活動日誌

ホーム の中の 活動日誌 の中の 演説会・選挙応援

「演説会・選挙応援」の記事

 昨日投開票された中間地方選挙。応援に入った三重県いなべ市、富山県滑川、射水両市、京都府京丹波町の結果が気になり、夜遅くまでネットでチェックしていました。

 結果は、いなべ市は、現職の岡つねかず、衣笠民子両氏がそろって当選。滑川市は現職の古沢としゆき氏は当選しましたが、新人の柴田たかみつ氏は次点で届かず。射水市は現職の根木たけよし氏が当選。京丹波町は定数3減の下、現職の東まさこ、山田ひとし両氏は当選しましたが、新人の中井幸一氏は届きませんでした。

 総選挙から休む間もなく選挙を戦われた候補者や党員、後援会員の皆さんの奮闘に頭が下がります。ありがとうございます。お疲れ様でした。

 明日投票で二つの市議選挙がたたかわれている富山市。午前中は滑川市議選の応援。5期20年の現職、古沢としゆき候補、医療・福祉37年、県労連事務局長もされた新人の柴田たかみつ候補と共に街頭から訴え、アナウンスもやりました。

 厚生連滑川病院が再編統合の対象として名指しされてますが、昨日の政府のコロナ第6波対策でも再編統合、病床削減計画は撤回されずそのまま。「滑川病院守れの願いは日本共産党の古沢、柴田候補へ」と訴えました。

 午後は射水市議選の根木たけよし候補(現)の応援。射水市選出の津本二三男県議と力合わせ市民の願い実現に頑張る根木さん。住民の立場ではっきりものを言いしっかり働く議席を何としても押し上げてと訴えました。

  DSC_0543.JPG京都を朝出て、今日告示の三重県いなべ市議選の応援に行きました。日本共産党から現職のきぬがさ民子、岡つねかず両候補が立候補。一人はみだしの少数激戦です。
 きぬがさ候補の第一声で挨拶した後、岡候補、きぬがさ候補とそれぞれ街頭から訴えました。四人の子育ての経験を活かし、皆さんの願いを市政に届けてきたきぬがさ候補。
 きぬがさ民子.jpg介護体験を原点に高齢者,障がい者と家族の笑顔を目標にがんばる岡候補。必ず二人そろって押し上げてくださいと訴えました。近隣の自治体から党の議員の皆さんが応援にきています。ガッツポーズでパチリ。
 終了後、車で桑名駅まで送ってもらい、東京へ。少し時間の余裕があったので、お昼は「そうは桑名の焼き蛤」で有名な、焼き蛤をいただきました。美味。(*^^)v
 IMG_3345.JPG来週火曜日告示の京都府京丹波町議選の3候補に事務所開きに、四区候補で大奮闘した吉田幸一さんとともに参加しました。現職の東まさこ、山田ひとし両氏と新人の中井幸一氏。
 総選挙後の京都で最初の選挙。多くの新人をふくむ多数大激戦で、定数が16から13へと削減された中で現有3議席を確保することは議席増にも匹敵するもの。来年の知事選、参院選にむけて自力をつけていく重要な一歩になります。
 IMG_3352.JPGこの選挙で問われるのは、32億円の新庁舎建設のツケを住民に押し付ける町政に賛成する議員か、それとも無駄やゆがみをただしてツケ回しを許さず、住民の願い実現に頑張る議員か。
 現町長は庁舎建設費の削減を公約して当選しながら、高すぎる32億円の新庁舎を建設。町は広報10月で「選択と集中...経常経費の削減を図る」としています。新庁舎建設のツケを住民に回し、暮らしや福祉サービスの切り捨て、住民負担増を進めるものです。
 IMG_3355.JPG日本共産党はこれまで高すぎる新庁舎建設を追及してきた党として、住民へのツケ回しを許さず、暮らし・福祉を守るために全力をあげます。なんとしても日本共産党の3議席をと訴えました。
 251289868_605153090841171_6007557764794927409_n.jpg党京都府委員会の総選挙報告集会に参加しました。京都では大きな選挙の投開票日の翌日の夜に府委員会主催の報告集会を行うのが恒例です。渡辺府委員長の報告、ユナイト京都の代表の挨拶に続き私も一言挨拶。
 猛奮闘し各候補に青年たちから花束が贈られ、それぞれから挨拶。小選挙区の千坂、吉田、山内各氏、比例の武山さんに続き、最後に穀田さんが挨拶しました。各々から今度の選挙の中でかつてない新しい共同の輪が広がり、若い人たちからも大きな反応があったことが語られました。
 それだけに共闘の大義や魅力を国民の中に広く伝えきれなかったことが残念です。私もその点で力不足だったと挨拶で述べました。
 京都では、維新の大幅投票増の中でも、前回総選挙より府全体で比例票を伸ばしましたが、近畿で三議席以上に結び付けるにふさわしいものにはならず、一区での勝利もできませんでした。しっかり教訓を引き出しつつ、来春の知事選とそれに続く参院選挙で捲土重来を期すことを参加者の誓いとしました。がんばろう。
 開票日.jpg総選挙の投開票日。開票は、京都府委員会の事務所で倉林参院議員や府・市議、支持者の皆さんと見守りました。八時の段階で、赤嶺さんの小選挙区の当確が報道され拍手。NHKでは出口調査の結果として我が党の獲得議席は8~14とされました。
 後退などありないとと思っていましたが、残念ながら思うように伸びません。穀田恵二さんが一区で当選を果たせず、比例での当選が決まったのを受け、武山彩子比例候補とともに事務所に来て挨拶されました。
 「私の力不足で京都1区での当選はできませんでした。しかし、私は清々しい思いをしています。多くの方々と野党共闘による新しい政治の曙光が見えた選挙でした。世論と国民運動がある限り、私たちは常に前にすすめると思っています。市民連合と4野党の共通政策実現にこれからも国会で奮闘する決意です」
 北陸信越の藤野さんの議席、南関東の畑野さんの議席を得られなかったは残念でなりません。しっかりと教訓を引き出し、次の前進を作りましょう。
 唯生きる.jpg最終日は新潟市内を政党カーで回りました。8時から20時まで昼食休憩を挟んで乗りっぱなし。
 昼食で戻った県委員会にある書「唯生唯戦」(ひたすら生きひたすら戦う)は、山本宣治が亡くなる5日前に五泉市で揮毫したもの。胸に刻み、ひたすら「比例は共産党」と訴え抜きました。
「ゲリラ街宣」によるスポット演説は約30回(途中でわからなくなった)。暗くなってからは車の中から、「あなたの一票で政治が変わる」「比例は日本共産党へ」と信号待ちスポットをやりぬきました。
最終日.jpg藤野保史前衆院を必ず押し上げよう!
 21.10.29 小諸.jpg選挙戦もあと二日。今日、明日は予定を変更して、北陸信越ブロックでの藤野さんの議席押し上げのために入ることになりました。
 東京を朝出て長野県へ。長野3区の小諸、東御、上田各市の7ヶ所で、高村京子県議と共に日本共産党と野党統一候補の神津健候補の勝利を訴えました。
 冷たい風が吹く中、どこでも聴衆やスタンディングで集まって下さいました。今朝の「信濃毎日」に掲載された党の全面広告を「ご覧いただきましたか」と問いかけ、中身を紹介しながらお話ししました。
   
