活動日誌

ホーム の中の 活動日誌 の中の 外交安保・核廃絶

「外交安保・核廃絶」の記事

 20.9宗教者.jpg議員会館前での「敵基地攻撃能力は侵略だ 宗教者ネット集会」で社民党の福島議員と共に挨拶。毎月続けてこられた行動は今日で201回。17年目に入りました。
 「皆さんの粘り強い行動が安倍総理の改憲を許さなかった。しかし、新しい菅新総理は『安倍政治継承』を掲げ、まるで『第三次安倍内閣』かと思うような顔ぶれ。こんな政治が続けば、国民にとって『大惨事』だ」と強調すると参加者からは控えめな笑いと拍手が。
 IMG_3429.JPGさらに、九条をじゅうりんしてきた安倍前首相が、次期政権に敵基地攻撃能力の保有を求める談話を出し、防衛相には安倍総理の実弟の岸氏が就任したことを指摘。「軍事悪循環で日本を危険にする違憲の敵基地攻撃能力保有を力合わせてとめよう」と訴えました。
 最後に、「5年前の9月19日の未明。参院本会議での安保法制強行直後に、この路上で違憲立法の廃止を誓い合いました。その日に日本共産党は安保法制廃止の野党連合政権を呼びかけ、以来、共同を重ねてきました。政権を変えるために、昨日の首相指名では枝野氏に投票しました。他党党首への投票は22年ぶり。共同はここまできた。さらに力を合わせよう」と呼びかけ。
 すると、司会の僧侶の方が「日本共産党の寛容な対応に感謝します」と言って下さり、大きな拍手をいただきました。
 今日は午後から開会式。続いて週末のBS討論番組の打ち合わせなど。
 IMG_3400.JPG官邸前での「安倍首相の『敵基地攻撃能力』保有談話を許さない! 緊急抗議行動」に宮本徹衆院議員と共に参加。立憲民主党、社民党の議員とも一緒に挨拶しました。
 イージス・アショア断念の下、自民党は「防衛に空白作るな」を口実に「敵基地攻撃能力」の保有を求めています。ところが、代替案としミサイル防衛に特化した専用艦建造を有力案とすることをアメリカに伝えたとの報道。「空白」ができるという口実はなくなっても、敵基地攻撃能力を保有する――まさに火事場泥棒です。
 IMG_3399.JPG憲法に違反し、安保政策の根本転換となる「敵基地攻撃能力保有」を、健康を理由に「大切な政治判断を誤る」から辞任を表明した総理が、「談話」により次の内閣を縛るなど絶対に許されないと訴えました。
 午前中から国対会議、参院議員団班会議、国会議員団会議と続きました。その間にも様々な情報が入り、早期の衆院解散総選挙の動きが強まっています。今日は東京の小選挙区候補発表の会見が行われ、夕方には新宿駅西口で志位委員長と東京の比例候補と共にズラリと並びました。
 IMG_1033.JPGもうすぐ発売の雑誌『前衛』10 月号に「女性の権利を国際基準に~女性差別撤廃条約選択議定書の批准を」を書きました。
 ジェンダーギャップ指数が121位にまで落ち込んだ日本の現状打開のために、個人通報制度を盛り込んだ選択議定書の批准が不可欠です。批准をめぐるこの間の国会論戦の到達点と課題を明らかにしています。
 巻頭の日本共産党の衆議院議員の座談会も必読です。コロナ対策で国民の声と野党共闘を力に、政治を動かしてきましたが、「赤旗」の質問報道ではわからない、質問に至るまでの調査や政府との粘り強いやり取りなどの努力、質問への反響など、私も初めて知るエピソードも満載。ぜひ、お読みください。
  
