活動日誌

ホーム の中の 活動日誌 の中の 演説会・選挙応援

「演説会・選挙応援」の記事

 19.3.24 なむら.jpg今日は京都市右京区➝亀岡市➝宇治市と演説会や事務所開きを駆け巡って挨拶をしました。右京区ではも福山和人・元知事候補の応援を受け、かみね史郎府議、山田こうじ市議と共に訴え。

 亀岡市の府議予定候補の、なむら活代・元市議は、広島出身で、「京都・平和を願う広島県人会」でご一緒しています。
被爆者の平和の願いが刻み込まれた憲法九条の改悪許すなの願いは党派を越えて、なむらさんへと呼びかけました。

 地方選の応援に行くと、どこでも日本共産党の議員の奮闘ぶりを聞くことができますが、今日もとても確信になりました。

 宇治市は前回選挙で定数28で7人当選し、6人の自民党をぬいて議席でも得票でも第一党。宮本しげお議員の事務所開きでは宮本議員も、水谷修府議予定候補(市議)も議員団の実績を紹介していました。

 「暑さ・寒さに耐えるのも教育」という教育委員会と大論争をして小中学校へのエアコン設置を実現。「統廃合の将来計画がある学校の耐震補強は行わない」との当局に対し「教育環境に差別があってはならない」と論争して耐震補強を実施。

 「くさい、汚い、暗いの3Kトイレ」の改修を進めさせる中、同様に「統廃合計画のある学校は改修しない」というのを、トイレの写真をパネルにして示して論戦し、他会派の共感も広がる中で来年度予算に改修費を計上。さらに、「愛情弁当」論をうちやぶって、中学校給食導入をついに約束――などなど。

 住民の皆さんの運動と日本共産党の論戦、第一党の力が結びつき、最初ややらないといっていた当局や与党の態度を変えさせて実現しています。さすがです。

 自民党は今回、現有6に対して8人を公認し、「第一党を奪還する」としています。まさに自共対決。大激戦の中、自民党を落として日本共産党が第一党を維持することは、暮らしを守る力を大きくし、消費税増税ストップの大きな力になります。

 絶対に負けられないたたかいが、そこにある!

 IMG_8742.JPG京都を朝出て愛知県へ。まずは春日井市での演説会に須山初美さんと一緒に参加。前回、わずかな差にまで迫った定数4の県議選に市議36年の内田けんさんが挑みます。後半戦の春日井市、豊山町の候補の皆さんと共に全員勝利をめざします。

 春日井、小牧市、豊山町の交わるところに県営小牧空港と三菱重工小牧南工場があります。先日、外交防衛委員会で同工場を訪れ、F35A戦闘機の組み立ての様子などを視察したことも紹介し「トランプ政権いいなりの米国製武器爆買いをやめ、暮らしや福祉にもっと予算を」と訴えました。

IMG_8752.JPG 続いて名古屋市瑞穂区の決起集会。定数3の市議選で同区初の日本共産党の議席誕生の絶好のチャンスと報告があり、民商事務局長など中小業者を守って30年の経験を生かすおぜき雅美さんが決意表明をされました。

 最後は全員でガンバロー三唱。

 京都に帰るために名鉄の駅に送ってもらったところで、スマホを会場に忘れたことに気づきました。あ~、またやった。なんとか、連絡を取り、持ってきてもらい、ご迷惑をかけました。

 これから、選挙に入るとスケジュールがタイトで、慌てて会場を出たりする時に忘れ物に要注意です。

 IMG_8695.JPG今日から統一地方選が始まりました。まずは道府県知事選挙の告示。私は三重県津市で、鈴木加奈子県知事候補の第一声に参加しました。

 消費税増税を必要だといい、被爆者国際署名も拒否する現職。鈴木さんの勝利で、憲法を活かし平和・くらし・命第一の県政を!

