活動日誌

ホーム の中の 活動日誌 の中の 演説会・選挙応援

「演説会・選挙応援」の記事

 熊本2.jpg東京を朝出て空路、熊本へ。熊本市内での演説会で、田村貴昭衆院議員、まじま省三前衆院議員、橋田よしあき2区予定候補と共に衆院選での日本共産党躍進、共闘勝利を訴えました。県内各地でオンラインでも視聴してもらいました。
 台風14号影響で、行くことができるか心配しましたが、東海地域の台風を飛び越えていく形になり、熊本はまさに「台風一過」の天気でした。
 九州・沖縄は、基地問題、農業つぶし、原発など自公政治の無住が集中する地域。さらに、毎年のように重大な豪雨災害が起こり、気候危機の打開が最も求められる地域でもあります。
 熊本1.jpg九州・沖縄こそ与野党逆転、政権交代が求められていますが、現在定数20で自公は10で、今度の選挙で過半数確保を狙っています。日本共産党が、赤嶺さんを小選挙区で引き続き押し上げ、前回一議席に交代した比例の議席を二以上に伸ばすことは政権交代の実現のために必須ですと、ご支援を呼びかけました。
 終了後、初めて日本共産党の演説会に参加されたという男性に入党のお誘い。しっかり勉強したいということでしたが、総選挙は一緒に取り組んでくれるとのこと。がんばろう。
 時間があったので、大震災で大きな被害をうけた熊本城に足を延ばしました。考えてみると中学校に修学旅行以来。こんなに広かったかなあとビックリしましたが、被害が城址全体に広がっていることにも驚きました。
 報道では主な場所に映像など集中しがちですが、やはり現地にこないと分からないなあと実感。修復はすすんでいますが、まだ相当時間がかかりそうです。
 明日は大分県で街頭演説会。

 IMG_2898.JPG今日は終日、地元の京都二区で、ちさか拓晃小選挙区予定候補と共に街頭から訴えました。8日の三中総視聴による全国いっせい決起集会をうけて最初の土日。どの街宣場所でもたくさんの皆さんがブラスターや横断幕をもって集まり、「さあ、やるぞ!」と総選挙勝利へ勢いのでる取り組みとなりました。 

 午前中は左京区で同区選出の光永府議、加藤、樋口、富樫市議もご一緒。午後は東山、山科区を回り山本市議とご一緒しました。

 今日も朝からテレビは自民党の総裁選挙の話題が中心。マスコミには、一年前に菅氏を「パンケーキが大好き」「地方出身のたたきあげ」などもてはやしたことの反省が欠けています。 

 「自民党の中でのたらいまわしでは政治は変わらない。自公政治にサヨナラして野党連合政権で安心と希望の政治を」をと訴え、先日合意した野党の共通政策が付け焼刃のものではなく、市民と野党の共同の積み重ねの中で、63本の野党共同提案の法案や36兆円の予算組み替え動議を踏まえたものだと強調。 

 「野党の提案はどうせ実現しない無責任なもの」という声に対し「野党連合政権が実現したらこれをやるという責任をもって示したのが今回の野党共通政策。安心して野党に政権を任してほしい」とのべ、野党共闘の要、比例は日本共産党、小選挙区はちさかさんへと支持を呼びかけました。 

 山科駅前での最後の街宣では、「今から金沢に向かって移動し、明日は朝から石川県で訴えます。全国どこでも比例は日本共産党と広げてください」と訴え。終了後、グータッチに回ると、「連日の移動大変だね」「体を大事に」とたくさんの激励をいただき恐縮してます。