 演説後、当落線上にいる藤野さんを必ず押し上げるために「比例は日本共産党を広げ抜こう」とグータッチ。皆さん気合いが入ってます。
 IMG_3308.JPG告示10日目。あと3日です。東京を朝出て静岡市へ。静岡一区で鈴木県議、杉本、市議らと共にお昼をはさんで4ケ所で街頭から訴えました。比例東海ブロックは日本共産党の2議席目は当落線上の大接戦。静岡の島津元衆院議員を再び当選させるために「比例は日本共産党へ」と呼びかけました。
 3カ所目は各分野の後援会の皆さんとともにリレートーク街宣。6つの分野後援会の代表の皆さんが現場の実態と要求、日本共産党の躍進と政権交代への期待を語ってくださいました。その思いを受け止めてがんばります。
 続いて京都へ。静岡最後の街宣場所は国民民主党とぶつかってしまい、開始時間が遅れましたが、新幹線にはぎりぎり間に合いました。京都では京都3区の長岡京市内で武山彩子比例候補と共に2ケ所で街宣。「比例は日本共産党へ。小選挙区は政権交代の願いが生きる候補に。一区にお知り合いがある方はこくた恵二と広げてください」と訴えました。
 IMG_3337.JPG今日とりあげたのは、会計検査院の調査で「アベノマスク」などコロナ対策で政府が調達した布マスクが8300万枚、約115億円分も倉庫に保管され、保管料だけでね6億円もかかっていることが分かった問題。昨日の会見で官房副長官は「調達等に特に問題があったと考えていない」と述べており、まったく反省なし。政権交代でコロナ対策の抜本強化を訴えました。
 もう一つは地球温暖化と北海道の米に関する岸田内閣の認識です。今朝の東京新聞に麻生自民党副総裁発言の暴言と同じ日に、岸田総理が京都で「最近、米の品評会をやると、北海道が上位に食い込んでいる。間違いなく気候変動の結果だと思う」と麻生氏と同趣旨の発言をしたと報道されたことを紹介。
 「人類の危機である気候変動に全く危機感無し。品種改良など努力をしてきた農業関係者への侮辱。この政権に未来は任せられない」と政権交代を呼びかけました。京都の夜の街宣後、明日の長野入りのために東京に戻りました。
 21.10.27 長野.JPG公示9日目。名古屋駅前のホテルを朝出て、中央線で中津川まで行き、車で一時間の飯田市へ。長野5区の飯田市、喬木村、豊丘村の5カ所で和田明子県議と共に「比例は共産党、5区は野党統一候補そが逸郎さんを」と街頭から訴えました。
 早朝散歩をしてから7時にホテルの朝食会場に行くと、武田良介参院議員とバッタリ。解散以来なので「おひさしぶり」です。武田議員は今日は岐阜県で訴えるとのこと。お互いがんばろうエール交換。
 北陸信越の比例はどの世論調査でも藤野さんの議席は当落線上。暮らし、原発、人権と大活躍してきた藤野さんの議席を失うわけにいきません。「比例は共産党」と広げてくださいと訴えました。
 農村地域でもあり、麻生副総裁の「温暖化で北海道のコメがうまくなった」発言をとりあげ、「気候危機に対してあまりにも危機感がなく、品種改良など努力してきた農家の皆さんを侮辱するもの」と批判。「石炭火力発電を増設して温暖化対策に逆行、米価暴落対策としての余剰在庫の買い上げも拒否する岸田政権では、地球環境も農業も守れない」と政権交代を呼びかけました。
 最後の街宣場所の天竜峡は長野県の南端に近い当たり。そこから車で上諏訪駅まで送ってもらい。特急で新宿に向かっています。少し時間があり、「1日1万歩」のためにホームを歩くところですが、今日は早朝と昼休み散歩でクリアできたので、駅のホームにある足湯につかりました。あ゛~気持ちいい。明日は東京を朝出て静岡➝京都➝東京となります。
前の10件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

ページ最上部へ戻る