活動日誌

ホーム の中の 活動日誌 の中の 演説会・選挙応援

「演説会・選挙応援」の記事

IMG_0549.JPG掛川駅前のホテルを朝出て車で30分で浜岡原発のある御前崎市へ。今日告示される市議選で、清水すみお(現) 、やえづ純男(新)両候補の第一声で挨拶しました。

 同市では産業廃棄物焼却施設計画が大問題になって市民運動が広がりり、昨年12月に静岡県内で初めての住民投票が行われました。結果は90.2%が反対。住民の「産廃ノー」の審判が下りました。

 日本共産党はこの住民の審判が生きる市議会にするために合併後初めて複数候補を立てることを決めました。

 一方、推進派がまき返しをはかり、3月議会では、住民投票結果を踏まえて、産廃計画撤廃を求める請願がだされましたが、賛成したのは日本共産党の清水議員だけ。

 IMG_0550.JPG選挙戦も、日本共産党の2議席を阻もうと多数激戦になっています。日本共産党が2議席を実現できるるかどうかが焦点の選挙になっています。

 私は、コロナ問題や森友・桜問題での国会論戦も紹介し、日本共産党の2議席は、コロナ対策を始め、住民の命・くらしの願いを届け実現させる力、住民の声の届く当たり前の議会に変え、産廃をストップさせる力、浜岡原発の再稼働許さず、原発頼りではない地域経済振興の力だと述べ、2人必勝を訴えました。

 地元の皆さんや産廃ノーの市民運動関係者、浜岡原発廃炉求める運動にも取り組んできた近隣の市町の皆さんなども参加され勢いある第一声になりました。

 その後、清水議員と2ヵ所の街宣を行い。再び掛川に戻り、東京へ。急遽、明後日の文教科学委員会で質問に立つことになり、準備をしなくてはなりません。

 200404扶桑町.jpg京都を出て、町議選挙がたたかわれる愛知県扶桑町へ。予定候補の高木義道(現) 、荒木こうぞう(新) の両氏と共に町内2カ所で訴えました。

 コロナ対策が呼びかけられる中ですが、握手は控えることをお伝えし、帰宅の際には手洗い・うがいをお願いして行いました。

 最初に13期50年、議員を務めてこられた小林あきらさんが挨拶。町議会の民主的運営を前進させ、議案提案権を活用して町民の願いを実現してきたことを振り返りながら、引き続き2議席の確保を呼びかけられました。

 二人の予定候補の後、私から、コロナ問題で国会・地方議会での日本共産党の取り組みを紹介。「自粛と補償はセットで」という要請が、野党全体の声となり自民党内からも声が上がっていること、イベント業者の皆さんなどの署名も急速に広がっていることをお話ししました。

 そのうえで、「コロナ対策は長期戦になる。専門家の意見も聞かずに突然、マスク二枚を配ると言い出すなど、国民の願いも現場もわからない安倍さんに任せるわけにいかない。現場の実態を踏まえて国政、町政に迫る日本共産党の議席がどうしても必要」と必勝を呼びかけました。

DSC_0056.JPG 終了後、明日の御前崎市議選の告示日の応援のために掛川市まで移動。夕方の掛川城を散策しました。桜が美しい。京都市内でも、移動中の車窓からも満開を桜を見ることができました。こんなにきれいなのに、外出自粛で人影はまばら。桜もかわいそうです。早く克服したいものです。

IMG_0536.JPG金沢駅前のホテルを朝出て、終日石川県内で活動。金沢市、内灘町、羽咋市、中能登町の四カ所で「集い」でお話しし、金沢市内では訪問活動も行いました。

 コロナ対策での日本共産党の提案と国会論戦、森友や桜を見る会、検察人事介入問題など安倍政権のひどい対応などお話しし、日本共産党への入党も訴えました。

 最後のと会場を中座し、金沢駅についたところで、一人の方が入党してくださったとの連絡。\(^o^)/
 
 祝杯を挙げながら新幹線で東京へ。宿舎着は0時前になります。

 IMG_0529.JPG京都を朝出て岐阜県郡上市へ。名古屋から在来線特急で40分。美濃太田駅から車で一時間。今日告示の市議選で二期目をめざす野田かつひこ候補の応援です。

 コロナ対策が問われる中での選挙。同市には厚労省の公立病院再編統合で名指しされた「県北西部地域医療センター国保白鳥病院」があります。

 「コロナ問題で公立病院の重要性浮き彫りに。存続・充実こそ必要。コロナ被害から暮らし守るため国会・地方議員が実態を聞き、声を届け、あらゆる手を尽くせと抜本的提案をしています。奮闘する日本共産党の議席を引き続き」と訴えました。

   

 終了後、東京へ。

午前中は京都で、党の府議団、京都市議団、京商連久保田会長からコロナウィルス対策につて医療や地域経済の現場の実態や行政の対応、国への要請などについて議論しました。

 国会から、穀田、倉林両議員と私が参加。聞けば聞くほど深刻な事態であり、刻一刻と変化しています。国会と地方議会、現場と連携を密にしながら、出された問題の解決に全力を挙げます。