 21.9.5名古屋.jpg菅総理の退陣表明後最初の日曜日の今日は、名古屋市内四カ所で緊急の街頭演説。最初に中区栄のラシック前で本村伸子衆院議員と一緒に訴え。
「国民の声と運動に追い詰められ、菅総理が政権を投げ出しました。自民党内のたらいまわしでなく、自公政治そのものにサヨナラをして野党連合政権の実現を」と日本共産党へのご支援を呼びかけました。その後、守山、名東、千種の各区で街頭演説。どこでも、支部や後援会の皆さんがブラスターをもってご一緒にスタンディングをしてくださいました。
 午前中は党愛知県委員会の事務所で平和友好後援会の総選挙勝利への「決起のつどい」。約50分お話しした後、約一時間の質疑応答を行いました。
 自民党の総裁選挙後、国会で首相の指名が必要で、さらに所信演説や代表質問も必須ですから、総選挙日程は初めて任期満了後にずれ込むことになりますが、10/21までに必ず解散されます。勝利へ全力疾走です。
 京都を朝岡山演説会.jpg出て岡山市へ。岡山県のオンライン演説会で訴えました。当初、岡山駅前で街頭演説会を行い、オンラインでも全県に配信する予定でしたが、コロナ感染拡大により、オンライン演説会になったもの。
 党岡山県委員会事務所で、大平よしのぶ前衆院議員、すみより聡美比例予定候補、余江 ゆきお、尾崎宏子、垣内雄一、美見芳明各小選挙区候補と共に訴えました。県内約700人の方が視聴してくださいました。
 増田行雄県副委員長は私が民青京大地区委員長の時の民青京都府委員長をされており、大変お世話になりました。久しぶりにお会いでき、開会前にしばしの昔話。
 菅総理の退陣表明直後の演説会であり、自民党内のたらいまわしではなく、自公政治そのものにサヨナラをして野党連合政権をつくるために、日本共産党の躍進、野党共闘の成功と勝利が必要であり、そのために速やかに野党共闘態勢を作ろうと強調しました。
 そこで紹介したのが先日なくなった元参院議員で立憲民主党県連顧問の江田五月さんが「しんぶん赤旗」日曜版で語られたこと。江田さんとは民主党が野党時代には法務委員会でご一緒し、民主党政権時代には参院議長、法務大臣として申し入れや論戦をしてきました。
 その江田さんが19年11月と20 年10月に「しんぶん赤旗」日曜版に登場してくださり「"共産党とは口を利かない"時代は終わった」「『野党連合政権』へ基本的な政策、政権構想を明示して、『次の政権のかたち』を国民にきちんとみせていくことが大事です。そのために共産党を含む野党間でしっかり議論していくことが急務です」と語られました。
 演説のためにネットで記事を探すと、江田さんのHPがヒットしました。江田さんのHPの「活動日誌」は今も残されており、赤旗の記事も当時の活動日誌にアップされていました。改めて江田さんの思いの深さに触れ、なんとしても野党共闘の成功と勝利で安心と希望の新しい政権を作らねばと決意を新たにしています。
 終了後、京都へ。明日は終日、名古屋市内で訴えます。
IMG_2824.JPG昨日は午前中は京都府長岡京市で、午後は三重県鈴鹿市で訴えました。暑かった。
 長岡京市では9/26告示で市議選が行われます。定数が22に対し、日本共産党は現職の府議選出馬で5人の議員団となっていますが、6議席を取り戻すために全力を挙げています。2期目をめざす二階堂けい子議員と共に市内4ケ所で訴えました。
 午後は26日に告示された三重県知事選挙の「やさしい三重県政をつく会」岡野恵美候補と一緒に鈴鹿市内3カ所で訴え。コロナ対策にまで自己責任を持ち込み、無為無策で今日の深刻な事態を作りしだした菅政権への審判の一票、国言いなりから命第一の県政への転換の一票は岡野候補へと訴えました。
 IMG_2825.JPG鈴鹿市の街宣中に近所の家から出てきた若い男性が岡野候補に話しかけてきました。スマホで候補とツーショットを撮りたいと、私に「お兄さん、シャッター押してください」と頼むではありませんか。周りの人が「この人、国会議員だよ」と言ったので、びっくりしていましたが、「お兄さん」と呼ばれて、喜びながらシャッターを押しました。(*^^)v
 終了後、京都へ。
  IMG_2810.JPG富山駅前のホテルを朝出て、富山市(旧婦中町) 、立山町、上市町で街頭演説。今日は終日、富山2区で区内の9市町村すべてを回る「二区キャラバン」の予定でしたが、急遽、アフガニスタンへの自衛隊機派遣問題で、外交防衛委員会の理事懇が開かれることになり、午前だけの参加になりました。現地の皆さんスイマセン。
 黒部宇奈月温泉駅から12時半発の新幹線で東京に戻り、16時から理事懇。防衛、外務両省から自衛隊機派遣について説明をうけ、質疑応答をしました。
