活動日誌

ホーム の中の 活動日誌 の中の 演説会・選挙応援

「演説会・選挙応援」の記事

IMG_7297.JPG 愛知の阿久比町で開かれた党知多地区委員会の演説会で。ずらり並んだ、地区内の統一地方選候補者の皆さんと訴えました。

 これまでは強行採決した時「審議は尽くされた」と言ってきた与党ですが、衆院での入管法強行採決の時に自民党の筆頭理事は「審議するほど問題が出て、きりがない」と暴言を吐いた。

 データの隠ぺい、改ざん、虚偽答弁で国会審議を形骸化し、最後は数で押し切る――国会を官邸の下請け機関にしてしまうよう安倍政権をこれ以上続けさせることは民主主義の危機。知事選、統一地方選、参院選の勝利で安倍政権を終わりにしようと訴え。

 IMG_7302.JPG写真は、会場で西本真樹常滑市議からもらったバッチ。 自公・大村県政は常滑市にある中部国際空港島内とその対岸部にカジノ誘致を推進しています。「常滑をギャンブルの町にするな」「知多半島にギャンブルはいらない」の運動が起きています。

 運動をさらに広げると共に、日本共産党の躍進でカジノ計画止めよう!と呼びかけました。

 

 名古屋南区.jpg4時過ぎまでの本会議を終え、議員宿舎に帰って二時間だけ仮眠をとり、名古屋市へ。すやま初美さんと共に、四カ所で怒りの訴えに立ちました。

 10時からは名古屋市南区の演説会。高橋ゆうすけ市議と訴え。続いて、南区年金者組合のつどいで挨拶しました。午後からは港区の演説会で山口きよあき市議、加能美恵子県議候補とともに訴え。加能さんは12年ぶりの立候補で今日がデビュー。皆さん、力のこもった訴えでした。

栄交差点.jpg その後、栄交差点で愛知一区の改憲反対のアピール行動。立憲野党に呼びかけがあり、立民の吉田議員の秘書も参加されました。市民の皆さんと一緒に私も訴えました。

 終了後、京都の自宅へ。

 IMG_7232.JPG岐阜県瑞浪市で演説会。来年二月投票の市議選で五期目をめざす、たてばやし辰郎市議、参院選挙区予定候補の高木光弘さんらと訴えました。

 たてばやしさんは、九月の決算議会では、市の土地・建物の公有財産の間違いを正し、介護保険会計では繰越金の大きな間違いを指摘するなど行政の監視役として、「なんでも賛成」の議員にはまねのできない大きな役割を果たしてこられました。

 一方、市民要求の実現には他会派にも働きかけて共同。同市にある、原発の高レベル放射性廃棄物の地層著聞を研究する超深層地層研究所について、土地の賃貸借契約の期限である2022年1月までに埋め戻して返還することを国に求める意見書を全会一致で採決。

 また、小中学校の教室へのエアコン設置でも全会一致で国への意見書を採択する中、9月議会で全教室へのエアコン設置への予算が計上されました。

 行政のチェック役として、市民の願いを届け実現する力として大きな役割を果たしてきた、たてばやしさんの勝利、さらに参院選勝利で、安倍政治を終わりにし、国でも地方でも民意の生きる新しい政治を呼びかけました。

 IMG_7212.JPG演説会に出かける前に、自宅近所の名刹、真如堂を散策。紅葉は連休が見頃でしたが、温かい日が続き、今日もまだ大丈夫。朝日に輝いてとてもきれいでした。12月に入ると観光客も減り、ゆっくり愛でることができます。

 明日は午後からの本会議で日欧EPA、SPAの質問に立ちます。

 IMG_6950.JPG新潟市中央区の「日本共産党と後援会の決起集会」が9:30から開かれました。政令市になって以来、初めて市議二議席に挑戦します。

二期八年間、奮闘してきた現職ののもと孝子さんに加え、新人で31歳の鈴木英さんが立候補の予定。定数11に20人位の立候補が予想される超激戦区。市議選で初の複数獲得、参院選勝利で安倍政治を終わりにしようと訴えました。

 すぐに新幹線に飛び乗り、高崎で乗り換えて長野市へ。14時から志位委員長を迎えての大演説会に参加しました。二桁の議員団をめざす県議予定候補が紹介され、長野市選出の和田明子、山口のりひさ両県議が決意表明。

 IMG_6940.JPG続いて長瀬ゆき子参院選挙区予定候補と私が決意表明し、志位委員長が約一時間の演説。駅前のホテルの大会場を一杯にした1000人を超える参加者の皆さんが熱心に聞き入りました。

 志位さんは、前回選挙で八人に躍進した県議団が、モリカケ問題の解明や核兵器禁止条約の批准を求める意見書を他会派にねばり強く働きかけて実現したことや子どもの医療費助成制度をこの四年間で改善させてこたことを紹介。

