活動日誌

ホーム の中の 活動日誌 の中の 演説会・選挙応援

「演説会・選挙応援」の記事

 IMG_1877.jpg今日は終日、総選挙と同日投票で市議選挙が行われる富山県高岡市内で行動しました。 高岡駅前のホテルから早朝の散歩。高岡市は藤子・F・不二雄さんの故郷で、駅前には「ドラえもんの散歩道」があります。高岡大仏や高岡城址公園を一回り。朝市も今日から再開されていました。
 朝食後、岸田首相が出演した「報道2001」を見ていると、金融所得に対する税率が低いために所得一億円を超えると所得税の負担率が下がる「一億円の壁」が取り上げられました。首相は自民党総裁選で、金融所得課税の強化を掲げましたが、番組では「すぐやるのではないかという誤解が広がっている」「当面は触ることは考えていない」と表明し、あっさり総裁選で公約を棚上げ。
 DSC_9557(縮小) (1).jpgさらに賃金を引き上げる企業への優遇税制の拡充などに触れ、「成長なくして分配はない。金融所得課税を考える前にやることはいっぱいある」と述べました。おいおい、一昨日の所信表明演説では「分配なくして次の成長なし」と言ってたではないか。結局、アベノミクスで「成長と分配の好循環」といいながら、「もっと成長する必要がある」として分配は二の次にされたことの繰り返しです。やはり、岸田政権は安倍・菅政権から何も変わらないと実感しました。
 田村政策委員長が出演しているNHK日曜討論の冒頭だけ見てホテルを出発し、まずは、「女性の集い」。坂本ひろし衆院3区予定候補、金平直巳、高瀬あつこ両市議とともに参加し、本会議での所信表明演説や今朝のテレビでの岸田首相の発言も紹介しながら、政権交代しかないと日本共産党の躍進を呼びかけました。
 その後、真夏のような暑さの中、夕方まで高瀬さんと一緒に8カ所で街頭演説。どこでも一人、二人と出てきて聞いてくださいました。高岡市では前回の選挙で高瀬さんが初当選して二人の議員団となりました。そのもとで、不正使用が大問題となっていた政務活動費について領収書がネット公開となり、小中学校のエアコン設置、コロナでマスクが不足した時に、災害用備蓄マスクの活用を提案して妊婦などに一万枚が提供されるなど、住民の暮らしや命の願いをきめ細かく届け、実現してきました。
 ハコもの優先行政により財政難だとして住民サービスを削りながら、昨年の一般会計は黒字で4億円を財政調整基金に積み立て、基金は23億円になっています。コロナで住民が苦しんでいる今こそ、このような貯金は住民の命と暮らしのために使わせることも大きな争点。総選挙も市議選も日本共産党の躍進・勝利を!
 終了後、東京へ。明日から代表質問が始まります。
 IMG_3058.JPG今日告示された参院静岡補欠選挙の鈴木ちか候補の応援に午後から静岡市へ。総選挙の一週間前の24日投票。2ヵ所目の街宣場所の静岡駅南口では今日のお昼に岸田総理がきて演説するなど、総選挙に連動するだけに初日から激戦です。
 総選挙に先駆け、静岡から自公政治サヨナラ、政権交代で命と暮らし第一の安心と希望の政治をつくろうと呼びかけました。
 静岡県にとって浜松原発の再稼働ストップ、リニアの中止は大争点。お昼に応援に入った田村智子副委員長tが、静岡市、浜松市で街頭演説した後、「リニア中央新幹線建設事業の中止を決断することを求める提言」を静岡県庁記者クラブで発表しました。
 静岡駅前の街頭演説でも、この提言を紹介し、「新幹線の四倍の電力を使い気候危機打開に逆行し、コロナ禍による経営悪化、湧水の減衰、大深度地下トンネル、建設残土など問ヤ題は山積み。リニア中止の声は日本共産党の鈴木ちかさんへ」と訴えました。

 IMG_3042.JPG松本駅前のホテルを朝出て、午前中は来週日曜告示の安曇野市議選の応援。午後は長野市内で訴えました。安曇野市議選には井出勝正、臼井康彦、いがり久美子の3現職が立候補を予定。それぞれの皆さんと街頭から訴えました。 

