活動日誌

ホーム の中の 活動日誌 の中の 社会保障・障害者・教育・文化

「社会保障・障害者・教育・文化」の記事

 午後に京都を出て国会へ。事務所の打ち合わせをした後、新丸の内ビルで行われた「京都アカデミアフォーラム開所式」に出席しました。

 京都の文化・芸術・科学について「学術面から情報発信する場」として広く一般に認知されることを目指し、京都の魅力や価値を高めるため、京都大学とパートナー大学が連携協力し、それぞれの主催による各種会合等を開催することが目的とされています。

 開会式には京大の山極総長を始め、他の九つの大学の学長さんらが出席され、山際氏Iは「そうだ、京都に行こう」ではなく、「だから、京都に行こう」にしたい、と意気込みを語られました。その後、テープカットと乾杯。

 さて、今朝、「京都被爆二世、三世の会」などでお世話になっているご近所のⅠさんから、福井の足羽川で昨日釣った鮎をいただきました。新鮮なうちにと、早速、東京に行く前に塩焼きにして食しました。美味。幸せ。

 倉林.jpg午前中の本会議では介護保険法改正案の趣旨説明質疑。日本共産党から倉林明子議員が質問に立ちました。その後、議了案件の採決。精神保健法改正案の討論採決があり、これも倉林さんが登壇。はからずも厚生労働委員会の2つの重要法案の質疑と採決が同じ日になったためですが、他党も含めて同じ議員が一つの本会議で2度登壇するこのはめったにありません。

 本会議の登壇回数が大きく増えたのは議席増の結果。嬉しいことです。同時に、重要法案がたくさんかかる厚労委員会に日本共産党の委員が一人しかいないことによるものであります。倉林さんは二人分、三人分の大活躍をされていますが、ぜひ、次の参院選挙でさらに躍進してすべての委員会に複数議員を配置したいものです。

 共謀罪の強行を巡り、衆院法務委員会が委員長職権でセットされるなど緊迫する情勢。10時過ぎに衆院で金田法相不信任決議案が出され、今日の法務委員会は開かれませんでした。与党は明日の本会議で決議案を否決し、明後日の委員会で採決を強行、週明け23日の本会議で可決という構えだとされていますが、審議はまだ入り口。

 今日も朝から国会周辺には廃案を求めるたくさんの皆さんが集まり、朝、昼、夕方と三ラウンドで集会が開かれています。加計学園、森友問題で総理の意向で役所が動いていた決定的証拠ともいえる文書が出て、朝から大きな話題になっています。なんとしても廃案にするため頑張らねば。

 午後には東京民医連の新入職員の皆さんが請願書をもつて来訪。新人研修の一環だそうですか、医療現場で思うことや患者さんの声、政治への要望など聞かせてもらいました。

 16:00に明日の質問通告。17:00からは院内で開かれた円卓会議「南スーダン後の日本の国際貢献」に笠井亮議員とともに参加しました。

 IMG_1009.JPG今村前復興大臣の暴言をめぐり昨日から国会審議が止まり、今日予定されていた外防委員会も中止。

   時間が空いたので今日から憲政記念館で始まった「日本国憲法施行70周年記念展示」を見に行きました。  原案への衆議院、貴族院での修正案が囲まれた記録など制定当時の貴重な資料が展示されています。

 DSC_0277[1].JPG今日行うはずだった外防委の質問はGW明けの9日になる見込み。その日の午後には予算委の集中審議も行われる方向です。今日は今後の論戦の打ち合わせや資料整理など行いました。

 夕方には、ぜひ行きたかった、国立新美術館で開催中の「草間彌生 わが永遠の魂」を鑑賞。草間さんの集大成ともいえる展覧会で、圧巻は大展示室の壁を埋める「わが永遠の魂」と題した絵画群。

 DSC_0271[1].JPG強烈な色彩の中、情熱がほとばしり、平和への思いと人間愛が迫ってきます。圧倒的な草間ワールド。大展示室は携帯撮影可なのが嬉しい。

  

