活動日誌

ホーム の中の 活動日誌 の中の カテゴリを追加 の中の 党・後援会

「党・後援会」の記事

 東京を夕方に出て京都に帰り、マスコミのみなさんと党京都府委員会の新役員との懇親会に参加しました。毎年、府党会議の後に行ってきましたがコロナ禍などもあり、七年ぶりの開催となりました。 

 京都市長選のこと、総選挙の見通しから共同親権法案のことなど、様々な話題で意見交換ができました。 もちろん、会費制です。

 10時からの本会議で、選挙制度・政治倫理特別委員会を政治改革特別委に名称・目的を変更することを決めました。裏金問題を受けて政治資金規正法の改正を議論することになりますが、その前提は真相の徹底解明。関係者の証人喚問や、政治倫理審査会への裏金議員全員の出席を求めていきます。

 その後、来週水曜日の本会議で審議入りする経済秘密保護法案の論戦準備のため、内閣府からレク。午後は第12回選挙制度専門委員会の参考人質疑。竹中治堅・政策研究大学院大学教授と中北浩爾・中央大学法学部教授の二人の参考人から意見を聴取した後、質疑を行いました

二中総閉会

 昨日に続いて第二回中央委員会総会に出席。活発な討論が行われ、田村委員長が幹部会を代表して結語を行い、「支部・グループのみなさんへの手紙」を討論を踏まえての補強を提案。「手紙」、提案・報告・結語を全会一致で採択しました。

 この間迎えた新しい党員が支部に活気をもたらしていることや民青同盟が昨年以上の勢いで前進していることが印象的でした。結語では改めて能登半島地震での現地党組織の奮闘や急逝された山村静岡県委員長についても触れられました。

 終了後、議員会館に行き、資料整理など。今週は火曜日に内閣委の一般質疑があり、9日の衆院本会議で参院に送られてくる経済秘密保護法案の論戦準備をすすめます。

 千鳥ヶ淵.jpg今日、明日は党本部で第二回中央委員会総会。志位議長が開会の挨拶を行い、田村委員長が「支部・グループのみなさんへの手紙」について提案しました。総会で採択される文書はこの手紙だけ。党大会決定の読了・討議と具体化が進めることが必要だからです。

 大会決定を受け、「新たな大会期を党づくりの交代から前進への歴史的転換を果たす大会期」にするためのこの間の取り組みと自民党政治の末期症状の下で、新たなチャンスを切り開ていることが討論の中で大いに語られ、決意を固めあいました。

 党本部に行く前に桜満開の千鳥ヶ淵を歩きました。例年は三月末が満開のため、年度末の国会日程が忙しくて足を運ぶことができませんでした。今年は開花が例年よりかなり遅れたため、初めて満開の千鳥ヶ淵を訪れることができました。

 朝の9時でも大勢の人出。お昼には身動きできないほどの人になりそうです。

 井上4.JPG東京を朝出て新潟県柏崎市と見附市の「春のつどい」でお話しました。国民の怒りの声が裏金自民党を追い詰めていることを紹介。能登半島地震で原発の危険性と避難計画の破綻が明らかになったにも関わらず経産大臣が県知事に対し直接、柏崎刈羽原発の再稼働を要請したことを批判しました。
 今日付けの赤旗日曜版一面に、「訪問介護消滅の危機」と大見出しを掲げ、新潟県津南町のヘルパーの方が登場していることを紹介。岸田政権による訪問介護の報酬引き下げが小規模事業者の倒産や休廃業を加速させ、在宅の高齢者の命綱がなくなると報道しています。財界の要請にこたえて法人税減税は広げる一方で社会保障を切り捨てる自民党政治の転換を呼びかけました。
 両会場とも市民と野党の共同に参加している県議や市議の方の挨拶やメッセージ紹介があり、見附市には立憲民主党の米山衆院議員のパートナーの室井佑月さんが参加して挨拶してくださいました。

 東日本大震災から13年目の今日、午前中は予算委員会に出席しました。13年前の今日も決済委員会の総括質疑で質問するために同じ第一委員会室にいました。とてつもない揺れがあり、委員会室のシャンデリアが今にも落ちてきそうなほど激しく揺れたために、慌てて椅子の下に身を隠したことを思い出します。

 揺れが収まった後、ただちに政府として対応する必要があり、委員会は途中のまま散会。議員会館に戻ってテレビを見ていると、大きな津波が被災地を襲う姿が映しだされ息を飲みました。やがて福島第一原発の事故発生のニュースが。この日から怒涛の日々がはじまりました。改めて犠牲者の皆さんへの哀悼の意を捧げます。

