活動日誌

ホーム の中の 活動日誌 の中の 演説会・選挙応援

「演説会・選挙応援」の記事

朝8時から「障害児者の情報コミュニケーション推進に関する議員連盟 」の第10回総会に参加し、障害者団体の皆さんからご要望をお聞きしました。
 コロナ感染拡大対策、桜を見る会の虚偽答弁問題なと課題山積みにもかかわらず、政府・与党が国会を閉じようとしている中、9時に衆院に12/28まで会期延長を求める動議を野党で提出しました。
 IMG_3698.JPG11:30から議員団総会。志位委員長が挨拶しました。12時過ぎの衆院の議運で動議が否決され、今日で実質国会が閉会となることが確定し、請願審査など会期末処理の各委員会が開かれました。外交防衛委員会では、女性差別撤廃条約選択議定書の批准を求める請願などが提出され、私は採択を求めましたが、全会一致とならず残念ながら保留となりました。
 15時すぎから本会議。法案の採決と会期末処理。終了後、すぐに倉林議員と共に国会を飛び出し京都へ。17:45から京都駅前で、衆院選予定候補の皆さんとの街頭演説に遅れて到着。少し前についた穀田さんに続いて、一言訴えました。
 DSCN0012.JPG今日の午後、大阪地裁で大飯原発3.4号機の設置許可を取り消す画期的判決が出されました。街宣終了後、すぐそばにある関電京都支社前でとりくまれている「キンカン行動」に足を運び。穀田、倉林議員、武山比例候補とともに判決を力に原発ゼロにと激励。しました。皆さん元気いっぱいです。
 IMG_1679.JPG自宅を朝出て、今日告示の京都府宇治市長選のながさこ千春候補の応援に。10時らから2カ所、ながさこ候補、無所属の市議で「こんな宇治プロジェクト」代表委員の佐々木まゆみさんと共に訴えました。
 ながさこさんは苦学した後、教師を30年。とことん子どもに寄り添ってきました。退職後は、「社会にお返しがしたい」と訪問介護ヘルパーをしてこられた方。現場の声、人の痛みがわかり、福祉の心と、じっとしてはいられないという行動力の持ち主。
 演説では、「あと一週間すれば市長になって市民のための市政ができると思うとワクワクする。フルマラソンを走る体力も生かしてがんばりぬく」と述べるなど実に頼もしい。市民とともにまとめあげた政策も丁寧にお話しされました。
 相手候補の新人は府の幹部を務め「国・府との太いパイプ」を強調しています。私は、「パイプの先にある菅政権は、自己責任押し付けでコロナ対策は無為無策、桜を見る会では安倍前総理と共にずっと虚偽答弁、学術会議任命拒否で物言えぬ社会へ進もうとしている。こんな政権とのパイプを誇る人に、市民に寄り添う市政はできない」と指摘。「今必要なのは市民との太いパイプであり、市民の立場で国にも府にも堂々と物が言えること。ながさこさんこそ市長にふさわしい」と強調しました。
 これまでも大型開発中心で公共施設の削減など進めてきた市政に、自己責任で福祉をけずるやり方がいっそう持ち込まれることは許されません。ながさこさんで市民に寄り添い、暮らしを応援する市政に変えようと訴えました。
 知事選挙では宇治市で福山和人候補は46%の得票。その後、府内では市民の日本共産党の共同で、大山崎、南山城、笠置で新しい首長が誕生しています。今度は宇治で!
 続いて三重県津市に移動し、日本共産党津市女性後援会の総会でお話しし、会場からの質問にお答えしました。東京に戻り、火曜、木曜と外交防衛委員会で質問の質問準備です。
IMG_1665.JPG静岡県磐田市の駅前ホテルを朝出て、午前中は磐田市内で街宣と入党お誘い、午後は袋井市で街宣を取り組みました。
 磐田市はジュビロ磐田のホームタウン。駅前の通りにはクラブ旗がずらり並んではためいています。残念ながら一昨日の試合で快勝したものJ1復帰の可能性がなくなり、一年での復帰はかないませんでした。来季に期待しましょう。
 市内を回ると五輪で卓球の混合ダブルスのペアを組む水谷隼と伊藤美麻さんの大きな横断幕がありました。二人は磐田市内の同じ小学校を卒業しているんですね。スポーツが盛んな街だと実感。
