活動日誌

ホーム の中の 活動日誌 の中の 外交安保・核廃絶

「外交安保・核廃絶」の記事

 西尾市.jpg朝起きたらうれしいニュース。昨日投開票の愛知県西尾市議選は、牧野、前田両候補の勝利で1から2議席へ倍加しました! 前回、3人立候補で1議席にとどまりましたが、今回は候補者2人で、合計得票数で前回を上回りました。

 愛知県ではさらに、南知多町の内田たもつ候補が当選しバトンタッチ成功。新潟県でも魚沼市議選で現職二人が再選。さあ、都議選も勝利へ!

 午後から中国大使館で開かれた「香港返還20周年記念写真展」の開幕式に日中友好議連の一員として参加。程永華駐日大使と挨拶を交わし、テープカットの後、写真展を鑑賞しました。

 通常国会の会期は18日の日曜日までなので、金曜日の今日が事実上の最終日。各委員会で請願の採択を議論し、閉会中審査を行う会期末手続きを行います。

 請願の採択は委員会での全会一致で行われます。外防委では、01年以降18回にわたり採択されてきた、個人通報制度を認める「女性差別撤廃条約選択議定書の速やかな批准」を求める請願が、採択されないことに決定。日本維新の会が「大阪市の姉妹都市の三フラシスコで慰安婦像を設置が問題担っている。設置する動きを応援することになる」と「保留」を表明したため。

 私は「長年にわたり採択してきた請願。法務委員会としては後退することになる。議定書は個々の問題に触れているわけではなく、慰安婦像とは関係ない」と述べましたが、態度は変わらず「保留に。本当に残念です。

 午後から予算委の集中審議。加計問題での文科省の再調査結果が昨日明らかにされ、急遽、今日の予算委員会が決まったもの。小池議員が、文科省発表の資料を示して「加計ありき」の実態を厳しく追及しました。

 許せないのは委員会室に衛藤晟一参院議員・総理補佐官が来て、大声で妨害ヤジを飛ばしたこと。私が厳しく抗議していると自民党理事もとんできて「政府の一員がここに来ちゃだめだ」と注意した程、前代未聞のこと。政府の危機感を示しています。

 17:30から最終の本会議。

 10:00から本会議。昨日提出された、山本国家戦略特区担当大臣、金田法務大臣問責決議の採決等が行われ、田村副委員長、本会議デビューである山添議員が賛成討論に立ちました。

 本会議はお昼を挟んで開かれ、昼休み中に民進・棒葉参院国対委員長から「自民党から共謀罪法案の中間報告を求められた」と驚きの電話。中間報告とは、委員会で審議中の議案について委員長に本会議で報告させ、そのまま採決を可能にするもの。委員会から審議権・採決権をとりあげて強行する「禁じ手」ともいえるやり方です。

 過去、野党が委員長の場合に悪法強行のためにおこなわれたことが何度かありますが、法務委員長は公明党であり、与党委員長に対して行われたのは初めてのことです。都議選前に委員会で強行採決して影響がでることを公明党が嫌がったのでしょう。そのためにこのような議会制民主主義をこわすうよなやり方を行うことは許されません。

 緊急に対応を協議し、野党四会派で議長、副議長にこうした暴挙を行わせないよう申し入れ。私は各派の幹事長とともに郡司副議長に申し入れました。議運理事会でも激しい協議が続き、本会議の再開は18:20になりました。

 中間報告の暴挙に応じた山本議運委員長の解任決議案を民進が提出。再開された本会議では金田法務大臣問責決議案を採決した後、議運委員長の解任動議を議題とし、日本共産党から山下よしき議員が賛成討論に立ちました。

 一方、衆院には野党四党で内閣不信任案を提出。参院本会議は、21:40に延会手続きをしたうえで休憩に。衆院本会議は23過ぎにに延会手続きをしたうえで、0:10から不信任案を議題とし、日本共産党から志位委員長が賛成討論。決議案は与党等の反対多数で否決にされました。

 IMG_1439.JPG2:40に再開された本会議では、中間報告を議題にすることを与党の多数で決めた後、中間報告が行われ、それを審議する動議に対しての討論・採決。日本共産党から私が討論に立ち「採決はやめ法務委員会でさらに審議を」と訴えました。動議を可決した後、再び休憩。

 5:40に再開され、中間報告に対する質疑を行った後、いよいよ共謀罪法案の討論・採決。仁比議員が質問と討論に立ち、怒りの演説を行いました。法案の記名採では、怒りをこめて反対の青色票を投じました。与党と維新の多数により憲法違反の共謀罪が可決・成立したのは8時前。この怒りの瞬間は絶対に忘れません。