 市議選の最中に解散となることが濃厚な中、市政も国政も一気に変えるチャンス。市議選での日本共産党の三議席の確保は、引き続く総選挙での躍進と野党共闘の勝利にはずみをつけ、政権交代への流れを作る確かな力だとご支持を呼びかけました。 

 午後は和田明子県議、黒沢市議とともに二ケ所で街頭演説会。長野での定数一の参院選、同補選での三連勝で市民と野党の共同こそが自民党政治を変える道であり、この道しかないことを全国に示したことが野党の共通政策、政権協力合意の土台になったと強調。

 共闘の先進地、長野で日本共産党の比例の躍進、五つの小選挙区のすべてでの野党統一候補の勝利を勝ち取ろうと、ご支援をお願いしました。 

 夏日となった暑い一日でしたが、日陰に入ると秋の風が吹き、安曇野市では雲一つない鮮やかな青空を背景にした北アルプスの山々の美しい稜線を見ながらの街宣。早朝にはホテルから松本城までお散歩もできました。 

篠ノ井.jpg 昼食休憩した党中信地区委員会の事務所で、前からほしかった「特養あずみの里裁判」の報告集を買いました。介護の未来がかかったこの裁判で逆転無罪を勝ち取った闘いの記録。帰りの新幹線で目を通しながら、あらためて凄い闘いだったんだなと感銘しています。 

 さあ、明日から臨時国会。政権交代を始めよう!