 IMG_2812.JPGすでに「最善との判断」(防衛相)で、英国軍機で大使館の日本人職員は退避をしたのに、自衛隊機の派遣を決めたことについてただすと、「情勢の急速の悪化のもとで、現地に出入りしている関係国の軍用機で退避したが、その後、米国がカブール空港の安全を確保した下で、大使館の現地人スタッフなどの退避も人道上必要と考え、派遣の判断をした」との答えでした。
 また、退避させるアフガン人は基本的に日本まで輸送し、受け入れのための各省庁によるチームも官邸につくったことも明らかにしました。
 IMG_2811.JPG衆参ともに野党は委員会の開催を要求。私は、「我々は戦争ではテロはなくせないとして反対した。経緯も含めて委員会で質疑する必要がある」求めました。
 21.8 浜松駅.jpg今日は東海ブロックの一斉宣伝。7:00から浜松駅前で平賀たかしげ静岡8区予定候補や労働者後援会の皆さんらと共に訴えました。
 「昨日の横浜市長選で野党が支援した山中竹春さんが当選しました。カジノ反対、菅政権ノーという厳しい審判であり、野党共闘の力です。さあ総選挙で野党連合政権を実現しましょう」――こういう日の訴えは実に気持ちいい。
 終了後、東京へ。政府がアフガニスタンの邦人等の国外退避のために自衛隊機を派遣する方針を決めたことに関して、午前中の自・立の国対で衆院安保、参院外防委員会の理事懇で報告・質疑をすることが合意され、その時間調整などでやり取り。25日の午後に開催の方向です。
 21.8三島市1.jpg今日はコロナで2度目の緊急事態宣言が発令されたばかりの静岡県で活動しました。 
 京都を朝出て、午後から三島市ではっとり正平、河野月江両市議と、支部・後援会の皆さんと一緒に5ケ所で街頭演説。感染爆発の下で命を守るための日本共産党の緊急の提言を紹介して訴えました。
 スーパーや商店街等で訴えましたが、緊急事態の影響もあり人出はやはり相当減っています。2度目の持続化、家賃支援給付金の支給の要求と共に、静岡県議会が16日に国の要件を緩和した中小企業支援金を決めたことも紹介しながら「困ったことは日本共産党にご相談ください」と呼びかけました。
 21.8三島市2.jpg途中、はっとり議員と共に読者のお宅に、「折り入って」選挙協力のお願いと入党お誘い。すぐに決意とはなりませんでしたが、「いつも応援してるわ。フィットネスジムに行ったときには、いろいろお話しして広げてるのよ」とうれしいお話しでした。
 続いて9月12日投票でたたかわれる長泉町議選挙の応援。2期目をめざす福田あきら町議とともに2カ所で訴えました。障害児学校教職員組合の役員などつとめてこられた福田さん。その経験を活かし、福祉や暮らしの制度のきめ細かい改善を実現してこられました。何としても引き続き!
 21.8長泉町.jpg終了後、明日の東海ブロック一斉宣伝のために浜松市に移動。ホテルで横浜市長選挙で野党が支援した山中候補が勝利の速報が入りました。よし! 国政3選挙、東京都議選に続く菅政権への厳しい審判です。さあ次は総選挙で政権交代だ!
 金山駅.jpg今日は終日、愛知県で活動。東京を朝出て、まずは名古屋市市内で街頭演説2カ所。金山駅前では本村衆院議員とドッキングして訴えました。
 愛知県も昨日のコロナ新規感染者は過去最多。知事は緊急事態宣言の発令を政府に求めると表明しました。全国的に爆発的な感染拡大のもとで、命を守るための緊急の提案とともに、人災を巻き起こしても何の反省もない菅政権を目前の総選挙で倒し、新石政治をと訴えました。
 金山駅ではコンコースで今年も原爆パネル展を県被団協の皆さんらが開催されています。街頭演説の後、本村さんとお邪魔し、被爆者の皆さんと懇談しました。
 原爆展.jpgパネルは広島基町高校の生徒が被爆者から聞き取りして書いた被爆直後の絵。広島一中の一年生で学校で被爆した最後の生存者で昨年亡くなくられた兒玉さんからの聞き取りによる絵も三枚あります。兒玉さんの核廃絶の思いが絵画を通して若い世代に受け継がれています。
 続いて犬山市に移動し、内田けん6区予定候補と共に総選挙勝利めざす演説会。終了後名古屋市内に戻り、2ケ所の街宣。今日は1日曇り空で、暑さは少しマシでしたが、蒸し蒸しするのが閉口です。終了後、京都へ。
 IMG_2710.jpg武山彩子比例予定候補を中心に活用する比例ラッピングカーがお披露目されました。今日の午前中は京都市内で二人で訴えました。
 
 この中で厳しく批判したのが、自民党河村元官房長官が地元で漏らした本音。「五輪選手の活躍は『政権に力』」「五輪なければ国民の批判が政権に向かい、厳しい選挙」というもの。
「命より、政権延命を優先する許しがたい発言」であり、どんなにコロナが拡大して深刻な状況でも五輪を中止しい理由はここにあることが浮き彫りになりました。
前の10件 14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

ページ最上部へ戻る