活動日誌

ホーム の中の 活動日誌 の中の 社会保障・障害者・教育・文化

「社会保障・障害者・教育・文化」の記事

 IMG_2430.JPG総がかり行動実行委員会が18:30から行った「自衛隊の中東派兵やめろ!」官邸前緊急行動で挨拶をしました。防衛省設置法の「調査・研究」目的だとして国会承認も無しに派兵しようとしています。これには自民党内からも「打ち出の小づちのように『調査・研究』を使っていいの」の声も。

「七福神の大黒さんの『打ち出の小づち』を振ったら富を生み出すが、こちらを振れば戦争を生み出す。歯止めなき拡大につながる派兵は許されない」

IMG_2431.JPG 「イランと特別に親密な関係を持つ日本がやるべきことは派兵ではなく外交努力。イラン核合意から離脱して危機の原因を作ったトランプ氏に合意復帰を正面から求めよ」と訴えました。

 昼間は、質問準備をしながら、愛知の民医連の皆さんから社会保障の拡充や介護保険の抜本改善を求める要請、京滋私大教連の皆さんから私大生の学費負担軽減と私大助成の増額の要請をそれぞれうけました。

 私大学費負担軽減では京都橘大学の2人の学生からバイトと学業を両立させることが困難になっている実態など具体的にお話を聞けました。

19.10.24じん肺.jpg「なくせじん肺全国キャラバン」の国会請願デモを激励。請願署名を受け取り、一緒にコールしました。れいわ新選組の事務局の方も我々と並んで激励されました。

 正午から初めての初めての外交防衛委員会理事懇談会。来週火曜の大臣所信聴取と木曜日の視察日程を確認しました。その後、じん肺キャラバンを激励し、続いて安保部会で防衛省職員給与法改正案について防衛省からレクを受けました。

 夕方にはハンセン病問題の二つの議連の合同総会に出席。「ハンセン病元患者家族に対する補償金の支給等に関する法律案」の骨子案と、前文案について了承しました。

 この間、両議連に参加する与野党のワーキンググループが原告や弁護団、厚労省などと議論し取りまとめたもの。

 前文 では、ハンセン病元患者家族も、偏見と差別の中で多大な苦痛と苦難を強いられてきたにもかかわらず、その重大性が認識されず、国会と政府がこれに対応する取り組みをしてこなかったことへの反省とお詫びをのべ、偏見と差別根絶への決意を盛り込んでいます。そして法案骨子案では、元家族への補償金の支給や名誉の回復と福祉の増進などを盛り込んでいます。

 全体の拍手で承認した後、原告団、弁護団からの挨拶がありました。関係者の熱意の下で、短期間にまとめることができたことは本当に良かった。

学童保育.jpg京都市伏見区で開かれた全国学童保育研究集会に来賓として参加。明日までの2日間、のべ3500人の参加で行われます。

開会前の学童たちの一輪車のパフォーマンスがよかった!台風災害で参加できない地域の方もおられました。

 そのあと、京都市内二カ所で街頭演説。西山のぶひで府19.10.19 四条大宮.jpg議、井坂博文市議と共に訴えました。私は、予算委質問で台風被害と関電原発マネー問題を取り上げたことを紹介しながら訴え。

 街宣では台風被害の救援募金を訴え、10人の方から協力いただきました。

 武器見本市.JPG議員会館で開かれた「武器見本市はいらない! 宗教者の集い」で挨拶した後、議員団の日米FTA対策チームとして日米貿易協定、デジタル協定について政府からレクを聞きました。

 安倍総理は「ウィンウィン」などと言っていますが、日本が一方的に譲歩した問題点山積みの協定です。

 夕方に、滋賀県信楽で作陶されている広島国泰寺高校の後輩(S54年卒)の陶芸家中本若枝さんの東京・日本橋高島屋で開かれている個展を鑑賞してました。

 信楽焼き.jpg会場で中本さんと談笑。同級生が広島からも来てくれ、東京鯉城同窓会の方も来られたとのこと。22日まで開かれています。ぜひ、ご来場ください!,

 

 昨日は午前中に参院、午後は衆院で代表質問。志位委員長が質問に立ちました。今日は午前、午後と参院代表質問で午後一番に小池書記局長が登壇しました。

 今日の最初の答弁で総理は読み間違えたり、原稿台にを可かが見込むように見たり、変だなと思っていたら、何とメガネを忘れていました。二番目の質問者の時にメガネがとどけられましたが、こんなことは初めてです。

 小池さんは質問の冒頭で市民と野党の共闘で当選した10人の議員の皆さんを心から歓迎しますと述べました。立憲・国民の新会派の席からも「さすがだ」との声が上がりました。