 その後、京都に帰り、京都市左京区➝右京区➝八幡市➝京田辺市と駆け巡りました。

 八幡市.jpgいずれも大激戦。左京区では労働者後援会から梶川京都総評議長、河口京教組委員長の応援を受け、光永府議、富樫市議と共に街頭から訴え。右京区では島田府議、堀市議とともに演説会でお話ししました。

 八幡市で森下府議、八幡市議団と、京田辺では塩貝府議予定候補(元京田辺市議)、青木市議団長と街頭から訴えました。

 心地よい疲れの中、東京に戻っています。明日は、昨日やるはずだった辺野古問題の質問です。

 IMG_8630.JPG富山駅前のホテルに泊まり、県議選告示を目前にして、富山市内の二つの演説会で青山良介参院選挙区予定候補と共に訴えました。午前中は旧府中町で吉田修予定候補(前市議)と、午後は火爪弘子県議と勝利を呼びかけました。

 国政ではこの間、安倍政権のモラル崩壊のもとでウソと隠ぺい政治が大問題になってきましたが、それに負けていないのが富山の自民党。この間、県議会や富山市議会などでの政務活動費の不正が問題になってきました。

 多数の議員辞職で補欠選挙も行われましたが、最近も現職富山市議会議長が書類送検になって辞職し、次の議長もすぐに辞職するという有様。ところが何の反省もなく、自民党を離党した県議が今回は再び公認で出るなど、定数11の富山市一区では平成で最高の九人を公認し、富山市二区では定数三の引き続く独占を狙っています。

 19.3.17火爪.jpg私は、「反省しない点でも安倍政権と同じ。関西ではこういうのをド厚かましいといいます。有権者をなめるなと言いたい」と強調。国会で富山でも不正を厳しく追及してきた日本共産党の活動を紹介し、日本共産党の躍進でウソと隠ぺい不正の政治にサヨナラの審判を下そうと呼びかけました。

 さらに消費税や憲法問題、日本共産党の県議の値打ちなどお話し。熱い声援のあった演説会でしたが、外に出ると真冬の寒さ。でも会場近くの河畔の桜のつぼみは膨ら見始めており、春は確実に歩みを進めています。政治にも春を! と思いながら、新幹線で東京へ。

 今週は火、水で三回の質問になります。

 来週は月~水の間に予算委、外防委、ODA特で四回の質問が予想されていたので、今日は質問準備に集中する日に当ててありました。予算委は、統計不正問題での新たな参考人出席が実現したので急遽辰巳議員に交代。それでも三回の質問があります。

 土曜の議員会館は電話もかかってこず、集中して準備ができます。秘書と共に二つの質問原稿はほぼ完成。夕方の新幹線で、明日の演説会に備え富山へ。富山駅に降りると寒いこと。まだ冬ですね。

  三重県鳥羽市で12日、市議会総務委員会で「核兵器禁止条約に署名・批准を求める請願」が全会一致で採択と戸上健市議のFB 。同市は先日、演説会で訴えたばかり。戸上さんに「おめでとうございます」とコメントを送ると「講演での井上さんの核兵器廃絶への切々たる訴えが、みんなの心に響きました。そのおかげです」との返事。嬉しいなあ。。

IMG_8591.JPG京都府宇治市での水谷修府議予定候補(市議団長)の事務所開きに倉林参院議員とともに参加し挨拶。
 宇治市は戦前、治安維持法に反対して右翼に刺殺された山本宣治の地元。「安倍総理は市町村に自衛官募集名簿を出させるため九条改憲が必要だと述べた。人権や地方自治の上に軍が君臨した山宣の時代に戻すような改憲にノーの声を示そう」と訴えました。

3日DSC_0110.JPG 長野駅近くのホテルに泊り、午後から上田市、佐久市での演説会に長瀬ゆき子参院選挙区候補と共に参加しました。上田市では高村京子県議、佐久市では藤岡ひであき県議の勝利と、後半戦での全員勝利を訴えました。

 日本共産党は現有八から十人以上の県議団の実現をめざす一方、自民党が県議会過半数をめざして自民党籍をもった新人の立候補者を増やす中で両市とも大激戦になっています。

 佐久市.jpg「嘘と隠ぺい、大増税と改憲の安倍暴走政治を地方から推進し、自民党政治を地方政治にさらに持ち込む企みを許さぬ選挙だ」と強調。県議団のこの間の実績を紹介しながら、「国政でも地方でもぶれずに自公政治と対決し、共同貫く日本共産党の県議選での勝利と参院選での連続勝利で、安倍政権にサヨナラの審判を下そう」と呼びかけました。

 終了後、新幹線で東京に向かっています。今、軽井沢駅。雪がちらついています。

DSC_0179.JPG 京都を朝出て、名古屋から高速バスで演説会が開かれる長野県飯田市へ。水野ちかあき県議予定候補、長瀬ゆき子参院選挙区予定候補、後半戦の町村議候補の皆さん、小林県議団長と一緒に訴えました。