  普天間基地の泡消火剤の流出は格納庫のそばで米軍人が行ったバーベキューが原因だったことを米軍が明らかにしました。なんということか。怒りに震えます。
 発がん性が指摘されるPFOSを含む泡消火剤が大量に流出した直後に外交防衛委員会で質問しました。地元の消防が基地外に流出した泡の除去作業を必死で行っていたにも関わらず、米軍は見に来ただけで自らは作業しなかったことにも県民の怒りの声が上がりました。
 質問では、外務、防衛両大臣が速やかに事故原因を明らかにするよう米側に求めていると答弁しましたが、米側はバーべーキューが原因なのは事故直後にわかっていたはず。それを5ヵ月間も隠していたことになります。
 この間の在日米軍のコロナ感染に対する情報秘匿といい、それをまともに批判しない日本政府の態度といい、許しがたい。怒、怒、怒。
IMG_1034.JPGイージス・アショアの配備撤回の経緯について河野防衛相が会見し、発表しました。ブースター落下の安全性について、地元に約束していたことが実現できなかったことを「慎重さ、誠実さを欠いた」としましたが、その理由に、安全保障環境が厳しさを増す中、導入・配備が急がれ、安全措置の検討と地元説明が並行的に実施することになったことや防衛省に十分な知見がなかったことを挙げました。
 ではなぜ、「安全」と約束したのか。報告書では、アメリカからブースター落下の安全についての確約はないまま、米側の情報にもとづいて防衛省が安全と「判断」したことが述べられています。
 要するに、アメリカ言いなりで「配備ありき」で進め、そのための方便で安全と約束していたということ。それへの反省はまったくありません。これではだめだ。
 ましてやイージス・アショアの配備断念を逆手にとった、敵基地攻撃能力の保有など許されません。
 

 衆院予算委員会の閉会中審査が開かれ日本共産党から藤野議員が質問に立ちました。冒頭、安倍総理が辞任表明後も執務し、敵基地攻撃能力保有にまで言及しているもと、総理出席の審議を行うべきだと強く求めました。一連の私物化問題での疑惑についても自らキチンと語るべきです。 

IMG_1031.JPG 今日の「読売」夕刊の「戦後75年ズームアップ」京都の村上敏明さんが掲載されました。
 74 年前に満州から引き揚げが決まった時、自宅で日本人男性に渡された薬を病気の妹に飲ませたら、目を見開いて息を引き取り、その後、引き揚げ途中に衰弱した母親に医師から渡された白い粉を飲ませたら、泡を吹いて死んだ。足手まといになるので死なせたのではないか――当時を推測し、ずっと自分を責めてこられました。
 今、二度とこんな経験をする人があってはならないと自らの体験と無念を語り、平和を訴えておられます。右下は、8/6に三条大橋での原爆追悼キャンドルの写真。8/9には私も並んで立ち、ご一緒に平和を誓いました。
 
コロナ禍対策で入国制限が続く中、在留資格を持っている外国人の再入国や留学生の皆さん等の入国の緩和について、PCR検査や入国後14日間の自主隔離などしっかりと対策をとったうえで進めるよう、要請してきました。国費留学生については「8月末から順次入国を再開することになった」と外務省も会見しています。
 ところが、海外の方から、「文科相から数週間前にもうすぐ入国が許可されるというメールを受け取ったが、今日にいたるまで日本に入国する手続きができない」という国費留学生の状況についてメールがありました。
 文科省に確かめたところ、「入国時に空港でPCRを受けた後に公共交通を使わずに移動し、2週間の隔離を求めることとなる。まずは、国費留学生について、検査後の移動、隔離について受け入れ大学の責任で行うことで入国を再開するが、受け入れ大学は約100校あり、この条件をクリアできるか、一校一校確かめているところ。可能な限り早くしたいと思っているが、時間がかかっている。」とのことでした。
 精神的にまいっている学生もいることも伝えて、一刻も早く進めるよう求めたところです。

  朝から、国対会議、予算委位置合わせ、参院議員団班会議、国会議員団会議と続きました。自民党の次の総裁選びを党員投票なしで行うことを決めました。16日から臨時国会を召集し、冒頭に首班指名を行うという日程がぼ確定的となっています。

 安倍総理は次の総理が決まるまでは職務に当たり、しかも自身の在任中に敵基地攻撃能力保有の方向性を示す意向を固め、与党幹部に伝えていたことが報道されました。憲法を蹂躙するような政策変更を辞任する総理が進め、しかも国会では説明も議論もしないことなど許されません。

 日本共産党は明日、明後日予定されている衆参の予算委員会に総理出席を強く求めています。

 

