活動日誌

ホーム の中の 活動日誌 の中の 演説会・選挙応援

「演説会・選挙応援」の記事

  都議選最終日の今日も大激戦の葛飾区へ。「『五輪より命が大切』と思っているが、これまで支持してきた党や候補が五輪推進なので迷っている、という方。遠慮はいりません。命がかかっているのです。こんどばかりは、これまでの政党支持の違い超えて、『五輪は中止し、コロナ対策に全力集中を」の思いを和泉なおみ候補へ」と訴えました。
 当落線上の大激戦の和泉候補。あと一押しの支援を和泉候補へ、すべての日本共産党の候補者へお願いします。
   
 7.1和泉.jpg今日も葛飾区で和泉なおみ都議候補の応援。夜8時の綾瀬駅前まで一緒に訴えました。和泉さんはそれぞれの場所で対象小中学校の名前を挙げて「五輪への子どもたちの動員をやめ員をやめさせましょう」と呼びかけ。
  どの場所でも家から出てくる人、足を止めて聞いてくれる人があり、走行中にも大きな激励があります。「五輪より命を大切に」の一票は和泉なおみへ!
 IMG_2580.JPG今日も葛飾区へ。当落線上の大激戦の和泉なおみ都議候補の応援です。候補者カーに乗って訴え、2時からは志位委員長を迎えての亀有駅南口の街頭演説会。無所属のみずま区議も応援弁士に立ってくださいました。
 志位さんは、選挙戦の中でコロナ・五輪、都立・公社病院の独法化など、どの問題で、共産党vs自公ファの対決構図がくっきりしたと強調。「五輪より命を優先に」の思いは、こぞって「暮らし福祉を都政の真ん中に」と2期8年の和泉なおみ候補にと訴え。
志位・和泉.JPG 8:30からは議員会館で、全建総連の役員の皆さんと党国会議員団の懇談会。来年度の政府への予算要求についてコ説明を受け、コロナ禍のもとでの仕事の減少の一方で、停滞してしたアメリカ経済が活動を再開し、​木材の需要が高まるなかで高騰している「ウッドショック」など現場の実情をお聞きできました。
 都議選三日目.jpg今日も激戦の葛飾区で和泉なおみ都議候補の応援。候補者カーて四カ所で訴えました。出発の青砥駅に早めに行き、近くの青砥橋の急な坂を見にいきました。
 高齢者やベビーカーを押すご苦労を目の当たりにした和泉さんは都議会でエレベーター設置を質問。住民から請願がだされましたが、自公ファが不採択に。それでも住民と共に粘り強く取り組み、区議会では全会一致で意見書が採択され、実現に踏み出しました。
 立石駅.jpg街宣の最後は立石駅。2年前に視覚障害者のホームからの転落事故が。和泉さんは山添参院議員と共に視察し、京成にホームドア設置を要求。立体交差化後、当初計画を変更して新駅にホームドアが設置されることに。
 毎議会で葛飾の問題を質問する和泉さんに、都の職員が「和泉先生の『葛飾愛』はよくわかっております」と述べたほど。
 街のあちこちに和泉さんの「葛飾愛」が刻まれています。なんとしても押し上げよう!
IMG_2558.JPG 都議選二日目。今朝の東京新聞の一面見出しは「コロナ・五輪 あすを選ぶ」。他紙も「コロナ・五輪 首都の選択」(朝日)、「コロナ・五輪争点」(毎日)など争点を報じました。
 
「五輪より命」「五輪を中止してコロナ対策に集中を。安心と希望の東京をつくろう」という日本共産党の訴えがドンピシャでかみあってます。
 今日も葛飾区で和泉なおみ候補の応援へ。午前中、親子らでにぎわう公園を回り「五輪への子どもの動員やめさせましょう」「子どもの国保料はゼロに」とよびかけました。
告示日.jpg いよいよ都議選が告示されました。激戦の葛飾区で朝から和泉なおみ候補と5ヶ所で街頭演説しました。駆け寄って激励する方など、初日から大きな反応がありました。
 和泉さんの「五輪より命を」という演説はアナウンサーの女性が涙ぐほどです。都政にも、葛飾区にもなくてはならない議席です。
 
