組委員長の応援を受け、光永府議、富樫市議と共に街頭から訴え。右京区では島田府議、堀市議とともに演説会でお話ししました。

 八幡市で森下府議、八幡市議団と、京田辺では塩貝府議予定候補(元京田辺市議)、青木市議団長と街頭から訴えました。

 心地よい疲れの中、東京に戻っています。明日は、昨日やるはずだった辺野古問題の質問です。

 今日は午前中、外交防衛委員会で予算委嘱審査を行うことになっていましたが、河野外相が朝から発熱のために出席できないことに。 与野党協議の末、今日は開会せず、予算委で委嘱審査の議決を改めて行い、22日の金曜日に審議することになりました。

 議決した委嘱審査が行われないことも、再議決をすることも歴史上はじめてのこと。国会は「一寸先は闇」といいますが、想定しないことが色々起こります。

IMG_8684.JPG 午後から「今あげるべきでない 消費税10%ストップ署名提出集会に」参加。「10%ストップ!ネット」の主催によるもので、立憲、自由の議員と共に日本共産党から田村副委員長をはじめ多数が参加しました。

 呼びかけ人の一人の本田宏医師の挨拶の後、参加した国会議員が一言挨拶をし、署名を受け取りました。この願いを必ず生かします!

3.20消費税署名.jpg15:30から参院野党国対を開き、予算委について、来週月曜日の集中質疑に続き、さらに審議を求めていくことなどで一致しました。

 明日の三重県知事選挙第一声に参加のため、夕方の新幹線で津市に向かっています。

IMG_8670.JPG 今日は午前、午後と二回の質問。午前中はODA特別委員会で、日本のJICAがモザンビークでODAとして進めているプロサバンナ事業を二年前に続いて取り上げました。

 現地の小農の皆さんから、JICAの事業により市民社会に分断がもちこまれ人権侵害が起きていると抗議の声が上がっており、外務省やJICAの対応を河野外相らにただしました。

 午後は外交防衛委員会で、防衛省の調達する武器などに特例的に長期契約を認める法律を延長する改正案の質疑。来年度予算ではこの特例を米政府とのFMS調達にも適用することが盛り込まれています。

 IMG_8669.JPGFMSでのずさんな取引に会計検査院からも厳しい是正要求がされていることを示し、価格も納期も米政府次第という仕組みに問題があることを強調。

 さらにFMSは購入した兵器の維持管理も基本的に米国企業が行うために費用が高騰することも示し、長期契約の特列を引き続き行うことは予算の硬直化が進み、軍事費の拡大につながるとして延期の中止を求めました。

 終了後、明日の外交防衛委員会の予算委嘱審査の準備と通告。辺野古軟弱地盤問題を取り上げます。

 明日の午前中はODA特別委員会の予算委嘱審査、午後は外交防衛委員会で特定防衛調達特措法でそれぞれ質問。明後日は外交防衛委員会の委嘱審査で質問。今日は三つの質問の準備と通告に追われました。

 今日の予算委員会は安全保障・内外の諸問題で総理出席の集中審議。15時前から、辰巳議員の森友問題、統計偽装問題、仁比議員の真毛島の基地化問題での質問を応援傍聴。今日は森友問題の籠池夫妻が委員会室に傍聴に来ており、マスコミも注目でした。

 夕方には通告し、夜は議員団会議。宿舎に帰って、さらに明後日の質問の準備です。

 IMG_8630.JPG富山駅前のホテルに泊まり、県議選告示を目前にして、富山市内の二つの演説会で青山良介参院選挙区予定候補と共に訴えました。午前中は旧府中町で吉田修予定候補(前市議)と、午後は火爪弘子県議と勝利を呼びかけました。

 国政ではこの間、安倍政権のモラル崩壊のもとでウソと隠ぺい政治が大問題になってきましたが、それに負けていないのが富山の自民党。この間、県議会や富山市議会などでの政務活動費の不正が問題になってきました。

 多数の議員辞職で補欠選挙も行われましたが、最近も現職富山市議会議長が書類送検になって辞職し、次の議長もすぐに辞職するという有様。ところが何の反省もなく、自民党を離党した県議が今回は再び公認で出るなど、定数11の富山市一区では平成で最高の九人を公認し、富山市二区では定数三の引き続く独占を狙っています。

 19.3.17火爪.jpg私は、「反省しない点でも安倍政権と同じ。関西ではこういうのをド厚かましいといいます。有権者をなめるなと言いたい」と強調。国会で富山でも不正を厳しく追及してきた日本共産党の活動を紹介し、日本共産党の躍進でウソと隠ぺい不正の政治にサヨナラの審判を下そうと呼びかけました。

 さらに消費税や憲法問題、日本共産党の県議の値打ちなどお話し。熱い声援のあった演説会でしたが、外に出ると真冬の寒さ。でも会場近くの河畔の桜のつぼみは膨ら見始めており、春は確実に歩みを進めています。政治にも春を! と思いながら、新幹線で東京へ。

 今週は火、水で三回の質問になります。

 来週は月~水の間に予算委、外防委、ODA特で四回の質問が予想されていたので、今日は質問準備に集中する日に当ててありました。予算委は、統計不正問題での新たな参考人出席が実現したので急遽辰巳議員に交代。それでも三回の質問があります。

 土曜の議員会館は電話もかかってこず、集中して準備ができます。秘書と共に二つの質問原稿はほぼ完成。夕方の新幹線で、明日の演説会に備え富山へ。富山駅に降りると寒いこと。まだ冬ですね。

  三重県鳥羽市で12日、市議会総務委員会で「核兵器禁止条約に署名・批准を求める請願」が全会一致で採択と戸上健市議のFB 。同市は先日、演説会で訴えたばかり。戸上さんに「おめでとうございます」とコメントを送ると「講演での井上さんの核兵器廃絶への切々たる訴えが、みんなの心に響きました。そのおかげです」との返事。嬉しいなあ。。

 19.3.18 本会議③.jpg参院本会議で、自衛隊の装備品の調達費用の支払期間を最長10年にできる措置の延長などを盛り込んだ法案について質問。

 来年度予算では、価格も納期も米国次第というFMS調達での米国製兵器の購入にもこの長期契約を行うこととされています。将来の軍事費の先取りは国会の予算審議権を侵害するものです。

 かつての侵略戦争で、戦費調達のために予算単年度主義の例外とし、大量の国債を発行するなど国家財政と国民生活を破綻させた痛苦の経験から定められた財政民主主義の原則に反するものだとただしました

  午後から、三つのレク。京丹後市の米軍Xハンドレーダー基地の米軍人・軍属による交通事故についての照会に米軍が昨年二月以来応じていない問題で防衛省から、FMS調達の問題で会計検査院、防衛省からそれぞれレク。

 その後、予算委での山添議員の質問を応援傍聴。

野党国対/予算委

 午3.14NHK.jpg前中に参院野党国対委員長会談に出席。実質賃金の伸び率の資料や辺野古の設計変更に関する資料の提出を強く求めることなど確認。

 18日には毎月勤労統計調査の調査方法の在り方有識者検討会の阿部座長らを参考人として招致し予算委集中審議を行うことになりました。

 引き続き予算委で倉林さんの年金問題、紙さんの農業とJR北海道問題の質問を応援傍聴。午後には外交防衛委員会の理事懇で来週の委員会質疑を確認。

 明日の本会議で、特定防衛調達特措法の質問に立つため、今日は原稿の仕上げに追われました。

ページ最上部へ戻る