 小池さんへの答弁で、今回の日米貿易協定後の第二ランウドの貿易交渉について日米FTAになる可能性を認めました。これまで、日米貿易交渉について「FTAでも、その予備交渉でもない」としてきたことを覆すもの。 国民や農家の皆さんを欺くやり方は許されません。今後、追及します。

 一方、まやかしの「大学の学費無償化」により、逆にこれまで国立大が行ってきた学費の減免から外れる学生が二万七千人いる「何が無償化だ」との指摘には、そうした学生への支援も検討することを表明しました。学生たちの声が政治を動かしつつあります。

 IMG_2133.JPG様々な戦いの課題で、国民の声が押し寄せ来ます。午前中は全国から集まった業者婦人の皆さんとの懇談会。議員会館の広い講堂に集まった皆さんから、消費税増税やめてんか、所得税法56条は廃止してと熱い訴え。日本共産党国会議員団から多数参加し、国民民主党、社民との議員の参加も。共闘の広がりを感じます。

 その後、新宿駅西口へ。今日は国連の核兵器廃絶国際デー。東京の被爆者団体+東友会と東京原水協が新宿西口で取り組んだ宣伝署名活動に参加。青いタスキをつけた26人の被爆者をはじめ70人が参加。核兵器の廃絶へ被爆者国際署名を呼びかけました。

 IMG_2135.JPG宣伝カーからは被爆者と共に国会議員も訴え。立憲民主党から初鹿衆院議員、塩村参院議員、日本共産党から山添参院議員と私がお話しました。この課題でも共同の進化を感じました。

 私はまず、エクアドルが核兵器禁止条約の27番目の批准国になったといううれしいニュースを紹介1953年に作られ、今新たな注目を受けている映画「ひろしま」が、核兵器が人類と共存できないことを迫力をもって描ているとのべ、核兵器の悲惨さを一番知っているはずの日本政府が核禁条約に背を向けていることを批判。

 また、先日参加したカザフスタン大使館主催の国際会議で、旧ソ連時代にセミパラチンスク実験場で456回もの核実験が行われて被害を受けた同国が、「最も深刻な脅威」として核実験場を廃止し、核兵器も廃棄したことを強調していたことを紹介。

 同国が核兵器禁止条約の26番目批准国になってことも紹介して「本来、唯一の戦争被爆国である日本はこういう役割を果たすべき」と日本政府も条約に参加するよう改めて求めました。

 国会に戻り、静岡県民医連の皆さんの「介護ウェーブ国会要請行動」に応対。介護現場の実情と要望をお聞きしました。続いて、参院の立憲民主党、国民民主党、社民党の新しい共同会派の役員の皆さんの挨拶を山下議員団長、田村国対副委員長とともに受けました。議員会長は長浜さん、幹事長に大塚さん、国対委員長に芝さん。いっそうの共同の強化を確認しました。

 トリエンナーレ.jpg続いて国会対策委員会。17:30からは、愛知トリエンナーレへの補助金を文化庁が全額不交付にすると発表した問題で、本村、吉良議員と共に文化庁の担当者を呼んで抗議し、説明をうけました。「展示内容ではなく手続が不適切だった」と説明しますが、まったく説得力なし。犯罪行為である脅迫によって展示を困難にした側に文化庁が加担したといわれても仕方がありません。

 夜は国会近くのホテルで中国建国70周年祝賀会に参加。

 

19戦争展.jpg 昨日は、京都で平和を求める展示会をはしご。まずは、40回目の「平和のための京都の戦争展」。立命館大学の国際平和ミュージアムで開かれています。久しぶりに常設展にも入館しました。

 広島の基町高校生の描いた「原爆の絵」には母校・広島国泰寺高校(当時は広島一中)の惨状を描いたものもありました。

 続いて、34回目の「反核・平和のための小品展」。ここで、先日、肖像画を描いてもらった京都被爆二世・三世の会の増田正昭さんが出品されていた広島の風景画の中から、「原爆の子の像」を購入しました。

 小品展.jpg母と子の像は、2歳で被爆し、その後発症した白血病からの回復を祈りながら病床で折り鶴をを作り続け、12歳で亡くなった佐々木偵子さんの同級生らが募金活動を行い、平和公園の中に建立されたもの。

 原爆で亡くなった子どもたちを慰霊するこの像が建立された1958年5月5日は、私の誕生日でもあります。高校時代にはそのことを知らなかったのですが、当選してから平和祈念式典に参列した際に、説明文を読んで驚きました。