 磐田市では根津康広、高梨俊弘両市議と一緒に2カ所で街頭演説。支部・後援会の皆さんものぼりやプラスターをもってくださいました。その後、2人の方へ入党のお誘いへ。決意には至りませんでしたが、共感と期待の声をいただきました。
 11.27袋井市.JPG午後は、袋井市に移動して4ケ所で街頭演説。来年四月の市議選で引き続き2議席をめざし、現職の高橋美博市議と、浅田二郎市議の後を継ぐ新人の竹村眞弓さんが立候補を予定しています。今日は竹村さんの街頭演説デビュー。高橋市議の司会で私と二人で訴え、浅井市議や支部・後援会の皆さんが一緒に回ってくださいました。
 竹村さんは看護師をされ、病院の労働組合の役員もされてきた方。コロナ禍の下での医療現場の実態を紹介しながら、市政に声を届けようと訴えられました。
 終了後、京都へ。明日は宇治市長選の応援と三重県津市で女性の集い。
妙満寺.jpg 自宅を出て、午前中は左京区の妙満寺をお借りして国政報告会。武山彩子比例予定候補、ちさか拓晃2区予定候補、樋口ひであき市議らと共に訴えました。光永あつひこ府議もご一緒。
 手で掲げているのはコロナ禍の下で消費税(付加価値税)の減税をしている37の国の国旗を印刷したもの。実は先日の小池書記局長質問用に準備したものですが、時間が無くなり未使用に。もったいないので演説の時に紹介しています。
IMG_1646.JPG 途中でぬけて神奈川県相模原市へ。小田急相模大野駅前で沼上とくみつ比例予定候補と共に街頭演説会。市民連合14区の渡邉さんも「市民と野党の共闘で自民現職に勝とう」と力強く呼びかけてくださいました。
 私は演説の冒頭で、朝からニュースになっている、東京地検特捜部が桜を見る会の問題で、安倍前総理の公設秘書らを任意聴取したという問題についお話し。「特捜部は、会場のホテル側に支払われた総額が参加者からの会費徴収額を上回り、差額分は安倍氏側が補填ほてんしていた可能性があるとみて」いるとの報道で、そうなれば安倍総理の答弁は虚偽となり、国会での真相解明が必要と強調しました。
 IMG_1655.JPG宿舎に帰ってNHKの7時ニュースを見ていると、桜を見る会前夜祭で、安倍前首相側から少なくとも800万円以上を負担したことがホテル側作成の領収書に記載と報道。「安倍事務所からの支払いはない」とした安倍前総理の答弁が虚偽だったこといよいよはっきりしましたた。国会招致し真相解明することは国会の責務です。
 IMG_1587.JPG自宅を朝出て、午前中は京都市伏見区の2カ所でまちかど演説会。たけやま彩子比例予定候補、西山府議、赤坂市議と一緒に訴えました。午後からは左京区一乗寺での演説会。ちさか拓晃二区予定候補と共に訴えました。光永府議、樋口市議もご一緒。
 新型コロナ感染の第三波が広がる中での菅政権の無為無策ぶりと日本共産党の提案、学術会議問題、野党連合政権などについてお話ししました。
 地方議員の皆さんと訴えると、地方議会での前進がよくわかります。10月末に閉会した京都市議会では、「30人学級の推進」医療機関への財政支援」など五つの意見書が我が党を含む全会一致で採択されました。
 増田個展.JPG一方、「市民税独自減免の廃止」の提案は与党からも批判が出て継続審議となりました。市長が提案した議案が本会議で議決されなかったのは33年ぶりのこと。いずれも市民の声が動かしたものです。市長は11月議会冒頭の25日にも議決を狙っており、市議団は住民とともに「廃止やめよ」の声を広げています。
 その後、京都被爆二世・三世の会の増田正昭さんの個展「被爆75年、今のうちに残しておきたい、伝えておきたい被爆の体験」へ。新たに描かれた被爆者の皆さんの肖像画や広島、長崎の被爆建物などの作品が並ぶなかでしばし懇談。
 黒谷山門.JPG早朝、今秋三回目の真如堂の紅葉。まさに見頃です。五重塔や本堂を背景にした鮮やかな紅葉も落葉による赤いじゅうたんも美しい。手の届く高さに紅葉を愛でることができるのもうれしい。少し足を延ばして黒谷さん(金戒光明寺)へ。山門の前が紅葉が輝いていました。