IMG_0504.JPG 午後は奈良県境の笠置町で党支部主催の「おしゃべり会」に参加。人口1200人弱の京都で一番小さな町ですが、14人が参加して下さいました。コロナウィルス対策や検察、桜問題、野党共闘など国会情勢についてお話しし、町長選について触れました。

 同町では10日に町長選挙が告示されますが、町を揺るがす大問題になっているのが、補助金不正受給事件。町のまちづくり事業に絡み、虚偽の請求書を提出して国の交付金約800万円を不正受給したとして町職員、まちづくり団体代表、府職員が2/13に書類送検されました。

 2/21には総務省は笠置町に対し、町に交付した交付した1900万円のうち実施せずに虚偽の報告書を提出していたとして1178万円の返還を命令。実施された事業も問題だらけで、この事件の真相を徹底究明し、町民に明らかにすることが問われています。

 現職は引退し、町長選には元加茂町職員組合書記長で、写真家の中淳志さんと、自民党などに推薦依頼している町議会副議長が立候補を表明。

 日本共産党は立候補予定者にアンケートを送り、回答が寄せられ、多くの点で一致する中氏を自主的に支援することを決めました。

 私は、「おしゃべり会」で、総務省が全国の都道府県に対し、この事件の概要を述べて、今後このような事案が生じることないようにとして「事務の適正化について」の通知を出したことを紹介。「全国的にもまれな異常事態。徹底究明し、住民のための町政を」と呼びかけました。

 帰りには、中さんのご自宅に立ち寄り、ご挨拶。町政改革の課題や意気込みについてお話しを伺いました。

 京都駅に戻り、新幹線で東京へ。明日は予算委集中審議で田村智子さんが質問に立ちます。私は明後日、外防委で大臣所信に対する質疑です。

 昨7日は自宅で質問準備など。途中、吉田山を散歩すると子供連れの家族がいつになくたくさんおられました。いっせい休校による子どもたちのストレス解消でしょうか。

 IMG_0472.JPG京都を朝出て浜松市へ。今日は、約1万6千人が参加する京都マラソン。我が家の近くもコースになっており、あいにくの雨ですが、スタッフの方が準備中でした。ご苦労様です。

 浜松市では天竜区の党後援会の新春の集いに参加。浜松市は合併により全国で2番目に広い市(1番は高山市)で、演説会や街宣も中心部が多く、旧天竜市などによる天竜区でお話しするのは初めてです。

 浜松駅で新幹線を降り、遠州鉄道に乗り換えて30分余で終点の西鹿島駅に到着。天竜民商会長の鈴木さんにお迎えに来ていただきました。車中でお話ししていて、ここが、京都在住の日本画家、故・秋野不矩さんの出身地であることを知りました。

 秋野さんは、創画会の結成に参画された私の好きな画家の一人。記念美術館もありますが、あいにくリニューアルのために休館中とのこと。ぜひ、次の機会に訪れたい。

 集いでは、国会報告を行い、質疑応答を含めて一時間弱。質問の中で、立命大卒業で京都市長選挙に応援に行った方から、市長選での相乗り問題と今後の野党共闘についてご質問がありました。

 京都市長選の出口調査を見れば支持者のレベルでは、野党共闘願う人が大きな流れになっていること、総理の反共デマ答弁に対して野党がそろって撤回を求めるなど国会での共同のレベルがさらに上がっていることを示し、野党共闘で安倍政権を倒す流れに揺るぎがないことを強調しました。

 お話しを終え、酒井とよみ市議の議会報告にバトンタッチして会場を出る時に2人の女性が外まで見送りに来てくださいました。いずれも蜷川府政時代の京都で学生生活を送り活動された方。「京都市長選、カンパ送りました」「綿毛のように頑張ってます」と言われたのが印象的でした。

 全国を回ると、「学生時代は京都で活動した」という方とたくさんお会いします。綿毛のように全国に広がり、そこに根を下ろして花を咲かせ、実を結ばせようと奮闘されているみなさんに励まされます。

 さあ、がんぱろう。あ、もちろん参加者の皆さんに「お帰りになったら、手洗いを忘れずに」と強調しました。

 東京に戻り、23時頃に愛知県弥富市議選結果が判明。日本共産党の2候補は板倉克典1188票5位、那須英二1088票6位と上位当選。板倉候補が三宮議員のバトンを受け継ぎ、引き続き二議席を確保しました。

おめでとうございます! \(^o^)/ ヽ(^。^)ノ

 200215いたくら.jpg明日投票の愛知県弥富市議選挙の応援。なす英二(現) 、いたくら克典(新)両候補の勝利で引き続き日本共産党の二議席の実現を訴えました。街宣ではすやま初美さんの司会で、愛知県内から駆けつけた若手議員の皆さんがスピーチ。それぞれの市や町で、住民の皆さんと力あわせて子育て支援を拡充していることなど生きいきと語りました。