 ただちに議員団控室に戻り、見守っていてくれた衆院議員の皆さんと合流。志位委員長が、「国民の怒りに追い詰められるなかでの暴挙」「共謀罪廃止に向け、ただちに戦いを始めよう」と訴え、まずは目前の都議選で必ず勝利をと誓い合いました。

 昨日から完全徹夜で、休憩をはさんで9時間半の本会議。全国の皆さんがネットで見守り、議員会館前にもたくさんの皆さんが徹夜で声を上げ続けてくださいました。いっそう、市民と野党の共同を強め、安倍政権打倒、戦争法も共謀罪も廃止へ力を尽くします。

 

 NHK日曜討論を見てから、京阪淀駅前のまちかど街頭演説会に向かういました。丹波橋駅で「中書島駅で人身事故のため運転見合せ」とのアナウンス。電車を降りてやっとタクシーを見つけたけど周辺の京阪の遮断機が閉まったままで大渋滞。

 結局、街宣は断念。一緒に訴えるはずだった金森3区候補、集まって下さった皆さんすいませんてした。

IMG_1429.JPG 午後は京都AALAの総会で、韓国問題研究会代表で同志社大嘱託講師の康宗憲(カン・ジョンホン)氏の講演を聞きました。在日二世の康さんは韓国の大学に母国留学していた時に北のスパイ容疑で逮捕され死刑囚に。その後無期懲役に減刑、仮釈放、再審、無罪確定という経歴をお持ちです。

  「緊張高まる!?  朝鮮半島の今」と題してのお話しは、朝鮮半島危機の要因と本質、トランプ政権、韓国・文在寅政権の外交政策、日本の平和運動の課題など示唆に富んだものでした。

 地方選ビラ.jpg午前中の本会議終了後、倫理選挙特別委員会で「地方選ビラ解禁法案」の質疑。地方議員選挙でも町村議員以外は、公示後に候補者名入りのビラの配布を可能とするものです。

 一歩前進ですが、国政選挙などと同様に枚数制限があり証紙貼りが必要。ネット選挙解禁により、画面では見られるのに印刷して配布すると違反という矛盾が生じています。従来、ビラなどは、「選挙に金がかかる」として規制されてきましが、ネットではいくら拡散しても金がかかるわけではなく、こうした理由でビラ規制する根拠も失われています。ビラも自由化すべきと求めました。

 午後には参院改革協議会が開かれ、総務相の行政評価制度について報告を受けて議論しました。

DSC_0317[1].JPG 夜、フジテレビ「金曜プレミアム 女の大事件」で、私が国会で質問した「メルボルン事件」を放映。旅行中に逮捕された日本人が、知らずに麻薬の運び人にされたとして冤罪を訴えた事件です。

 本人たちは何が起こったからわからないままに逮捕され、通訳者も能力が不十分で、事実や意思が伝わらない取り調べが行われました。番組では逮捕や取り調べなどの当時の画像を入手して放映しており、改めてそのひどさを実感しました。

 私にとって海外で事件に巻き込まれた日本人に対しての適切な通訳の配置やその国の刑事司法制度に即した支援など、大使館が行うべき邦人保護のあり方について直面した初めての事件でした。また、国連個人通報制度を日本人として初めて活用した事件としても勉強させられました。

 有罪判決を受けた女性は十年以上、オーストラリアの刑務所に私も当時の質問の映像や、先日取材を受けたところが放映されました。

IMG_1423.JPG 午前中の外交防衛委員会で日本イスラエル投資協定承認案で質問。イスラエルは、国際法違反の入植地を拡大させており、昨年12月に安保理は非難決議を挙げました。イスラエルは反発し入植地での主権を主張しています。日本は入植地での同国の主権を認めていませんが、この点の一致のないままの投資協定は国際法違反を容認につながると追及しました。

 午後には日本原水爆被害者団体協議会の皆さんと日本共産党との懇談。被団協からは新代表委員の田中さん、新事務局長の木戸さんらが、日本共産党から志位委員長、笠井政策委員長、本村、大平各議員と私が参加。

IMG_1411.JPG 核兵器禁止条約、被爆者援護制度の抜本見直しなど要望を頂きました。核兵器禁止条約草案の前文に「ヒバクシャ」が書き込まれ、核兵器の使用等で影響を受けた人への支援が盛り込まれたことに、被爆者から「温かい条約」との言葉が印象に残りました。日本も参加をさせなくては。

 明日の倫理選挙特別委の質問準備と通告。

 今日は午前中、四野党の党首会談が開かれ、憲法九条改悪反対、共謀罪反対、加計・森友疑惑究明、総選挙の協力を加速などで一致しました。国会最終盤、結束して対応します!