 11.14真如堂.jpg自宅近くの名刹、真如堂を早朝に散策。境内の紅葉が二週間前(下の写真)よりずっと色づいています。今度の三連休が見頃のようです。その後、愛知県豊川市での街頭演説会へ。

 朝は冷えましたが、午後の街頭は汗ばむくらいの日差し。島津ゆきひろ前衆院議員・比例予定候補、安間ひろ子豊川市議・14区予定候補とともに訴えました。

11.14豊川市.jpg 次の総選挙で菅政権を倒し、野党連合政権を作るために、定数21の東海ブロックで本村さんとともに再び島津さんを加えて二議席以上を、14区では安間さんを野党統一候補に押し上げ勝利をと呼びかけました。

 お昼は豊橋駅で久しぶりに「豊橋カレーうどん」。ごはんの上にとろろ芋がのせられ、その上にカレーうどんがのっています。トッピングは豊橋名産のうずら玉子。最初はカレーうどんで最後はカレーライスが楽しめます。美味でした。

 IMG_1571.JPG京都を朝出て、伊丹空港から鹿児島市へ。鹿児島中央駅前での街頭演説会で訴えました。四月の市議選の告示日に応援に来る予定でしたが、コロナ禍の下での移動自粛で来ることができず、七か月たって約束を果たせました。
 衆院選の比例と鹿児島二区の重複の予定候補である、まつざき真琴前県議、11月末の鹿児島市長選の桂田みち子、市議補選の本田あゆみ各予定候補と共に訴えました。
 昨日、「オールかごしま」の集会が開かれ、県内の四野党で小選挙区で候補を一本化してたたかうことを確認し、二区は松崎さんが野党の一本化候補に。今日は、「オールかごしま」の松岡代表が弁士に立ち、市民と野党の共同で政権交代をと訴えてくださいました。
 今朝の共同通信は、日本学術会議の任命拒否問題で、政府方針への反対運動を先導する事態を懸念し、任命を見送る判断をしていたことを複数の政府関係者が明らかにしたと報じました。演説では、この間のくるくる変わる菅総理の答弁を批判しつつ、この報道を紹介し、いよいよ本音がむき出しになってきた、政府への異論は許さない20社会への道は許さないと訴えました。
自己責任の押し付けから公の責任を果たす政治、川内原発の20年延長を許さず、原発ゼロと自然エネルギーへの転換へ、本気の共闘で本気の政権交代をと訴えました。
 IMG_1576.JPG終了後、空路で東京に戻りました。今日告示の富山県南砺市議選が気になり、機内でネットをチェック。17時が過ぎると無投票になり、中島満さんが四年振りに返り咲きいて空白を克服したとの投稿が。おめでとうございます!
  宿舎に戻って近所のスーパーに行くと、レタスが一玉なんと98円に。高騰していた時は398円でしたからびっくりです。安いのはうれしいけど、生産農家の皆さんのご苦労を考えると複雑です。せいぜい、たくさん食べて応援しよう。
 11.8 愛知事務所開き.jpg東京を朝出て名古屋市へ。日本共産党比例東海ブロック愛知事務所開きに参加しました。比例と県内小選挙区の予定候補の皆さんがずらり。
 
