活動日誌

ホーム の中の 活動日誌 の中の 演説会・選挙応援

「演説会・選挙応援」の記事

  20.9 メイク.JPG安保法制強行から五年目の今日。名古屋駅前のホテルを出て、午前中は西区の枇杷島支部主催の「集い」に参加。元東海ブロック所長の西田さんのお宅です。 10人余りの方に参加いただき、創立記念講演のDVDを見た後、私から国会報告と入党を呼びかけ。様々な質問にお答えして懇談しました。
 その後、東京に戻り、17時からBS朝日の「激論 クロスファイア~与野党論客に問う!菅 新政権始動!どうする『最重要課題』」の収録。
 激論クロスファイア.JPG田原総一朗さんの司会で自民党・片山さつき参院議員、立憲民主・逢坂誠二衆院議員と共に約一時間議論しました。放送は明日、20日の18時からBS朝日で。ご覧あれ。メーク中の風景を秘書さんが撮ってくれました。
 臨時国会三日目。野党は菅新総理の下での代表質問などしっかのとした質疑を求めましたが、与党は拒否し、一切質疑無しで今日で閉じてしまいました。
 朝から閉会中審査要求の議決をするために各委員会が開かれ、11:30からの本会議も2分程度で終了。その後、控室で、国民民主党、自民党のそれぞれの参院会派の新役員の挨拶を受けました。
 3時過ぎに国会を出て、長野県上田市へ行き、JR駅前で緊急の国会報告街頭演説。今日は北陸信越ブロックの月一回のいっせい宣伝の日にも当たります。蒸し暑い東京でしたが、暗くなり始めた上田駅に降りると肌寒いくらい。
 IMG_1091.JPG渡辺上田市議の司会で、高村県議と共に訴え。たくさん集まって下さった皆さんに、安保法制強行時の米国の秘密公電をスクープした赤旗日曜版を紹介。今日逮捕されたジャパンライフの元会長が「桜を見る会」の招待状を会員勧誘に使っていたにも関わらず、菅総理が真相にふたをしようとしていることも指摘しながら、これら安倍政治の負の遺産の一掃と根本的転換へ共闘の勝利と日本共産党の躍進をを呼びかけました。
 訴えた後、新幹線に飛び乗り、明日の行動のために東京経由で名古屋へ移動中です。
 近鉄東寺.JPG午後から京都府の一番南をエリアとする党山城地区委員会の党会議で挨拶。すぐに京都市内にもどって、南区の近鉄東寺駅前で山内府議、井上市議と共に街頭演説会(写真の奥に東寺の五重塔が見えます)。
 南区は穀田恵二国対委員長の京都一区。新自由主義からの転換や消費税増税が市民と野党の共闘の旗印になりつつあることもお話ししながら、野党共闘のキーマン、穀田さんの勝利と日本共産党の躍進を訴えました。
 IMG_1067.JPGその後、再び山城地域に戻り、精華町と京田辺市でそれぞれの議員団の皆さんと一緒に街頭演説。今、東京に向かっています。
 IMG_1039.JPG京都府南部の笠置町で10月の町議選勝利めざす演説会。府内で一番人口の少ない町。今年三月の町長選で、自民党など「オール与党」推薦の副議長を破って、政党として日本共産党だけが推薦した中町長が誕生したばかりです。
 むかいで健町議は31歳の時に初当選し、三期目をめざします。65歳以上の人口が5割を超える町で、消防団や青年団にも参加し、若さを生かして現場に足を運んで声を聞き、毎回議会で欠かさず質問してきました。誕生した町民本位の新しい町政をさらに前に進めるうえでもなくてはならない日本共産党の議席です。
 演説会では3人の町民の方々の訴えの後、浜田よしゆき府議、向かいで候補につづいて私がお話し。安倍総理の辞任と新総理の誕生という激動の情勢の中でたたかわれる町議選の意義を強調し、コロナ対策で地方議員の皆さんと力を合わせて国民の声を届けて動かしてきたことなどお話しをし、むかいでさんの必勝をうったえました。
 20.8.30富山.JPG富山駅前で早朝宣伝。青山りょうすけ衆院一区予定候補、火爪弘子富山県議と共に訴えました。安倍総理の辞任会見を受け、少なくないマスコミ報道が「お疲れ様」的で、7年8か月の批判的検証もしないままに自民党内の政権たらいまわしに焦点を当てるものになっています。
 その影響か、緊急のマスコミ世論調査では自民党や内閣の支持率が急増しています。一方、総理が辞任表明したら内閣支持率が上がるというのは、それだけ国民が安倍さんの辞任を待ち望んでいたことの現れだという見方も。