 党が伸びれば政治が変わると、野党共闘の実現と勝利、日本共産党の躍進を訴えました。

 終了後、金沢回りで京都へ。

第二中央.jpg地元でお世話になっている京都民医連第二中央病院の南館リニューアルオーブンの内覧会に朝、倉林さんや地元の府・市議らと参加。

 磯野理院長の挨拶の後、新病棟を見学。明るくてゆったりとした施設となり、職員の皆さんの、安心して住み続けられる地域を支える医療・介護の拠点ができたという誇りに満ちたにこやかな表情が嬉しい。

 伏見区に移動し、赤坂仁京都市議、西山のぶひで府議候補とともに三ヵ所で連続演説会。途中、少し時間が空いたので中書島付近の酒蔵の街並みや疎水付近をぶらぶら。今年は温かかったので、紅葉の色づきはもう一つで、残念。

IMG_6912.JPG

 伊丹空港に移動し、新潟へ。

 IMG_6818.JPG 秋晴れの今日は、午前中は京都市山科区の日本共産党後援会の「もみじまつり」。40回を数え、しっかり地域に定着しています。

 各後援会の模擬店がずらりと並び、これまで最高の約5000人が参加。凄い勢いです。中央舞台では太鼓や踊りに続き、北山市議の司会で、倉林参議院議員、本庄孝男府議、山本陽子市議、鈴木豊子市議候補とともに選挙勝利を訴えました。

 津市.jpg続いて三重県へ。志位委員長を迎えて、中川たみひで選挙区候補とともに2ヵ所の演説会。いずれも、岡田克也、中川正春、芝博一各国会議員らからメッセージが寄せられ、市民連合みえの代表も弁士に立ってくださいました。日ごろからの信頼関係が作られていることが実感できます。

 津駅前での街頭演説会では岡野恵美県議、四日市市の演説会では山本りか県議、森川ヤスエ県議候補、桑名、鈴鹿の両市議選候補もずらり並び、山本県議が代表して訴えました。

 志位委員長はアメリカ言いなり、財界中心の政治の転換と憲法九条、市民と野党の共闘について訴え。県政について、日本共産党が四年前に県議空白を克服して二議席になり、子どもの医療費無料化の前進や安保法制の廃止、核兵器禁止条約の批准を求める意見書の採択など、大きな力を発揮していることを強調しました。

 11.18四日市.jpg終了後の握手では、みなさんニコニコ。よし、やるぞと元気のでる演説会になりました。

 四日市の演説会の前、少し時間があったので、萩原量吉元県議の案内で「四日市公害と環境未来館」を訪問し、公害の深刻な被害と、住民の運動や裁判闘争の歴史、環境回復の取り組みなどの展示を見て回りました。

 演説会終了後、東京へ。宿舎着は23:30。

 IMG_6683.JPG自宅を7:00に出て京都府北部の二つの選挙を応援。午前中は来週火曜告示の伊根町議選で大谷いさお、山根あさこ両現職議員と共に街頭演説。舟屋で有名な町ですが、全国で市町村合併の嵐が吹き荒れたときに、京都府で唯一住民投票を行い、押しつけ合併を拒否しました。

 以来、日本共産党は自立をめざす街づくり運動と財政再建に住民と共に取り組んできました。毎議会質問に立ち、積極的提案を行う中で、この四年間で小中学校の学校給食費、教材費、修学旅行費、三歳児以上の保育料の無償化を実現。

 IMG_6690.JPGさらに新規漁業就業者支援給付金、大学生への独自の就学金制度も実現しました。「元気で輝く伊根町へさらに発展させるために日本共産党の二議席を」と訴え。漁港近くでは、安倍政権が今国会で強行しようとしている「水産改革」の問題もお話ししました。

 午後は舞鶴市に移動し、明日告示の市議選の応援。石束えつこ、いだ悦子、小杉えつ子の「三人えつこ」の現職と後野議員の後を継ぐ新人の小西洋一さんの四人と共に街宣。

 沖縄でも大山崎町でも民意無視の政治への審判が下された中、舞鶴でもワンマン市長に対してはっきりものを言い、しっかり働く四人の議員団を必ずと訴え。

 さらに、安倍政権が、九条改憲で自衛隊員を制約なしに「殺し殺される」戦場に送ろうとしている時、海上自衛隊を抱える舞鶴から改憲許さず、「市民である自衛隊員の命を守る」声を上げようと呼びかけました。 

 IMG_6616.JPG今日は小雨のぱらつく北陸路を駆けました。自宅を7時に出て、金沢市長選挙第一声と福井県敦賀市の演説会です。

 金沢市長選は現職と「市民の会」の南章治候補(日本共産党金沢地区委員長)の一騎打ち。沖縄知事選勝利で、民意無視の強権政治を変えるうねりが全国に広がっていると強調し、金沢でも家庭ゴミ有料化や宿泊税の実施など、民意を聞かない市政を変えようと訴えました。金沢駅前のスタート集会で訴えた後、候補者カーに乗り込み、繁華街でも街宣しました。