 午前中は予算委員会の一般質疑に出席。今日は自民党と民進党質問で、日本共産党は明日、仁比議員が質問。12:15から外交防衛委員会が開かれ、外務、防衛両大臣から所信を聞きました。それに対する質疑は明後日行うことになりました。

IMG_0606.JPG 午後には、石川県と富山県の医労連の皆さんが来訪され、「安全・安心の医療・介護の実現と夜勤交代制労働の改善を求める国会請願署名」を受け取り、懇談。特に、精神医療の診療報酬が低くされている下での医療や職場の実態をお聞きすることができました。

 その後、南スーダン情勢について外務省からレク。明日の本会議で、北朝鮮の弾道ミサイル発射に対する抗議決議をあげることになり、夕方は、その文案調整。

 南スーダンPKOの日報廃棄問題で内閣府、防衛省からそれぞれレクを受けました。内閣府からは公文書管理法について、防衛省からは今回の問題の事実関係を衆院予算委の論戦を踏まえて聞き取りました。

 衆院は予算委で公聴会が開かれました。財務委員会では宮本たけし議員が森友学園の問題での二回目の質問。新たに入手した大阪府の私学審議会の議事録の驚くべき内容を示して文科省、財務省を追及しました。財務省はまともに答えることができず、疑惑は深まるばかり。関係者の参考人招致が必要です。

IMG_0427.JPGIMG_0437.JPG IMG_0433.JPG                              国民の皆さんの願いと怒りが国会にどんどん届けられた一日でした。午前中には私学助成の拡充を求める院内集会に出席し、全国から集まった皆さんに挨拶。

 その後、超党派議員と市民の勉強会「私は共謀罪の国会提出に反対します」に参加し挨拶。中野晃一さん、佐高信さん、鎌田慧さん、青木理さんなど各界のみなさんが訴え。大学の一年先輩の松宮孝明立命館大学教授も刑法学者のアピールを紹介しながら共謀罪の問題点を語られました。

 午後には、平和を作り出す宗教者ネットの「内心の自由を奪う共謀罪はいらない2.16宗教者緊急集会」で国IMG_0441.JPG会報告。続いてJMITUの春闘中央行動国会請願デモを岩渕議員と共に激励しました。

 昨日の参院本会議での安倍総理の、米国からの武器輸入は「結果として米国の経済や雇用に貢献する」との答弁に今日の衆院本会議で宮本たけし議員が「言語道断」と厳しく批判。

 総理は同じ答弁を繰り返すだけ。許せません。

 日韓議員連盟の総会に9:30から出席し、すぐに中座して外交防衛委員会理事会へ。9日に「最近の国際情勢と日本の外交・安全保障」のテーマで参考人質疑を行うこと、22~23日に福岡、長崎に委員派遣を行うことを確認し、理事会後の委員会で議決しました。

 富山要請.jpg11:30からは日本共産党富山県委員会の皆さんが国会に来られ、8省庁に対する要請行動。坂本洋司衆院三区予定候補やひづめ県議をはじめとした地方議員の皆さんです。

 文科省要請の際には、藤野衆院議員、武田参院議員とともに同席。就学助成制度の入学準備費用の入学前支給や35人学級の推進など、住民の生の声を示して要望しました。

 前列右端の赤星ゆかり富山市議は今日が誕生日でした。Happy Birthday!お昼は富山の皆さんと一緒に議員食堂で。その後、武田議員の議員室を見学してもらいました。

 午後は、衆院予算委の笠井亮議員、藤野保史議員の質問をテレビで応援しながら、打ち合わせやデスクワークあれこれ。

 午前は参議院、午後は衆議院で代表質問。参院は民進党と自民党の質問。衆院では日本共産党から志位委員長が質問に立ちました。

 午後には文科省が、大問題になっている天下り問題について説明に来ました。現在明らかになっている事実関係や処分の内容、今後の調査と対応などについて聞きましたが、「法律違反に、隠ぺい工作。文科省に道徳を語る資格があるのかが問われている」と指摘しました。