最初の方で挨拶をして、すぐに中座し、名古屋駅から特急で二時間半かけて、岐阜県高山市での演説会へ向かいました。山をのぼるにつれ紅葉が色づいていくのがわかります。
 演説会には市民連合の方や立憲民主党の今井議員の秘書さんにもお話しをいただきました。私からは40分間、国会報告。代表質問や予算委員会の論戦で浮かび上がった、まともな説明もできないのに、強権をふるう菅政権の姿を紹介し、「こんなひどい政権を続けさせるわけにいかない。次の総選挙で政権交代を」と日本共産党の躍進と共闘勝利を呼びかけました。
 IMG_1544.JPG演説会では眼鏡に装着する方式の新しいマウスシールドを使ってみました。話しやすいし、顔もよく見えるしいい感じでした。
 終了後、帰りの列車まで時間があったので、駅の近くの伝統的建造物保存地区を散策。風情のある街並みが続き、様々なお店が並びます。ゆっくりと観光にきたい町です。観光客はかなり回復している様子で、大半は若い人たちです。
 京都に帰り、明日は鹿児島市内で街頭演説会です。
東京を朝出て富山県南砺市へ。新幹線を新高岡で下車し車で約40分です。8日告示の市議選の、なかしま満予定候補の事務所開きと街頭演説会で訴えました。
 IMG_1514.JPG合併前の町議時代と合わせ32 年間議員を務めてこられた、なかしまさんですが、4年前の選挙で惜敗し、日本共産党の議席がなくなりました。そのもとで市議会の会派は「自民クラブ」のみになり、野党ゼロ、請願提出ゼロ、討論ゼロという「3つのゼロ議会」になってしまいました。
 この間、市議会の実態を知らせ、日本共産党のなかしまさんを再び押し上げ、市民の声が届く市議会へという全戸配布ビラには、「そんな市議会になっているとは驚いた」「政策論議ができる市議会へ。日本共産党の議席が必要」「前回、大丈夫と思ってまさかの結果。今度は家族で応援します」などなど大きな反響が寄せられています。
 南砺市.jpg事務所開きには坂本ひろし衆院3区予定候補、津本県議も参加。私は、なかしまさんの現職時代の実績と活動を紹介し、学術会議問題やコロナ対策での国会冒頭の論戦の様子にふれながら「市民の声が届き、暮らし守りよくする公の責任をしっかり果たす政治を国政でも市政でも実現しよう」と呼びかけました。
 終了後、再び東京へ。明日の予算委は朝から、立憲の枝野、岡田、辻元各議員につづき志位委員長が質問に立ちます。ぜひ、NHK中継をご覧ください。
 IMG_1466.JPG京都を早朝に出て、奈良経由の近鉄で三重県伊賀市へ。今日告示の市長選挙で日本共産党公認の、かまい敏行候補の第一声で挨拶しました。
 市長選挙は現職と前市議、かまい候補の三つ巴。伊賀市に生まれ育って38年のかまい候補は、「伊賀市政の三つのレッドカード」として「いまだに続ける異常な同和行政」「地域が寂れる支所の廃止計画」「コナ湖、ダムの依存で水道料金値上げ?!」を挙げ、「しがらみがない私だから解決できる」と訴えました。
 IMG_1479.JPG私は国政でも市政でも「住民の声を聞かない強権政治をやめさせること」「自己責任押し付けでなく、公の責任果たす政治」が求められていると強調し、かまいさんを押しあげてと訴えました。
 もう一カ所、スーパー前で、かまい候補と訴えた後、滝・津市議と一緒に政策宣伝カーに乗り込んで、5カ所で街頭から訴えました。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページ最上部へ戻る