 この間の安倍政権の後手後で的外れのコロナ対策を国民の声と野党の追及で動かしてきたことも紹介しながら、政治空白と対策の遅れを作ってはならないとして、速やかな次期総理選びと国会審議を要求。7年8か月の安倍政権のもたらした憲法じゅうりん、格差拡大、国政私物化を具体的にあげ、安倍政治の抜本転換を訴えました。
 終了後、新幹線で東京へ。国会では、自民党総裁選挙や首班指名の国会の日程をはじめ様々な動きについて情報がとびかっています。
IMG_1015.JPG 今日は京都を朝出て午後から富山で活動の予定でしたが、安倍総理の辞任会見を受け、予定を一時間早めて出発し、急遽、金沢駅前で街頭演説を行いました。地元新聞の取材もありました。
 街宣を終えて新幹線に飛び乗り富山市へ。党県委員会の事務所から「若者オンラインミーティング」に参加しました。坂本洋史書記長(三区予定候補)がこの分野が得意で、カメラ三台、大型液晶画面など備えた簡易スタジオからの発信です。
 民青県委員長での青山亮介さん(一区予定候補)の司会で、介護職場の職員の皆さんや学生の皆さんと二富山若者.jpg時間にわたり質疑応答と意見交換。介護職場の苦労もお聞きし、「消費税減税の財源は」「ネット上の誹謗・中傷をなくすには」「八時間働けば普通に暮らせるようになれば、競争意欲が下がり経済成長が鈍るのでは」「核兵器禁止条約の状況は」などなど、様々な質問に汗をかきかき回答。楽しい、あっという間の二時間でした。
 終了後、豊田校区の党のセンターで「党を知る会」。党創立記念集会での志位委員長の講演のDVDを一緒に視聴し、懇談。入党に至りませんでしたが、安倍総理の国政私物化とそれを誰もたださない自民党への怒りの声が出されました。
 今日も暑かった...。
 津市集い.jpg京都を朝出て、近鉄で奈良県を経由して三重県伊賀市へ。午後は津市に移動し、それぞれ「日本共産党を語る会」でお話ししました。入口では消毒と検温、会場も座席の間を確保するなど対策をとっての開催。酷暑の中をたくさんの皆さんにご参加いただきました。
 話の最初に、「今日は安倍総理の連続在任記録が佐藤栄作元総理と並んで史上最長となりました。最長であっても、国民にとっては最悪の内閣ではないでしょうか。明日からは、最長記録を毎日更新することになりますが、一刻も早くこの内閣を倒し、新しい政治をつくるために日本共産党を強く大きくしてほしい」と訴えました。
伊賀市集い.jpg 全員に配られた入党お勧めのパンフを使いながら、コロナ対策や野党共闘の発展で日本共産党が果たしている役割、コロナ後にめざす社会などお話しし、会場からの質問にもお答えしました。
 終了後は入党のお勧めも。津市では民商にも入っておられた年配の女性が入党申込書を書いてくださいました。医療現場現場で働き民青で活動している若い女性にもお勧め。とても前向きに考えてもらえました。
 伊賀では百上まな市議、津では滝勝弘市議が司会でした。皆さん、お世話になりました。
 IMG_0937.jpg今日は北陸信越ブロックの一斉宣伝日。長野四区予定候補のながせ由希子さんと一緒に、7:30からの岡谷市役所前を最初に、諏訪市、茅野市、塩尻市を回って訴えました。
 朝の宣伝では、地域の皆さんも一緒にプラスターを持って一緒にアピール。
 晴天だった午前中は厳しい暑さでしたが、どこでも多くの皆さんが集まってくださいました。それぞれの地方議員の皆さんにもお世話になりました。
 IMG_0970.JPG県内では、今度の赤旗日曜版の一面に阿部長野県知事が登場していることが話題になっています。全国知事会文教環境常任委員長の阿部知事が、「少人数学級待ったなし」と語り、長野県がすでに2013年度までにすべての小中学校で35人以下学級を実現していることも紹介しています。
 永年、長野県で積み上げてきた「教育要求署名」などの運動によるもの。日本共産党は県政で野党ですが、県民の願いに沿った施策は評価し、さらに前進を求めてがんばる党です。長瀬さんは日本共産党の提言も紹介しながら、こどもたちに少人数学級で行き届いた教育環境をプレゼントしようと訴えました。
街宣終了後は握手は控えて、グータッチです。地区委員会事務所で休憩した時に、長瀬さんの畑を見学。事務所での昼食には収穫した長なすの料理もあり、おいしくいただきました。

