活動日誌

ホーム の中の 活動日誌 の中の 演説会・選挙応援

「演説会・選挙応援」の記事

 正午から憲政記念館で、参院議長主催の「母国訪問海外日系人歓迎パーティー」。

 一言挨拶した後、偶然話しかけてこられた方が広島国泰寺高校の先輩で、弟さんが同級生だとわかりびっくり。こんなことがあるんですね。

新潟日報.jpg 京都にとんぼ返りし、京都二区の選挙報告集会に参加。ちさか候補の健闘をねぎらいつつ、選挙戦で得た財産や、共同を広げながら党の前進を勝ち取る上で強化、改善すべき点について感じていることをお話ししました。

 民進から誰も希望に合流せず、野党共闘が大きな力を発揮した新潟では六つの小選挙区のうち、党の立候補は一つだけ。比例の支持を拡大するうえで非常な困難な条件がありました。しかし、前回の比例票と比べて全国で最も減少率が低いのが新潟県で1.8ポイント。

 二区報告集会.jpg逆に京都は前原氏の地元で六つの選挙区すべてで希望が立候補し、わが党もすべて立てました。宣伝カーの台数など選挙戦の物理的条件は新潟より格段に大きかったのですが、比例の減少率は4.5ポイント。

 様々な要因があると思いますが、実感していることの一つに「日本共産党が伸びれば市民と野党の共同が前進する」という訴えが有権者にどれほどの実感を持たれたのか、という問題。

 『新潟日報』は開票翌日に「野党共闘の効果証明」と大見出しの記事を書きました。翌日の『新潟ショック再び』という連載記事の見出しは「共闘効果 民進系の苦境 共産救う 組織力で貢献 路線継続も」というもの。

 日本共産党が市民と野党共闘前進の中心的役割を果たしていることが一般紙でも明確にされ、有権者にも実感されやすくなっていたのが新潟県です。

 一方、京都では、全く状況が異なっていたわけで、結論は、「日本共産党の躍進が共闘前進のカギ」て同じであっても、語り方には相当の工夫が必要でした。

 私自身も京都、新潟を含む10府県で訴えましたが、それぞれの事情に合った内容になっていたのか、自己点検が必要だと思っています。

 財産も教訓も多かったこの選挙。大いに議論して、強化・改善方向を明確にし、捲土重来を期したいと思います。

 浅尾.jpg川合.jpg

 

 

 

 

 豊橋駅前のホテルを出て、JR飯田線で40分。愛知県新城市議選の告示第一声で訴え。前回トップ当選で空白を克服した浅尾洋平議員。新人の川合まもるさんと共に議案提案権を持つ二議席をめざします。

 浅尾議員は、議会の情報公開を強く求め、本会議質問数はトップ、国保税の引き下げなど住民と共に実現してきました。この力を二倍に! 

 衆院穀田万歳.jpg選の投開票日。20時過ぎに倉林さんと共に京都一区の穀田候補の選挙事務所へ。小選挙区の勝利には至りませんでしたが、比例で九期目の当選。みんなで万歳しました。

 続いて二区の、ちさか候補の選挙事務所へ。前原氏の選挙区として全国注目となりました。ちさか候補の健闘をねぎらい、新たな戦いへの決意を固めました。

 まだ、結果は出ていませんが、残念ながら比例は後退になるようです。今、沖縄一区の赤嶺さんに当確出ました。引き続き開票を見守ります。

 

寺泊.JPG 富山を朝出て新潟二区へ。五十嵐たけひこ候補と4カ所で街頭演説会。冒頭、司会者から2つのメッセージの紹介がありました。自由党の森裕子参院議員からの日本共産党の比例躍進への期待と、米山知事からの西沢比例候補への期待です。野党統一で2連勝した新潟から共闘勝利、比例躍進で安倍政権にサヨナラを! と訴えました。

 最初の場所は寺泊の「アメ横」で海産物のお店がずらり並ぶところ、全国から観光客が来られます。三番目の弥彦神社も遠くから参拝者があり、演説に大きな拍手をしてくださった年配男性のグループは長野県の佐久市の方々でした。

 全国どこでも、比例は日本共産党へ!

 IMG_2422.JPG京都を朝出て富山市へ。まずは、富山二区の富山市府中町、魚津市で街頭演説会。ここは、社民党の山崎あきら候補を統一候補として日本共産党が支援。三区では日本共産党の坂本候補を社民党も支援しています。比例は日本共産党、小選挙区は山崎さんと訴えました。

 続いて富山一区へ。富山駅前での街頭演説会。青山りょうすけ一区候補と共に訴えました。「オール富山市民連合」の皆さんがのぼりを立てて聞いてくださいました。夕食後の青山候補の地元での個人演説会で訴え。ここも市民連合の方が弁士に立ってくださいました。

 新しい共同が広がっています。ここにこそ、真の希望がある。

 