 明日は内閣委員会の大臣所信に対する質疑。質問原稿仕上げのために子ども家庭庁から学童保育につてレクを受け、午後にFAXで通告終了。

 IMG_4657.jpg京都を朝出て近鉄で三重県伊勢市へ。「新春のつどい」で中川民秀衆院4区予定候補や吉田紋華県議、楠木宏彦、川口浩両伊勢市議と一緒に訴えました。
 中川氏からは衆院4区の自民党の鈴木英敬衆院議員が公選法違反で書類送検されたことのお話がありました。鈴木氏は、前回衆院選挙の時に国の公共事業を受注している企業13社から約1000万円の受け取っており、党南部地区委員長も務める中川氏が刑事告発し、昨年5月に受理されていました。
 DSC_2716.JPG私は自民党の派閥パーティー券をめぐる裏金問題での国会での動きについてお話し、「国民の暮らしそっちのけで裏金作りをしていた自民党に怒りが沸騰している。企業が金を出すのは見返りを期待しているから。パー券を含む企業団体献金を禁止し、金で動く政治をなくそうという声を日本共産党の躍進で三重4区から示そう」と訴えました。
26歳の吉田県議は同市で訴えるのは初めて。入党や立候補の経緯と決意について述べ、県議会でジェンダー平等を求める質問や防災対策に女性などの多様な視点を反映できるよう取り組む決意を話しました。党大会でも若い世代の発言が圧巻でしたが、吉田さんの訴えに、参加者がまぶしそうに聞きいっているのが印象的でした。
 楠木、川口両氏からは市役所支所や文化施設の統廃合の動きや水道水のPFAS汚染などについて市政報告がありました。
 IMG_4660.jpg終了後、入党相談会。労働組合役員時代も地域でもいっかんして支援して下さってきた70代の男性に呼びかけましたが決意には至らず。引き続き地域支部の皆さんに呼びかけてもらいます。
相談会の後に中川氏、両市議とパチリ。吉田県議がご一緒できなくて残念。昼食は宇治山田駅の近くで、「伊勢市民のソウルフード」と紹介されていた唐揚げ丼。ボリュームたっぷりでした。伊勢市は沢村栄治の出身地。駅前には高々と足を上げた投球フームの銅像があり、歩いて5分くらいのところに生家の跡があります。

 小池書記局長が出演したNHK日曜討論を見た後、近所の中学校で京都市長選挙の投票。「福山和人」としっかり書いて投票箱に入れました。 

24.2高浜市.jpg午後に愛知県高浜市の「新春のつどい」へ。しばぐち征寛市議と共にお話しました。昨年4月に初当選のしばぐち議員は同市で4月から実施された「パートナーシップ宣誓制度」の第一号です。初当選以降の市議会の報告とともに、台湾出身のパートナーの劉さんと同性婚が法制化された台湾で結婚したことや全国のLGBTの地方議員の活動の報告もあり、日本でも同性婚の法制化の実現へ地方議会から声を上げていきたいとのお話もありました。
 この写真は劉さんが撮ってくれたもの。台湾国籍なので日本共産党には入れませんが西三河の地域での真ん中世代の日本共産党支持者の活動について報告してくれました。
 党大会でも実感した、多様で誰もが自分らしく生きられる社会へ向けた党の活動の発展。もっともっと広げたい。

京都に戻り、20時すぎに「つなぐ京都」の選挙事務所へ。みんなで開票見守っています。なんとしても勝利を!

 

23.1.20相楽新春の集い.jpg かみじょう亮一衆院京都六区予定候補と京都府南部で活動。まずは木津川市・相楽郡の新春の集いで3/24投票で選挙のある南山城村の齋藤和憲、鈴木かほる両議員と訴え。
八幡市に移動し、五人の市議団との街宣と能登半島地震募金活動。さらに同市男山北の新春の集いであいさつと続きました。
23.1.20八幡街宣.jpg 党大会の報告、能登半島地震、起訴された自民党裏金問題でと徹底解明など話したいことは一杯です。

 第29回党大会が終わりました。10回続けての参加でしたが、歴史的大会となりました。被災地での奮闘、ASEAN訪問、LGBT当事者、青年など多彩な発言で、自民党政治を終わりにして新しい政治を実現する、強大な党をつくる方針を練り上げて決めました。

 新しい中央委員の選挙が行われ、第一回中央委員会で中央委員会議長に志位さん、委員長に田村さん、書記局長に小池さん、さらに6人の副委員長を選出。その後、幹部会、常任幹部会を選出し、山添さんを新しい政策委員長に。不破さんは中央委員を退任されました。

 大会が再開されて新中央委員が壇上に並んで総会。党の102年の歴史で初めての女性委員長に大きな拍手が。最後に志位委員長が閉会挨拶。「民主集中制が発揮された大会となった」との言葉にも、不破さんをねぎらう言葉にも大きな拍手が起こり、総選挙勝利、強大な党つくりへの決意を固めました。

 終了後、山を下りて、東京へ。さあ来週から通常国会。24日にちには能登地震問題での予算委の閉会中審査の質問に立ちます。

 23.1.16野国.jpg党大会2日目ですが、26日からの国会召集を前に参院の共産、立憲、維新、国民の国対委員長会談が開かれるため国会へ。会談では24日に衆参予算委で能登震災集中審議を合意したことなどの報告が立憲からありました。
 私は「臨時国会終了後に裏金問題で三人もの閣僚が辞任するなど政権の存立が問われている政治とカネの問題で審議なしに予算審議に入れない」と提起。立憲からは同様の考えで冒頭での質疑を与党に求めているとの発言がありました。
 終了後、熱海の党大会へ。15時ごろに会場に入ると埼玉の青年学生担当の代議員の発言。その後も青年の発言が続きました。民青同盟の年間拡大目標を超過達成し、大きく前進させている経験を生生くし語り、躍進への大きな確信を持った発言に感動しました。
 夜は北陸信越ブロックの代議員交流会と京都の代議員交流会をはしご。皆さんから大会の感動と決意がこもごも語られました。
1  2  3  4  5

ページ最上部へ戻る