活動日誌

ホーム の中の 活動日誌 の中の 演説会・選挙応援

「演説会・選挙応援」の記事

 IMG_0772.JPG京都府舞鶴市での日本共産党舞鶴地区委員会主催の講演会で「市民+野党の共闘と日本共産党」と題して講演。長野、新潟、三重など激戦の中で野党統一候補が勝利した選挙区に応援に入って実感したことなどを紹介しながら参院選挙の教訓と今後のたたかいについてお話しました。 

海上自衛隊基地があり隊員と家族など関係者が約一万人という舞鶴市。前進した二年前の市議選では「自衛隊員の命を全力で守ります 日本共産党」との大看板が大きな話題となりました。 

講演では、参院選挙で、安倍総理からの攻撃に厳しく反撃した「憲法と自衛隊についての日本共産党の立場」についても改めてお話し、基地のまち舞鶴から政治転換の流れを沙良にひろげようと訴えました。

 

 やましな.JPG朝から議員会館で書類整理など。午後から京都に帰り、夜は京都市山科区の日本共産党後援会で国会報告。参院選の一人区での市民と野党の共同の発展や候補者の変化、安倍総理先頭とした激しいテコ入れ、11人の勝利の意義などできるだけリアルにお話をしました。

 さらに選挙後の国会の様子や沖縄、福島、東北など一人区で勝利した地域に学んだ、争点そらしを許さない日常的に要求運動と共同の大きな発展や、自力作りの必要性も強調しました。

福井.jpg 日本共産党福井県委員会の参院選報告集会をかねた党創立記念集会に武田参院議員と共に参加しました。福井の参院比例候補として奮闘した山田さんに続き、野党統一候補で奮闘された横山さん(連合事務局長)はじめ、民進党、社民党、連合、市民団体の代表が参加して挨拶をしてくださり、歴史的集いになりました。

 市民と野党の共闘はさらに進化中であることを実感しました。

 朝からオリンピックに釘づけ。内村航平はすごかった。

 京都を朝出て三重県津市へ。13:30から三重革新懇の総会で「参院選の結果と今後のたたかい」と題して講演。参院選三重選挙区は全国屈指の大激戦区でしたが、見事に野党統一候補の芝さんが当選しました。

 市民の声と運動が様々な困難を乗り越えて野党統一候補を実現し、候補者を変え、選挙運動を変え、勝利をつかんだことを選挙戦のエピソードや選挙後の報道やコメントを紹介しなが強調。野党共闘の成果と意義、今後の方向などについてお話ししました。

 終了後、東京へ。さあ、明日から臨時国会。当選議員の皆さんの初登院です。

千曲市.jpg 今日の参院議運理事会で各会派の委員会毎の委員や理事数が確定。昨日、12年振りに全委員会に委員を持ち、予算、憲法審査会は2人が3人に増えたと報告しましたが、新たに財政金融、経済産業、環境は複数委員になることも確定しました。

 夜は長野市内で、党長野県委員会の「党創立94周年レセプション」に藤野衆院議員、武田新参院議員と共に参加。野党統一候補の杉尾ひでやさんと武田さんを勝利させた喜びに溢れました。比例候補として奮闘した唐沢さんに続き、民進党、社民党の県連幹事長や民進党の下条みつ元衆院議員も挨拶して下さり、一層の野党共闘の発展を感じさせる集いでした。

 参院選と同時投票の選挙で二から三議席へと前進した千曲市議団の中村、前田、斉藤各議員とともにパチリ。

 富山集会.jpg国会を午後にでて、18:30から富山県で参院選報告集会。会場いっぱいの250人の参加でした。

 野党統一候補で大健闘された道用悦子さんからのメッセージに続き、比例候補で奮闘した高橋渡さん、武田良介新参院議員、藤野保史衆院議員が挨拶し、私が記念講演。

 富山県で日本共産党国会議員が3人揃うのは何年振りでしょうか⁈

IMG_0649.JPG 季刊雑誌『季論21』のフォーラム「参院選の結果と共闘のゆくえ――民主主義は暴政に勝てるか」が京都市内で開かれ、同志社大の岡野八代教授、神戸女学院大学の石川康宏教授と共にパネリストとして議論しました。

 10月発行の秋号に掲載されます。

中野市.jpg 議員宿舎を7時前に出て、長野市へ。新参院議員の武田良介さん、藤野保史衆院議員と3人で長野県内270㌔を縦断し、9:40の中野市から19:00の飯田市まで7か所で参院選報告会を行いました。

 猛暑の中、どこでも多くの皆さんが集まって下さり、「参院議員になった武田さんを見たくて来た」「わが町に日本共産党の国会議員が三人揃ってくるなんて初めて」など、野党統一候補の杉尾さんの勝利、長野初の日本共産党参院議員の誕生の喜びに包まれました。

 投開票日。20時のふたが閉まった瞬間に、出口調査にもとづく議席予想が出され、京都選挙区も自民・民主の現職に当確が打たれました。大河原さんの選挙事務所に20時過ぎに到着すると、すでに候補の共同インタビューが始まっていました。

 どれだけの得票差になるかなど何もわからないままに「敗戦の弁」をのべるのはなかなかつらいものです。残念。日本共産党の議席予想は比例5、東京では山添候補に当確が出ました。

 9時には事務所を出て読売テレビの選挙特番「ZERO×選挙2016」出演のために大阪へ。11時から1時までの生放送でした。

IMG_0583.JPG  参議院選挙は、日本共産党は比例5 と東京選挙区の6議席、野党統一候補は11選挙区で勝利する結果となりました。改選3議席から倍増、躍進した前回選挙と比べ比例も前進して600万票に乗りました。

 大阪の読売テレビの選挙特番から自宅に戻ったは朝の2時すぎ。選挙結果の最終を確認しようと速報を見続けまたが、途中でダウン。朝の宣伝に出る直前に確認しても、わが党の比例五人目の当選者が確定していません。

 8:00から京都市の四条大橋で大河原候補、倉林参院議員とともに宣伝カーから挨拶。大河原さんは「今日から憲法と暮らしを守る新しいたたかいを始める」と決意。がんばろう!

 宣伝から自宅に戻った直後に、NHKの速報で武田良介さんに当確が打たれました。よし! すぐに長野県委員会に電話。武田さんに直接お祝いを言うことができました。初当選の山添、いわぶち、武田三氏はいずれも30代。フレッシュな力を議員団に迎え入れることができました。

 夜は京都の選挙報告集会に参加。会場からあふれる参加者でした。選挙結果に示された希望と教訓をふまえ新しい前進へのスタートです。

前の10件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

ページ最上部へ戻る