 井上・ながせ塩尻.JPG東京を朝出て長野県塩尻市へ。長野四区の野党統一候補となった、ながせ由希子さんと夏のような日差しの中、塩尻市、岡谷市、下諏訪町、諏訪市、茅野市野六ヶ所で街頭演説をしました。
 新宿からの特急「あずさ」は全席指定でしたが、なんと満席。絶好のシーズンですから、山歩きや観光を楽しみたい皆さんが待ち望んだ緊急事態宣言解除で一気に利用されているのでしょう。リバウンドが起きる前にという思いもあるのでしょう。第六波を抑える政治の責任が問われていると、観光客の中で背広姿で浮きまくっているなあと思いつつ、考えていました。
 茅野アピール.JPG街宣では、共通政策に続き、政権協力でも合意。ながせさんを統一候補に押し上げた長野四区の皆さんに真っ先に直接報告しに来ました。さあ、政権交代を始めよう!と呼びかけました。
 各地で市民連合や社民党の代表も弁士に立って下さいました。ながせさんからは、連合の私鉄長野県連と「政策協定書」に署名した話など、野党統一候補になったもとでの共闘は確実に広がっています。
 「音が聞こえたので、居ても立っても居られなくて聞きに来た」という方など、期待の高まりも実感。「さあ、政権交代を始めよう」の呼びかけには大きな拍手がありました。
 さあ、勝利に向けて走り抜けよう。
 中村歩.jpg自民党の総裁選挙で岸田氏が選ばれたのを見届けてから国会を出て京都へ。3日投票の長岡京市議選の応援で、中村歩、ヒロガキ栄治候補の必勝、日本共産党の全員当選を訴えました。
 日本共産党は府議選立候補により5議席となっていますが、定数2 減で22になったもとで再び6議席をめざします。そうなれば、議席占有率が4分の1を超え、単独で議会招集権もある議員団となり、市民の命と暮らしのためにさらに力を増すことができます。
 訴えの中で、自民党が選んだ岸田新総裁は、「安倍・菅直系」であり、外相、党政調会長として共に推進してきた政治家だと指摘し、表紙を変えただけで中身は変わらないと強調。
 ヒロガキ.jpg新しい首相を選ぶ臨時国会が開かれる前日の市議選で、日本共産党の6議席を実現し、自民党減らせば「市民は、自民党の中でのたらいまわしでなく政権交代を望んでいることを永田町に突きつけ、全国を励ますことになる。ぜひ、やりましょう」と呼びかけました。
 さらに国政でも市政でも「なにより命」つらぬき、住民とともに政治を動かす日本共産党の議席について語りました。
 長岡京市議だった武山彩子衆院比例予定候補、光永府議、玉本市議と一緒に訴えました。がんばろう!
  杉原.jpg京都を出て、午後から名古屋市内で島津幸広前衆院議員と共に街頭演説。午前中、京都高島屋で開かれている「杉原千畝展 命のビザに刻まれた想い」に行きました。
 外交官だった杉原は大戦中、リトアニア領事官で、ナチスの迫害から逃れる多くのユダヤ人に本省の意向に背いて日本通過のビザを発給し、多くの命を救いました。杉原がその信念を自らつづった文書や発給したビザの実物も展示され、見ごたえがあります。
 杉原は岐阜県八百津町生まれ。昨年の大雨被害の際に、同町に調査に訪れ金子町長と懇談をしました。町内には杉原千畝記念館があり、町長室にも展示がありました。まさに町民の誇り。今日の展示を見て、改めて心をうたれました。
 IMG_3003.JPG名古屋市内では労働者後援会や中区後援会の皆さんと一緒に宣伝。現職中、静岡と神奈川の県境で短い橋を隔てて、大きく最低賃金が違うことの矛盾を指摘し、全国一律の最低賃金として、中小企業支援と一体に大幅引き上げを求めた島津さん。
 その後、全国一律の最低賃金は全国知事会の要望となり、自民党の中からも声があがっています。「再び国会に押し上げていただき、最低賃金引上げの仕事をさせてほしい」と訴える島津さん。なんとしても比例での躍進で押し上げよう!
  IMG_2986.JPG京都5区予定候補の山内健さんと共に、京都北部である5区内の5つの市での連続街頭演説会。午前中は京丹後市と宮津市、午後は福知山市、綾部市、舞鶴市で訴えました。
 朝、京丹後市内のホテルで、「羽鳥のモーニングショー」を見ました。一般国民には選挙権もない身内の自民党総裁選一色のマスコミ報道の中で素晴らしい企画。共闘をすすめる野党間の共通点と相違点もよくわかったし、維新が補完勢力ぶりも浮き彫りになりました。
 特に、志位さんが、国民の玉木さんに対して大きなところで一致点があることを示して共同を呼びかけたところはテレビの前で拍手しました。
 折り鶴.jpg今日も、野党共通政策や一昨日の新経済提言を紹介しながら、日本共産党の躍進で野党連合政権をと呼びかけ。5区は農村地域なので特に農業問題も強調しました。
 新経済提言には、コロナでの飲食店の自粛で生じた余剰在庫による米価暴落対策として、政府が余剰在庫を買い上げて市場から隔離し、子どもや学生、生活困窮者への支援に回す「一石二鳥」の対策が盛り込まれています。
 この間、国会でも求めてきたものですが、先日、北海道と東北6件のJA会長が連名で同様の措置を政府に求めたことを紹介し、「私たちと同じ要求だ。幅広く力を合わせ実現したい」と述べると拍手が起きます。
 IMG_2977.JPG野党共通政策や我が党の気候危機打開の戦略、新経済提言が多くの国民の皆さんに共感と希望を持ってもらえるものと実感します。広げに広げたい。
 各市の議員団の皆さん、お世話になりました。どの場所でもプラスターや横断幕が用意され、福知山、綾部では願いが書き込まれた巨大折り鶴を車の周りに並べてありグッドでした。
 IMG_2947.JPG秋分の日の今日は、午前中は左京区でちさか拓晃二区候補とともに街頭演説。午後は26日告示の長岡京市議選の応援に回りました。
 左京区の二ケ所の街頭演説会では民医連あすかい病院の中川院長が弁士に立ち、コロナ禍の医療現場の実態と日本共産党への期待を語っていただきました。ありがとうございます。私は昨日発表された日本共産党の新経済提言で提案した「医療・公衆衛生 再生・強化プログラム」を紹介し、「医療現場の声に応えたもの。ご一緒に命第一の政治へと変えましょう」と呼びかけました。
 IMG_2960.JPG午後は長岡京市議選の小原明大,ヒロガキ栄治、すみだ初恵の三現職の事務所開きに武山彩子衆院比例候補と共に参加して挨拶。定数24から22に削減される中、府議選立候補で6から5になった議員団を6議席に回復する選挙。実現すれば占有率は隣の向日市と並んで27.2%となります。
 自民党は選挙に有利な顔を選びたいと身内の総裁選に熱中。コロナ禍より自分の都合優先という姿をさらしています。その総裁が決まるのが選挙の真っ最中で、投票日の翌日の四日が臨時国会の召集日で新首相の指名が行われます。
 IMG_2974.JPG私は「首相指名前日の長岡京市議選での日本共産党の全員当選で、自民党内のたらいまわしではダメ、自公政治にサヨナラし政権交代をという声を示そう。その審判は与党に衝撃を与え、全国を励まします。やりましょう」と呼びかけました。
 終了後、明日の京都北部宣伝に向けて前泊するために京丹後市に向かいました。
 IMG_2931.JPG京都を朝出て終日、静岡五区で連続まちかど演説会。参院静岡補選の鈴木ちか予定候補と一緒に、美しい富士山を眺めながら富士市、三島市、函南町の8ヵ所で訴えました。各市町の議員団、後援会の皆さんにお世話になりました。
 今日は敬老の日なので、各地の冒頭でこう訴えました。
 今日は敬老の日。戦中、戦後、大変ご苦労された高齢者の皆さんをねぎらい、「これからも元気で長生きしてください。安心して医療を受けられるようにします」と敬意を表するのが政治のやること。
 ところが自公政権がやったのは、コロナで高齢者の重症化が心配されているさ中に、75歳以上の高齢者の医療費窓口負担二倍化。これでは安心してお医者にも行けない。敬老ではなく、お年寄りの命を軽んずる「軽老」です。
 こんな政治を変えましょう。今度の選挙は国民の命がかかった選挙です。なによりいのち、ぶれずにつらぬく日本共産党をの躍進、野党共闘の勝利で命、暮らしを守る新しい政権を実現しましょう。
 夏に戻ったような日差しでしたが、日陰に入ると爽やか。一歩一歩、秋が歩みを進めています。
 終了して京都に変えるために三島駅に着くと、ホームが騒がしい。ホームから転落した方がいたようで、警察や消防からもたくさんの人が来ていました。新幹線は15分程度の遅れで出発しましたが、転落された方が心配です。