 前回大健闘した水野さん。今回は隣の選挙区と合区され、定数が三から四になり八人が立候補予定の大激戦であり、絶好のチャンスです。

 この四年間、地域を回り、党の地区委員長として奮闘してきました。一昨年の衆院選挙では小選挙区予定候補でしたが、立候補を辞退して共同候補の支援に全力を挙げました。

 暮らしを守り、共同の前進に献身的に奮闘してきた水野さんを今度こそと会場からあふれんばかりの参加者。水野さんの挨拶にもたびたび声援があり。なんとしても押し上げようとの熱気に溢れました。

 私は昨日の未明、統計不正問題の解明に背を向けたまま衆院本会議で予算案採決を強行した自公暴挙を厳しく批判し、安倍内閣サヨナラの審判を連続選挙で示そうと訴えました。

52876791_382078465955060_1487354080912211968_n.jpg 東京を朝出て上越新幹線で新潟県へ。田上町の「新春のつどい」、長岡市での小池書記局長を迎えた大演説会で訴えました。
 まずは、燕三条駅で降りて車で田上町へ。同町でお話しするのは初めて。昨年の町議補選で当選して空白を克服した高橋ひであきさんを統一地方選で再び押し上げ、連続する参院選での勝利をと35分間お話ししました。

 第二部で勇壮な太鼓の演奏を堪能しながら昼をいただいた後で、車で一時間半走って長岡市へ。

 長岡市.jpg会場一杯の参加者に、私はこう訴えました。

 統一地方選後半戦ではたくさんの市議選がたたかわれますが、四年前の告示日は希望して長岡市議選の第一声に参加しました。一週間前の県議選で福祉・医療の第一人者として大活躍していた竹島県議の議席をわずか二百数十票差で失ったからです。

 このショックを乗り越え、市議選で四人全員当選を果たし、四年後に必ず取り戻そうと訴えたことを覚えています。ついにその時がやってきました。竹島さんの日赤病院の後輩で、総婦長を務めた、遠藤れい子さんという跡継ぎとして最適の素晴らしい候補も得ました。

 ただ四年という時間が過ぎたのではなありません。この間、市民と野党の共同の画期的前進を勝ち取りました。今日の演説会では自民党の森裕子参院議員の新潟事務所長の廣川所長が来賓として参加し、「まるで同志のよう」と挨拶してくださいました。菊田真紀子衆院議員、磯田長岡市長からのメッセージも披露されました。四年前には想像もできなかったことです。

 日本共産党は、共同の前進のために献身的に努力し、新しい絆と信頼を得てきました。今度の選挙で日本共産党の県議、市議候補全員当選は、参院選挙でのいっそうの共同の前進を作り出し、長岡から安倍政権サヨナラの審判を下す何よりの力です。私も比例候補として全力をあげます。

 ガンバロウ!

終了後、東京へ。久しぶりにプールでひと泳ぎ。爽快。

IMG_8536.JPG京都を朝出て三重県へ。午後から、伊勢市の新春のつどいと鳥羽市での演説会。伊勢市では中川たみひで参院選挙区予定候補、鈴木tかなこ知事予定候補と共に訴えました。

 伊勢市では二月初めに滋賀県饗庭野演習場での日米共同訓練に参加した米軍オスプレイが明野駐屯地を整備拠点として使用し、現地では抗議行動が行われました。

 空母化された護衛艦「いずも」が空爆に発進する米軍の給油に使われる問題をただした先日の予算委の論戦を紹介し、日米軍事一体化の一環だと強調。「戦争する国づくり」ストップを訴えました。

 続いて鳥羽市へ。統一地方選で戸上健市議に加え、新人の島田とおるさんを擁立し複数議席をめざします。複数立候補は20 年ぶりですが、前回は一議席にとどまりました。

 同市で国会議員参加の演説会を開くのは、その選挙の際に瀬古ゆき子さんを招いて以来で、20年ぶり。もちろん私にとっても初めてです。戸上さんは実績抜群で、毎回の議会質問、毎月の議会報告を続けてきました。複数議席になれば、さらに住民の暮らしに役立つことができ、国の政治にもしっ借りものをいうことができます。

 今後こそ複数議席実現、参院選勝利で暮らし守り、安倍政権サヨナラを!

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページ最上部へ戻る