 この像と同じ日に生まれた――像に込められた、核なき世界、平和への思いを受け継ぐために自分は生まれてきたのだと震えがくるような思いでした。その思いを日々、かみしめながら四期目の国会活動を行うために議員会館の部屋に飾ります。

 夜は鴨川河畔の納涼祭り。各県の県人会の模擬店が並び、京都広島県人会で役員の皆さんにご挨拶し、むお好み焼きをいただきました。

 投開票された向日市議選では定数20で6人が全員当選し、日本一の議席占有率30%を維持。勝山市議選でも2人とも当選。\(^o^)/ \(-o-)/

 

 19.6震災対策.jpg新潟県村上市で震度6強となった地震について日本共産党の対策本部を今朝、立ち上げました。小池書記局長が本部長、藤野、高橋、田村衆院議員、紙参院議員と私が副本部長。武田参院議員が事務局長を務めます。現地調査を含め、至急被害実態を把握することなどを確認しました。

 その後、本会議。児童虐待防止法案の討論・採決が行われました。野党四会派が賛成討論に立つという珍しいケースになりました。野党案を取り入れて一歩前進したものの、課題を多く残されていることを示しています。日本共産党から倉林議員が登壇しました。

 14時からは動物愛護議員連盟の総会。今日は丁度、先日成立した動物愛護法の公布日でした。法改正までの活動の報告とともに、今後の活動についても提案されました。

 15時から党首討論。各党が年金問題を取り上げましたが、全体で45分で志位さんは5分半。あまりに短すぎます。その中でも、志位さんが練りに練って年金底上げへ財源提案をしたのに、総理はまったくかみ合わない答弁。国民の不安、怒りにまともに答えない姿勢が浮き彫りになりました。

 終了後、参院野党国対委員長会談が開かれ二つの決議案を提出することを確認しました。 一つは、参院規則に基づく野党の予算委員会開催要求に応じない金子予算委員長の解任決議案。二つ目は、老後生活に2千万円不足とした金融庁審議会の報告書受け取りを拒否し、政権に不都合な事実を覆い隠そうとしている麻生蔵相の問責決議案です。

 IMG_0410.JPG夜は安保法制強行後45回目の「19日行動」。18:30から開かれた国会議員会館前行動に他の野党の皆さんと共に参加。  今日の党首討論での年金問題にまともに答えない総理の姿勢に怒りの声が上がりました。日本共産党を代表して挨拶し、参院選での共闘勝利で安倍政権終りにしようと呼びかけました。

 若者憲法集会.jpg東京で昨日開かれた「若者憲法集会」に参加した、新潟と静岡の皆さんが事務所に要請に来られました。集会には1000人、デモには1500人が参加。デモの方が人数がふえるのがさすが若者です。

 改憲反対の要請書と共に、両県で取り組んだ若者生活実態アンケートの結果ももらいました。ブラックな働き方や年金について心配している姿が浮き彫りに。若者に希望が見える政治への転換は待ったなしです。

 午後から全大臣出席、テレビ中継入りの決算委員会総括質疑が行われ、日本共産党から小池書記局長が質問に立ちました。今日、最大の議論になったのが先日の金融庁の「老後の生活のために年金では足りない、2000万円貯蓄を」という発表。「100年安心の年金だったのではないか」と批判が相次ぎましたが、安倍総理はまともに答えず、時間稼ぎに終始。改めて予算委員会を開き十分な時間をとって審議することが必要だと浮き彫りにしました。

 夜は議員団会議。

 IMG_0168.JPG愛知の保険医協会の皆さんが「保険でより良い歯科医療実現を求める要請」に来られ懇談。歯と口腔の健康が全身の健康に深く関係することが明らかになっていますが、格差と貧困の拡大の中で、治療を見合わせざるを得ない事態も。

 子どもが定期健診で不正咬合といわれて矯正歯科をすすめられ、保険適用がなく100万円もかかるといわれ愕然とし、「ごめんな。お金ができたら必ず連れて行くから」としか言えなかったというお話もお聞きしました。「保険でより良い歯科医療を」――切実な問題です。請願署名をしっかり受け取りました。

IMG_0164.JPG 正午過ぎから、院内で開かれた「安倍総理『審議拒否』するな! 予算委員会要求 野党合同院内集会」に参加。六党・会派の国対委員長から、参院選前に争点となる山積みする課題の議論から逃げることは許されないなど挨拶。最後は「審議拒否するな!」とシュプレヒコール。

 明日の本会議での防衛大綱に対する質問の準備をし、夕方に通告。冒頭、「総理は予算委から逃げるな!」と迫ります。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページ最上部へ戻る