 今日は、大分県の大分市、別府市での街頭演説会で訴えました。以下、しんぶん「赤旗」の記事です。

 日本共産党の井上哲士参院議員・参院国対委員長は19日、大分、別府の両市で開かれた街頭演説で「命を守るほど、政治にとって大切な仕事はない」と力を込め、目前に迫る総選挙での日本共産党の躍進、政権交代実現を呼びかけました。

 衆院九州・沖縄ブロックで比例2議席以上をめざす田村貴昭衆院議員、まじま省三前衆院議員の両予定候補と、大分駅前では山下かい大分1区予定候補が決意表明しました。

 井上氏は、災害や原発など自公政治の矛盾が集中する九州でこそ日本共産党の勝利・躍進が求められると強調。「自己責任」から命を守る政治へ、気候危機打開、ジェンダー平等、憲法が生きる平和な日本へ―など四つのチェンジを紹介し、「菅首相を政権投げ出しに追い込んだ国民の力で希望と安心の政治をつくろう」と呼びかけました。

 田村氏は、野党の共通政策に盛り込まれた地球環境を守るエネルギー転換に触れ「造ってはいけないところでの太陽光・風力発電の乱開発や、自然エネルギーは出力制限する一方で原発はフル稼働させる逆立ち政治をやめさせる野党政権をつくる」と力を込めました。まじま氏は「政権交代すれば中小・小規模事業者への持続化給付金や家賃支援金の再支給ができる。事業者への支援強化と賃金の引き上げで大分の地域経済を元気にできる」と訴えました。

 山下氏も政権交代を訴え、「新しい政治実現に力を合わせよう」と訴えました。

前の10件 13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23

ページ最上部へ戻る