 IMG_6625.JPG敦賀市に移動。山田かずお参院選挙区候補、統一地方選の候補である、山本きよこ敦賀市議、猿橋巧おおい町議、渡辺孝高浜町議と新人の坂上和代小浜市議候補と共に訴えました。

 原発問題について福島原発事故の教訓に加え、新たな問題が明らかにったとして、北海道地震でのブラックアウトで大規模集中発電から分散型へが教訓になっているときに、それに反するのが原発だと指摘しました。

 IMG_6628.JPGさらに九州電力による太陽光発電の受け入れ一時停止により原発固執が再生可能エネルギーの普及の妨げにになっていることが明らかになったと強調。原発固執のエネルギー政策の転換が必要だとして、野党共同提案の「原発ゼロ基本法案」の意義と内容を説明しました。

 世界一の原発密集地域であるこの地域から、日本共産党の躍進で「原発ゼロ」の声を上げようと呼びかけました。

 終了後、米原経由で東京へ。上野で開かられている「フェルメール展」鑑賞。至福の時間でした。明日から参院予算委です。

 IMG_6540.JPG朝のNHKの各党幹事長討論を聞いてから京都市西京区の公園で開かれた「西京秋まつり」に参加しました。会場には後援会毎の模擬店が並び、秋晴れの絶好の祭り日和の中、たくさんの後援会員でにぎわいました。何人かの自治連の会長さんも来てくださいました。感謝です。

 中央舞台では昼からフラダンスやエイサーがあり、みんな一緒にカチャーシーを踊って「沖縄のようにがんばろう」と盛り上がりました。その後、成宮まり子府議、河合よう子市議、由良ひろみ市議候補と共に挨拶。

IMG_6576.JPG 引き続き、「どうやったら安倍政治を変えられる。井上さん大いに語る」のコーナー。司会者や会場からの「沖縄や大山崎の選挙で流れ変わった?」「朝鮮半島の激動と九条改悪どうなの」「消費税増税どうする「野党共闘の見通しは」「安倍総理の日中関係改善の狙いは」などの質問に答えました。

 消費税問題では朝のNHK討論で全野党が、将来の税制の在り方には意見の違いがあるが、来年10月からの10%増税に反対したことを紹介。「政府の景気対策は効果なし。インボイスには経済団体も反対。増税反対の一点で共同してやめさせよう」と呼びかけました。

 今日から新しいタスキ。今日の空のような青色にしてみました。

 東京に戻り、夜はプールで一㎞。爽快。

 穴倉.jpg高岡駅前のホテルから、富山県氷見市議選挙の穴倉陽子候補の告示第一声へ。地元の皆さんなど沢山参加してくださいました。16年間も日本共産党議員のいない同市議会。なんの緊張感もない「意義なし」議会になり、みずから毎議会の質問者は8人に制限し、議会だよりも廃刊に。議会の自殺行為です。

 教員36年の経験を持つ穴倉さんは「学校の主人公は生徒」を信条に子どもたちに心を寄せ、学級通信で家庭にしっかり様子を伝え信頼を集めてきた人。必ず議会を変えることができると支援を呼び掛けました。

 穴倉さんは京都の立命館大学二部の出身。同窓の西村よしみ市議も駆けつけ、先日はやはり同窓の市田忠義副委員長も演説会で訴えました。

 ハットリくん.jpg出発式の後、西村京都市議と共に街頭演説。氷見市は藤子不二雄Aさんの出身地で、商店街など様々な作品が。街宣場所の橋の欄干は一時間ごとに忍者はっとりくんのからくり時計が登場します。

続いて、やはり今日告示の新潟県燕市議選の応援へ、新高岡➝上越妙高➝長岡➝燕三条と乗り継いで移動。定数が24から20へと削減される中で現有三議席を維持する大激戦です。

 現職の土田のぼる、長井ゆきお、みやじ敏裕の三人とそれぞれ街頭演説会。勝ち抜くには、前回の二回り、見回り大きなご支持が必要ですが、激戦の中3人押し上げて頂ければ、議会での実現力がアップしますと支援を!

   終了後、新幹線で東京へ。宿舎についてパソコンを開くと、那覇市長選で城間候補当確のニュース。やつた!豊見城市長、沖縄県知事と続く三連勝だ!

 さらに京都府大山崎町長選でも日本共産党や市民が支援した前川光氏が、3855票対3718票で、相乗り現職に勝利、町議選でも日本共産党が前回より1人増やし、4人が全員当選。定数12のうち3分の1が日本共産党の議員に。

、ちょきヽ(^o^)丿 \(^o^)/ ヽ(^。^)ノヽ(^o^)丿

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページ最上部へ戻る