活動日誌

ホーム の中の 活動日誌 の中の 演説会・選挙応援

「演説会・選挙応援」の記事

池住対談.jpg 午後から名古屋市へ。名古屋高裁でのイラク自衛隊派遣違憲判決から10年にあたり、愛知民報の企画で、同「訴訟の会」の代表だった池住義憲さんと対談。同判決は、自衛隊の活動地域が「非戦闘地域」ではなく、他国の武力行使と一体であり違憲としました。その正しさは、明らかになったイラク日報にでも裏付けられました。

 このイラクにおける「戦争の真実」を隠ぺいしたまま、安保法制では、戦争中の他国軍隊への支援を従来の「非戦闘地域」から大きく広げました。こんな違憲立法は廃止するしかありません。同時に、同判決が「平和的生存権」を認めたことの意義も再確認し、九条改悪許さぬたたかいの力にと語り合いました。23日号に掲載予定。乞う洪ご期待。

 南区・田村.jpg京都に戻り、夜は田村智子副委員長を迎えて京都市南区での演説会。府会は定数三で山内よしこ府議を市会は定数五で、井上けんじ、森田ゆみこの二人の市議を持つ南区。沖縄知事選、府・市議選、参院選での連続勝利を訴えました。

 IMG_5933.JPG京都を朝出て京丹後市へ。「米軍レーダー基地問題報告会」で国会報告のためです。報告会の前に、経ヶ岬の米軍Xバンドレーダー基地を京丹後市議団や地元の皆さんと視察しました。

 京都で初めての米軍基地として本格運用が開始されて四年近くになりますが、住民の安心安全を脅かす地元との約束違反が次々と生じています。第二期工事の中では、主権侵害である敷地外掘削が行われ、原則実施しないとされた休日工事が強行されています。

 IMG_5925.JPG報告会では、この間の取り組みや府議会、京丹後市議会、基地の現地からの報告が行われました。私は、米軍が、ドクターヘリ運行のための停波要請を受けたにも関わらず停波しなかった問題を国会でとりあげ、防衛省が「米軍の運用上やむを得ない場合を除き、要請を認めるもの」と回答したことを紹介。

 京都府と防衛省との合意内容が何の条件も付けず「緊急時のヘリの運行に支障が無いよう、米側は停波要請があれば速やかにレーダーを停波する」としていることと、明らかに食い違うと指摘しました。

 そして、沖縄での米軍オスプレイ配備の際の日米の合意文書で、飛行経路は「できる限り学校や病院を含む人口密集地域を避ける」とされながら、人口密集地上空での飛行が繰り返されていることも紹介。

 「結局、日米地位協定の下で、米軍の運用が国民の安全や命より優先されている」といると指摘し、「米軍は約束を守る気がないし、政府も守らせる気がない、基地撤去しかない」と強調しました。

 終了後、地区委員長から参加した90歳の男性を「入党をお勧めしている方です」と紹介されました。男性は「もう九十だからできることはない」と言われましたが、田中角栄元首相が「戦争を知っている世代が政治の中枢にいるうちは心配ない。だが戦争を知らない世代が政治の中枢となったときにはとても危ない」と述べていたことを紹介。

 自民党の元総理も危惧をしていた事態が今。戦争を知る世代として、できることで力を貸してほしいとお話しました。

 IMG_5934.JPGその後、舞鶴市で演説会があったため、すぐに出発しましたが、「入党していただきました」とのメールをもらいました。嬉しい!

舞鶴市では田村智子副委員長を迎えての演説会。11月の市長選候補の、現職の伊田悦子、小杉悦子、石束悦子の「三人悦子」と新人の小西洋一さん、4月の府議選候補の後野市議と共に訴えました。その後、京都を経由して東京へ。

 イケハラ.jpg沖縄統一地方選応援二日目。9:30~12:30まで沖縄市議選で8期目をめざす池原ヒデアキさんの応援。七カ所で街頭演説を行いました。反戦地主会の事務局長として平和運動59年。党議員団長として、「オール沖縄」の大黒柱です。

 台風の影響か、いい風が吹いて日陰は快適ですが、日射しはやはりきつい帰りの飛行機の出発が一時間近く遅れました。明日は各地で台風の被害が心配です。予定されていた党の幹部会、都道府県委員長会議も明後日に変更。

宜野湾.jpg 沖縄統一地方選告示日。普天間基地のある宜野湾市の宮城チカラ候補の第一声で挨拶。知念吉男市議からバトンタッチです。

 玉城デニー知事候補、ナカニシ雅春市長候補からのメッセージもありました。

昼まで車に乗り、翁長知事の遺志を継ぎ、辺野古基地建設ストップ、普天間基地即時閉鎖返還にチカラを尽くすと訴えました。

 ミツコ.jpg西原.jpg午後からは西原町で伊計ひろこ町議と街頭演説4ヶ所。夜は沖縄市で前宮ミツコ候補と20時ギリギリまで6ヶ所で街頭演説。命懸けで辺野古新基地建設ノーを貫いた翁長知事の遺志を継ぐ日本共産党の勝利、玉城デニー知事の誕生を!