 午前中の本会議で、秋野法務委員長(公明)の解任決議案の討論採決が行われました。日本共産党から仁比議員が怒りの賛成討論。短い参院質疑の中でもさらに浮かび上がった共謀罪法案の問題点や徹底審議の土台を与党が壊していることを厳しく批判しました。続いて決算の討論・採決が行われ、吉良議員が反対討論に立ちました。

 午後から皇室典範特例法の特別委員会に出席。天皇退位についての特例法の審議、採決が行われ、日本共産党からは小池書記局長が質問に立ちました。私は、理事会対応でした。全会一致とされていた附帯決議に自民党の議員が一人反対したので委員会室はざわめきました。

 その後、明日の質問準備と通告。

 夜はキューバのカルロス・M・ペレイラ大使の公邸での夕食懇談会に志位委員長、緒方副委員長、笠井政策委員長、大平衆院議員らと共に出席。核兵器禁止条約から中南米情勢、野党共闘など幅広く有意義な意見交換ができました。私は、78年にキューバで開かれた世界青年学生祭典に参加した時の思い出話。

インド.JPG 共謀罪の審議中の法務委員会は昨日、徹底審議の条件整備を求める野党の要求にこたえないまま職権で開催を決定。今朝、開会を強行したため民進党が委員長不信任案を提出。今日の委員会は取りやめとなり、明日の本会議で採決されます。徹底審議を通じて廃案においこまなくてはなりません。

 外交防衛委員会で日印原子力協定で二回目の質問。インドはNPT未加盟国であるにもかかわらず08年に原子力協力を特例として受けられるようになりました。以降、保有する核弾頭を倍化し、現在は100~120発を保有しています。

 さらに国連安保決議に反し、ICBMなど核搭載可能ミサイルの発射実験を繰り返しています。こんな国と協定を結ぶことは、被爆国日本が核・ミサイル開発を認めることになると外相を追及。被爆国としても、福島原発事故の教訓からもインドへの原発輸出を可能にする協定を結ぶべきではないと主張しました。

 その後、次の質問準備をしながら、日本イスラエル投資協定に反対する院内集会、司法修習生への給付金制度の復活を祝う院内集会に参加し挨拶。

IMG_1316.JPG 日本中国友好協会66回大会に出席して挨拶。会場の台東区民会館は浅草寺のすぐ横。雷門をくぐり、仲見世通りを通ってお参りしてから参加しました。土曜日とあってすごい人。中国や韓国をはじめアジアの観光客の多さが目立ちました。

 今年で80周年の盧溝橋事件の四年後に治安維持法が全面改正され、戦争へと突き進みました。その歴史を二度と繰り返すなが日中友好運動の原点。共謀廃案、九条改悪阻止へ共同を広げようと強調しました。

IMG_1322.JPG 大会挨拶で1997年と2016年の比較を紹介しました。日本への訪問者は米国は62万人⇒124万人、中国は26万人⇒638万人。日本との輸出入は米国は23兆円⇒21兆円、中国は8兆円⇒29兆円。約20年間で日中の人的、経済的交流は激増し日米を抜きました。

 このように日中両国は切っても切れない相互依存の関係。「中国脅威論」がふりまかれていますが、軍事的悪循環に陥ることなく、問題の政治的・平和的解決をはかり、いっそうの友好を広げることこそ必要です。

 川崎市.JPG夜は日本共産党川崎北部地区委員会の演説会。共に訴えた神奈川9区の斎藤のどか候補は26歳。「平成2年生まれ」との自己紹介にどよめきが起きました。比例重複候補の岡崎ゆたか候補は39歳。若い!斎藤候補の「のどか」の漢字は「温」。共謀罪や九条、加計学園問題などの国会情勢と日本共産党の役割についてお話しし、「日本共産党の躍進で二人を押し上げ、温かく豊かな政治を」と訴えました。

 愛知.jpg日印原子力協定について外防委で質問。外相は、インドがNPT6条の核兵器国の核軍縮義務を負っていないことを認めました。

インドは核軍縮義務を負わない一方、この協定でNPT加盟国と同様の原子力貿易の権利を得ることになります。被爆国日本がインドの核保有を認め、核廃絶に例外を作ることは許されないと迫りました。

 午後には、愛知県保険医協会、長野県保険医協会、京都府歯科保険医協会の皆さんが次々と来訪。「患者負担増計画の中止と医療機関への規制強化の中止」「共謀罪の廃案」「保険で良い歯科医療の実現を」などの請願署名を受け取り懇談しました。

 長野保険医.jpg安倍政権の国政私物化や共謀罪の情勢、歯科治療で浮き彫りになる格差の拡大の深刻さなど、様々なお話ができました。がんばります!

 

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページ最上部へ戻る