愛知四区.jpg 名古屋駅前のホテルを出て、愛知四区で日本共産党の西田とし子候補と朝から15時まで名古屋市南と熱田区で街頭宣伝。

 四区は市民と野党での共同行動や協議が積み重ねられてきました。ところが民進党の前職が希望に合流。市民からは怒りと共に、安保法制廃止、立憲主義回復の願いを託せる候補がいなうという声が上がり、西田さんが立候補。大いに歓迎され、市民アクションや社民党、新社会党、緑の党の支援を受ける共同候補となりました。

 宣伝行動にはママの会のメンバーも独自のプラスターを持って参加してくれるなど、共同の広がりを感じました。

 ある交差点でが街宣で、「迷っている」と遠くで街宣を聞いていた二人連れに終了後、スタッフが声をかけると「決めました」と言ってくれたそうです。安倍政治に審判下すには、どの党、どの候補が一番の力になるか、多くの人が迷い、最後まで検討しています。

 これからが勝負と改めて実感。

 曽我さん.jpg名古屋駅前のホテルを出て、7:00初の特急で木曽福島へ。ここから車で長野5区に入り、冷たい雨の中、ながせ由希子比例候補と共に4カ所で街頭演説会。ながせさんは党県委員会書記長、長野一区で候補者活動を続けていましたが、市民と野党の統一候補実現のために立候補を辞退。

 「私は、市民と野党の共同で安倍政権を終わらせるために立候補を辞退しました。共同の立場でぶれない日本共産党がのびてこそ、共同をもっと強くし、広げられます」との訴えに説得力があります。

 伊那市のアピタ前には市民と野党の統一候補の曽我逸郎さん(伊那谷市民連合代表、元中川村村長)が駆けつけ「安倍政権・小池新党に立ちはだかる」と決意を訴えられました。

 

 

 鈴木ちか.jpg東京を朝出て静岡市へ。雨の中、静岡1区の鈴木ちか候補と2ヵ所で街宣。終了後、愛知県に移動し、12区の岡崎市で宮地いさお、14区の蒲郡市で金原のぶゆき、13区の刈谷市で下島良一各候補の個人演説会で訴えました。

 夜は京都に移動し、大山崎町と向日市で京都3区の金森とおる候補の個人演説会。有権者、とりわけ無党派の皆さんは、安倍批判を強めつつ、どこに入れようか迷い、吟味している。これからの活動が勝負。共闘勝利、日本共産党躍進をと訴え。

 IMG_2387.JPG高崎駅前のホテルを7時に出て福井2区へ。さるはし巧補と共に鯖江市と越前市で街頭演説会。ここ2区でも初めて社民党からの支援をいただいています。共闘にこそ本物の希望がある。共闘勝利、比例は日本共産党へと訴えました。

 終了後金沢市へ移動。武蔵前で藤野保史比例候補、黒崎きよのり1区候補と共に街頭演説会。立憲民主党県支部準備会の粟森元参院議員も弁士に立って下さいました

 IMG_2392.JPG前回、北陸信越の空白を克服し初当選した藤野さん。志賀原発の廃炉を求めた論戦等紹介した演説は党議席の力を見事に示すもの。今度は必ず二議席にと強調しました。

 その後、黒崎候補とともに三カ所で街宣。東京に戻りました。

  IMG_2309.JPG 今日は朝から、京都二区のちかさ候補者カーと京都一区の政党カーで16カ所の街頭演説。、夜は京都二区の左京区上高野の演説会で訴えました。途中、一区の穀田さんの選挙事務所に小沢一郎氏が激励の挨拶に来られるというニュースが。

 市民と野党の共闘の立役者である、穀田さんには社会党本部、新社会党府連からの支援が届いています。なんとしても勝利を

 二区は民進党の前原氏の選挙区。「ちさかさん勝ってほしい、日本共産党伸びてほしい」と、選挙事務所に飛び込みでボランティアの申し込みが次々とあるとのこと。嬉しいことです!

 

岡谷①.jpg 岡谷市内で長野四区のもうり栄子候補の第一声。野党統一候補として決めて頂いた四区市民連合や社民党からも応援弁士に立ってくださいました。事務長は木島日出夫元衆院議員。最強の布陣です。

 市民と野党の共同の勝利、日本共産党の躍進で安倍政権さようならの審判を! と熱気であふれました。ガンパローを三唱して出発。続いて下諏訪町でも第一声を行い、ここにもたくさん集まっていただきました。

 下諏訪⇒塩尻⇒名古屋とJRを乗り継いで岐阜市へ。やまこし比例候補とともに政党カーから3ヵ所で訴え。岐阜1区は元民進党の吉田候補が無所属立候補となり、市民と野党の共同を前進させる立場から、直前にやまこし候補が立候補を辞退。吉田候補を支援することになりました。

 ぶれずに市民と野党の共同で政治を変える日本共産党の立場をお話ししながら、この間の党首討論で明らかになった選挙戦の構図と争点について訴え。

 途中、原発事故で国と東電の賠償責任を認めた福島地裁の勝利判決のニュースが。早速、「原発再稼働のために、補償を打ち切り福島事故を終わったことにする安倍内閣は許せない。希望の党も再稼働容認。原発ゼロの願いは日本共産党へ」と呼びかけました。

 終了後、京都へ。明日は終日、京都で活動です。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページ最上部へ戻る