 両候補は、県内一高い水道料金の引き下げや、土曜午後200215 なす.jpgの保育の実施など子育て支援の強化、堤防より路面が低く豪雨災害発生の危険がある尾張大橋の改修など、この間の取り組みを踏まえた具体的政策を語りと、ても説得力のある訴え。

 私もコロナウィルス対策を訴えたうえで、通常国会序盤での安倍政権の常軌を逸した横暴とそれに立ち向かう野党の共同について語り、「安倍政権への怒りと政治を変えてほしいとの願いを示そう。その一票は日本共産党の両候補へ」と訴えました。

200215いたくら2.jpg 街宣の後、それぞれ町内を候補先頭に練り歩き、たくさんの激励をいただきました。なんとしても勝利を! 弥富市にお知り合いがあれば、ぜひ、支持を広げてください。

 応援の後、尾張大橋の現場を視察。堤防がかさ上げされても、路面は低いまま。豪雨災害の時にはここから水が流れ、市街地は広範囲に浸水します。非常用に土嚢が置かれていましたが、気休めにもなりません。早期の改修と堤防の強化が求められると実感。

 昨日の安倍総理の「意味のない質問だ」というヤジへの対応で朝から野党書記局長・幹事長会談が行われ、謝罪がなければ審議には応じられず、安倍氏への懲罰動議の提出をすることを確認。

 IMG_2934.JPG午前中の予算委は開催されず、昼前に自民党が、月曜日に集中審議を行い、冒頭で総理が謝罪すること等に合意し、午後からは衆院本会議が開かれました。議会制民主主義を守る野党の結束した対応が謝罪に追い込みました。

 午前中は米軍基地への環境問題の立ち入り検査の問題で環境省からレクを受けました。15時からは、朝鮮学校幼稚園が「幼保無償化」制度から除外された問題で政府申し入れに来られた京都の保護者の皆さんらが来訪され、倉林さんと一緒に要請を受け懇談来たしました。

 200213八幡.jpgその後、16日投票の京都府八幡市長選挙の演説会へ。国会情勢も報告し、京都から安倍政治許さず、暮らし応援の政治を作り出そうと、井筒かおる候補の勝利を呼びかけました。

 宿舎に戻るのは23:30過ぎになります。

 全体会場.JPG今日は長野県諏訪市の上諏訪温泉で「第38回冬の赤旗まつり」。千人風呂で有名で国の重要文化財である片倉館の大広間を貸し切って行われました。諏訪地方や木曽などの衆院四区の後援会などによる実行委員会で開催しました。

 昨年は統一地方選前で開かれませんでした。一昨年に参加した時は、丁度、諏訪湖が全面氷結し、湖面が道のようにせりあがる「御神渡り」を見ることができました。当時は、最低気温がマイナス15度位が続いていました。暖冬の今年。今朝はマイナス4度。風が冷たかった。

 会場一杯参加者。実行委員長の長瀬ゆき子衆院四区予定候補が挨拶。原村の市民連合や、社民党の代表の挨拶、立憲の杉尾、国民の羽田各参院議員からのメッセージが紹介されるなど、一昨年から共同が大きく前進していることを実感できます。

 IMG_0449.JPGその後、私が28回党大会や国会情勢について40分間お話ししました。皆さん、持ち寄りのお料理を食べ、アルコールも飲みながら聞いてくださいました。長瀬ゆき子さんを何としても野党統一候補にして勝利させ、比例代表での日本共産党の躍進で藤野やすふみさんを引き続き押し上げてと訴えました。

 その後、長瀬さんと一緒に会場内を握手して回りました。午後は各市町村の後援会ごとの出し物。歌あり、踊りあり、マジックありで、皆さん芸達者です。6日の赤旗にも紹介された、地元の毛利正道弁護士が諏訪地方の有志で作成した「桜のぼり」も注文受付中でした。

 200208加茂市2.jpg新潟県加茂市の日本共産党後援会の「新春の集い」で挨拶。市民と野党の共闘を発展させてきた同市。今日の集いにも菊田真紀子衆院議員が第二部で参加され、森裕子参院議員のメッセージ、打越さく良参院議員の秘書の参加、加茂市民連合に参加する他党の市議の参加などこの間の積み重ねを感じました。

 病気で辞職された亀山市議の後をつぐ中沢まさこさんが開会あいさつ。それに先立ち、二月に逝去された亀山さんに黙とうを捧げました。

 挨拶の後は「世直し勝手連」の皆さんの勇壮な太鼓と踊り、「温野菜」(アコーステックゴスペル)の)の皆さんの癒しのハーモニーという二つの文化イベントを楽しみました。

200208加茂市.jpg 乾杯で始まる第二部の交流・懇親会に前に残念ながら中座し、明日の長野県諏訪市での「冬の赤旗まつり」参加のために移動中。燕三条➝長岡➝高崎➝長野➝塩尻➝上諏訪と五回の乗りかえになります。

 明日の講演の準備と予算委論戦の備えた資料の読み込み中。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページ最上部へ戻る