 IMG_0882.JPG昨日の京都府北部に続き、今日は南部で活動。自宅を朝出て、精華町⇒京田辺市⇒八幡市⇒城陽市⇒宇治市と五自治体で衆院6区国政委員長の上條亮一さんと共に訴えました。城陽市では国政報告会、他では街頭演説会。各議員団の皆さんとご一緒でした。

 城陽の質問タイムで出された様々な質問の一つが「森友、加計、桜など安倍内閣支持率は下がったけど選挙では倒せなかった。今度も難しいのでは」というもの。

 IMG_0894.JPGもちろん政権を倒すことは大変な仕事であり、相手は権力を手放さないためにありとあらゆることをしてくるでしょう。しかし、今の安倍内閣の支持率低下はこれまでと質的違いがあると思います。

 森友、加計、桜、いずれも政治の私物化に厳しい批判がありましたが、必ずしも有権者の生活に影響を及ぼしたものではありませんでした。そこで、安倍政権は都合のいい数字を使っての「アベノミクスの成果」や「外交の安倍」をアピールして選挙を乗り切りました。

 IMG_0897.JPGしかし、今のコロナめぐる安倍政権批判はより底深いものがあります。安倍政権の右往左往ぶりが国民の暮らしと営業に直接的影響を与え、一方でアベノマスクがすべての世帯に配られて怒りを広げています。

 国民が実体験を通じて、暮らしの感覚で政権批判をし、そこにこれまでの私物化批判が結びついています。これまでのような「粉飾実績」でごまかすことは簡単には通用しないでしょう。

 私たちが市民と野党の共闘をさらに高め、安倍政権に代わる政治、ポストコロナの社会像を明確に打ち出せば、勝利を切り開くことができる。ご一緒にがんばりましょう。こうお答えしました。

 終了後、

 IMG_0870.JPG昨夜から京都府北部入りし、今日は朝から、山内健衆院五区予定候補とと共に5ケ所で街頭演説会。大雨も覚悟していたのですが、幸い午前中ぱらついただけで、京丹後市⇒与謝野町⇒舞鶴市⇒綾部市⇒福知山市と駆け巡って訴えました。

 今朝の赤旗に厚労省がPCR検査の対象を拡大したことが報道されています。日本共産党が一貫して求めてきたことがやっと進みました。確実に現場で実行させる必要があります。

 これを含め、国民の皆さんとともに日本共産党が共に求めてきたことが幅広い要求になっています。

IMG_0876.JPG――コロナ患者を受け入れていない医療機関に対する支援は、自民党の医系国会議員も要求。
――小中学校での少人数学級の実現は、全国知事会、全国市長会、全国町村長会も文科大臣に要求。
――コロナ禍での暮らし、経済応援のための消費税減税は世界19ヵ国で間接税減税が実施され、メキシコやイタリアでも検討。

 実現させるためにさらに市民と野党の共同を強めることを強調、秋以降に予想される総選挙でのご支援を呼びかけました。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページ最上部へ戻る