 辞任緊急街宣.jpg安倍首相の辞任会見を受け、京都で穀田、倉林議員とともに緊急街宣。速やかに次期総理を選び、代表質問、予算委で徹底審議を要求。安倍総理なき、安倍政治の継続ではなく、憲法じゅうりん、格差拡大と自己責任押し付け、国政私物化の自民党政治の転換へ共同強め力尽くすと訴えました。
 マスコミも注目。テレビも含めて取材がありました。
 夕方には、三条大橋で、京都被爆二世・三世の会の、黒い雨宣伝.jpg「黒い雨」訴訟の控訴に抗議する宣伝活動に参加。8/6に広島市で原告団の皆さんと懇談したことも紹介しながら、控訴の取り下げと原告全員への即時被爆者手帳の交付を求めました。井坂博文京都市議とご一緒でした。
 今日も暑かった!
 午前中は国対会議、昼食をとりながらの班会議、夕方は議員団会議と続きました。午後には「留学生 月内にも入国緩和 再入国は来月撤廃」(8/22「朝日」)など、政府が入国制限の緩和の方針を固めたとの報道について外務省、法務省、文科省から説明を聞きました。
 まず、在留資格保持者の入国制限撤廃について。入国拒否が決まる前に出国した在留資格保持者の入国は資格内容に関わらず8/5以降認められていますが、入国拒否決定以降に出国した方の入国は「特段の事情」をのぞいて認められていません。
 国際的にも関係者からも批判の強いこの規制措置について、9月以降撤廃すると報道されています。外務省は、まだ検討中の内容であり決定ではないとの説明でしたが、内容については否定しませんでした。近日中には正式発表があると思われます。様々いただいているメールでは、国内外で公式発表を待っておられます。早く発表してもらいたい。
 留学生の受け入れについて、まずは日本政府が学費や生活費を支給する国費留学生から行うという報道。文科省からは「多くの留学生に来てもらいたいというのが文科省の思い。一方、コロナ対策感染の中で国民の理解が得られるかという問題があり、他省庁との調整も必要。入国拒否地域から特例で入国する際には出国時の検査と共に、入国時に空港でPCRを受けた後に公共交通を使わずに移動し、2週間の隔離を求めることとなる。まずは、国費留学生について、検査後の移動、隔離について受け入れ大学の責任で行うようにする。その状況を見て私費留学生に拡大したい」との説明でした。
 それでは、私費留学生の受け入れは来年以降までずれ込むのかとの問いに、「文科省としてはそこまで先延ばしをしたいと思ってはいないが、全体の感染状況、他省庁との調整で、時期はいえない」という返事でした。
 
 また、日本企業の就職に内定をもらった外国人の方で、住居も解約して渡航準備をしていたら入国禁止になって困っている方もおられます。外務省は「現在、感染が落ち着いたベトナム・タイなどの16か国と個別にビジネス関係の入国規制緩和の協議をしている。協議がまとまった国からは、就職内定者も入国は可能になる」との説明。
 いずれの場合も出入国それぞれでPCR検査を行い、入国後2週間の隔離を求めるという対策を取ることになるわけですからが、日本で学び、働く意欲を持つ皆さんの願いがかなえられるよう、対応してほしいと求めました。
 午前中は国対会議。昼食をとりながらの班会議、夕方は議員団会議と続きました。

 議会と自治体.jpg京都を出て、午後には国会へ。『議会と自治体』の9月号に掲載誌が届いていました。拙文「イージスアショア配備断念と『敵基地攻撃能力』保有許さぬたたかい」が掲載されています。ご覧あれ。

沢田先生.jpg名古屋市金山駅のコンコースで今日、明日開催中の「原爆と人間展」。昨年は二日間で8000人の参加者でしたが、今年はコロナ禍で密を避けての開催です。
 写真パネルと共に、広島基町高校の生徒による原爆絵画も展示されています。丁度、わが母校、広島国泰寺高校(旧制広島一中)の先輩で、被爆者である沢田昭二・名大名誉教授も会場に来ておられました。
 二人の背後の絵画は、一中の校舎で被爆した一年生の最20.8愛知原爆パネル展.jpg後の生存者である兒玉光雄さんの証言によるもの。「黒い雨」訴訟にも深くかかわってこられた沢田先生から、被爆時のお話しと共に、「黒い雨」地裁判決の意義や、控訴審での課題についてもお話しを聞くことができました。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページ最上部へ戻る