 広島県人会.jpg夜は東京広島県人会の70周年記念新春懇親パーティーに出席しました。大盛会で、高校の同窓会の皆さんとも会えました。

 舞台ではリオ五輪水泳金メダリストの金藤理絵さんやカープの緒方監督、アニメ映画「この世界の片隅で」の主演声優の、のんさんらが挨拶。会場は「広島愛」で溢れました。 

鑑真.JPG 昨日は、今年最後の議員会館での執務を終え、京都へ。オペラ『鑑真東渡』を鑑賞しました。素晴らしかった。
 
 中国・江蘇省演劇集団の日本公演に日中友好議連のメンバーにご招待をいただいたもの。6度にわたる渡航挑戦の末、失明しながら来日し、戒律を伝え、唐招提寺を開いた鑑真和上を描いた中国語のオリジナルオペラです。
 
 仏教の話を中国語でオーケストラの音楽にのせて演じるオリジナルオペラ。どんな作品になるのかと思って参加しましたが、力強い歌声、演奏、シンプルで洗練された舞台美術。どれも素晴らしかった。
 
 公演の前に、35年ぶりに井上靖の小説『天平の甍』を読み返しました。鑑真和上が果たされこととと、素晴らしい公演に感謝。  

 延長国会の会期末の今日。悪法採決や内閣不信任案を巡っての長い攻防となりました。朝8:00過ぎからの会議で情勢を報告し対応を協議。悪法廃案に全力を挙げつつ、今国会での安倍政権全体の強権・暴走政治に野党四党て共同して不信任を突きつけることが重要です。

 10:00からは各委員会での会期末処理が行われました。11:30から本会議が始まる予定だしたが、民進党が伊達議長不信任案を提出したため、13:10からの開会となりました。冒頭、同不信任案が議題に。わが党も賛成票を投じましたが、反対多数で否決。

 続いてお年金カット法案の討論・採決。倉林議員が怒りの反対討論に立ちました。その途中に民進党が総理問責決議案を提出。その取扱い協議のために本会議が休憩となりました。その後、自民、民進間の国対協議や議運理事会の協議が断続的に行われましたが、結局、与党、維新は本会議上程を拒否。

 私は急遽、賛成討論を準備しました。沖縄でのオスプレイ墜落事故の問題も盛りこんで原稿を大急ぎでつくりましたが、本会議の議題にならず、「幻の討論」となりました。残念。

 18:10から本会議再開。カジノ推進法案の討論、採決が行われ、わが党から大門議員が反対討論。「明治42年の競馬法は衆議院通過したが、社会的悪影響を懸念した貴族院では見事、否決。良識の府参議院ならば、数々の懸念が示され国民多数も反対しているカジノ解禁法案は廃案にするべき」の下りに大きな拍手。

 自民、維新の賛成討論には全く説得力なし。採決では公明党の山口代表も反対。同党は衆院では井上幹事長も反対。与党の党首・幹事長が反対するようなものを無理やり審議入りして採決するなど議員立法としてあまりにも異常です。

 与党・維新などの賛成多数で修正議決。その後、請願採択や閉会中審査の手続きなど会期末処理をして本会議は休憩に。カジノ法案は修正議決したため衆院に回付されることとなりました。

 本会議終了直後に衆院の控室で議員団総会。志位委員長からの発言の後、全体でガンバローを三唱して決意を固め合いました。その後、在沖米軍トップの、オスプレイ事故に関しての「住宅上空を飛ばなかった沖縄県民は感謝せよ」という発言のニュースを聞き、激しい怒りを感じました。

 衆院本会議は22時に開会。開会前の代議士会に私も参加し、議員団を送り出しました。まず、17日までの会期延長を議決。池内議員が反対討論に立ちました。その後、内閣不信任案の質疑。穀田国対委員長が賛成討論。

 延会手続きを挟んで0時過ぎに再開。修正されたカジノ推進法案が議題となり、島津議員が反対討論。与党・維新の賛成多数で成立させられたのは1時でした。

 それにしてもカジノ法案のために国会を再延長し、深夜の議決。安倍政権の強権・暴走の異常さを象徴する姿となりました。怒、怒、怒です。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

ページ最上部へ戻る