 夜は京都の民青の皆さんの総選挙に向けたオンライン決起集会に議員会館から参加してお話ししました。
IMG_2536.JPG 今日も都議選応援で葛飾区入り。夕方に行われた和泉なおみ都議の事務所開きで挨拶しました。場所は事務所近くの立石諏訪神社の境内。
 和泉さんは都議でただ一人の社会保険労務士出身とあり、同業の皆さんも多く参加され、東京都社会保険労務士政治連盟の柏木弘文会長が挨拶をしてくださいました。
 さらに無所属のみずま雪絵区議からも挨拶。和泉都議への党派を超えた支持の広がりを実感する事務所開きとなりました。終了後、和泉さんと並んで、動画メッセージの撮影。
 IMG_2540.JPG昼間は議員会館で資料整理などなど。
 
 IMG_2499.JPG京都を朝出て東京と葛飾区へ。25日の告示が迫った都議選の必勝へ和泉なおみ都議と共に訴えました。
 最初に葛飾民商婦人部の総会の前に開かれた業者婦人後援会の会合で挨拶。社会保険労務士でもある和泉都議は葛飾民商婦人部副部長を務めていることを知りました。
 なるほど、高すぎる国保税を滞納した人に差し押さえをした市や区にご褒美として都が交付金を出す制度を厳しく追及してやめさせた和泉さんの論戦力は、業者婦人の苦労を知っているからこそなんだとガテンしました。
IMG_2513.JPG その後は木村区議に司会をしてもらい、三カ所で街頭演説会。各所で「自民党はだめだ』「共産党がんばれ」など、通りかかった方から声がかかりました。
 和泉さんの勝利、日本共産党の躍進で五輪を中止し、コロナ対策に全力尽くす政治を!
 手あげ1.jpg昨夜遅く、新潟県の浦佐駅前にホテルに入り、朝から今日告示の新潟県魚沼市議選で大平きょうじ(現)、佐藤たつお(新)の両候補の必勝を訴えました。浦佐駅に降りるのは久しぶりでした。田中角栄氏が、自らの地元に作らせた「政治駅」として有名。駅前には片手を上げた角栄氏お得意のポーズの銅像があります。
 ホテルに迎えに来ていただき、まずは佐藤候補の第一声で訴え、さらに商店街でも街頭演説。続いて大平候補とともに街頭演説。今期で優待される大矢角政さんも訴えられました。
 井上4.jpg18歳までの医療費の完全無料化など積極的提案で市政を動かしてきた議員団。コロナ対策抜本強化で命・くらし守る一票、国の公立病院再編リストにあげられた市立小出病院を守り抜く一票をお寄せくださいと訴えました。
 応援を終え、東京へ。明日はコロナ対応の郵便投票に関する法案の質疑に立ちます。土地利用規制法案の参考人質疑が行われ、火曜日の採決をめぐり緊迫した状況になります。午後には総理が帰国し、野党が求めた会期延長への回答があります。16日会期末にむけた激動の日々となりそうです。
DSC_1144.JPG京都を朝出て、東京都葛飾区へ。和泉なおみ都議と共に区内三カ所で都議選勝利を訴えました。移動中の宣伝カーの車内では、お互い被爆二世ですねという話題に。お母さんは広島で入市被爆をされています。
 「暮らし・福祉を都政の真ん中に」をスローガンに二期八年奮闘されてきた和泉さん。昨年二月からは都議団幹事長を務め、コロナ対策でも何度も提言を出して都知事に実現をせまつてきました。一方その「葛飾愛」は都の職員の中でも話題になるほど。
 「私も参院幹事長を務めていますが、参院議員団は13人。18人の都議団の大黒柱が和泉さん。しかも、都議団では日本共産党は、野党第一党です。他党との様々な交渉をしながら野党の共同を広げてこられました。葛飾になくてはならない都議です。」と訴えました。
前の10件 16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26

ページ最上部へ戻る