 

 39905900_519654981815837_2143884482585821184_n.jpg愛知県の党地方議員研修会を朝出て、午後から京都府綾部市議選の応援。定数18で現有4議席確保へ、吉崎久、つきがしら久美子、井田かよ子(以上現) 、中島ゆうこ(新)各候補を街頭演説、演説会、事務所激励で支援。穀者の中の選挙。吉崎さんの肌の色にこの間の奮闘が焼き付いています。全員必勝!

 告示日に応援に行った同じ26日投票の三重県名張市議選と共通するのが改憲右翼団体、日本会議の動き。自民党は、綾部では日本会議の新人を擁立、名張では自民党市議が結成された日本会議支部の役員についています。

 安倍首相の「次の国会に改憲案提出」発言と軌を一にしたもの。日本共産党の勝利で改憲ノーの声を示そう。

 IMG_5872.JPGIMG_5871.JPG京都7:10発の近鉄で三重県名張市へ。今日告示の市議選で現職の三原じゅん子、たきた利治両候補の応援です。定数2減で6人はみ出しの大激戦。

 総理の改憲加速発言から最初の選挙で、自民党市議が「日本会議」の支部役員に就いており、選挙結果は憲法に直結します。負けられません。

 暮らし守り、改憲許さぬ一票は日本共産党両候補へ! と訴え。

 その後、7日以来の国会へ。たまった資料の整理や今週の講演の準備など。

 IMG_5834.JPG京都一巡夏キャラバン最終日。7/25の京都市西・右京区から始まり、今日のた。酷暑の中、倉林参院議員や地方議員の皆さんと街頭演説や集いで訴え(写真は今日の山科区音羽)。

 私は途中、長野、富山、静岡、愛知、広島、長崎と回り、キャラバンは5日間の参加。たくさんの激励を頂きました。

 最終日の今日は、午前中、東山区の新熊野神社参集殿での集いに倉林さんと共に参加した後、二ヵ所で街頭演説。お昼は、保育園の保護者会を一緒にやった方のうどん屋さんで。

 午後は山科区の音羽公会堂での集い。平日昼間にもかかわらず50人も集まってくださいました。

 贈り物.jpg夜は山科区日本共産党後援会の総会での国会報告の後、全府の女性後援会の総会へ。挨拶の後、各後援会から甚平、ビール、冷たい枕カバー、ゼリー、お菓子など贈り物をいただきました。「甘いもので元気付けて、夜は甚平でビールをぐいと飲み、冷たい枕でぐっすり寝て、がんばります! 」とお礼の言葉。

 IMG_5773.JPG午後から長野県知事選挙の金井忠一候補の応援。長野市、中野市で街頭演説会を行い、夜は須坂市での個人演説会で訴えました。短期間に県内77市町村をすべて回り、住民の願いと怒りを聞いてきた金井候補は、真っ黒に日焼けしてエネルギッシュな訴えです。

 県政と共に安倍暴走政治に審判下す選挙。告示日の翌日に野党六党で安倍内閣不信任案を提出。ところが安倍総理から直接、自民党の推薦状をもらった現職知事に日本共産党以外が相乗り。安倍総理は不信任というあなたの一票は党派を越えて金井候補へと呼びかけました。

 酷暑の中の選挙となり、学校の教室にエアコンの設置を求める金井候補の「リニアよりクーラーを」の訴えは大きな反響を呼び、知事も「スケジュールを検討する」と述べるようになりました。しかし、求められているのは、それにとどまらない緊急の対応。子どもの命と健康がかかっています。金井知事誕生ですぐに実現しようと強調しました。

 終了後、東京へ。

 。

  小矢部市.jpg東京を朝出て、炎天下、5日投票の富山県小矢部市議選の応援。九期目をめざす砂田よしあき候補と、堀内あきよ候補で初の二議席をめざします。自民党は公認・推薦候補を定数いっぱいの16人擁立という構え。

  六ケ所の街頭演説で訴え、夜は堀内候補の演説会。通常国会終了後、富山では最初の選挙。日本共産党の二議席実現で自民党を減らして安倍暴走ノーの声示し、住民の願い生かす力も二倍に!

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページ最上部へ戻る